スタッフブログ

洗面1
今回の製作した建具は、洗面化粧台の下部のキャビネットに取り付けする建具です。
下部のキャビネットは大工さんが製作し、そのあとに当社が製作した建具を取り付け、完成させました。
洗面2
洗面カウンターの下部は両サイドはパネル式、中央は帆立式です。
建具を製作する前に、パネルの厚みや帆立の寸法を細かく採寸し、建具の製作図面を作ります。
洗面3
今回の丁番は家具用のスライド丁番を使用しました。
スライド丁番には、建具が側板に被さる寸法がいろいろあります。丁番を選びながら建具のサイズを決めます。
今回は扉の幅を均一にそろえるため、最初に設計図を書き、中央の帆立材の位置出しをして、監督に伝えました。
洗面4
事前に打ち合わせした通りにパネルと、帆立の位置が出てましたので、ぴったり取り付け出来ました。
このように、別々に製作する場合は、事前にお問い合わせいただくと、設計図を書いてピッタリ納まるように考えます。
洗面5
建具の上部は船底型でカウンターの下部に指先を掛けて空けるような扉のデザインです。
つまみや取っ手などの飛出しが無いので全体的にスッキリとした洗面化粧台になりました。
すべてオーダーメイドなので扉の色や形状は自由にお選びいただけます。お気軽にご相談ください。


防音騒音対策
新型コロナウィルス感染症の影響でテレワークをされている方が増えている中で、家で仕事をするために必要な環境は「静けさ(遮音性)」だと答えた人が6割にのぼるというアンケート結果が出ています。
テレワークを始めてみて音に不満を感じ、環境を改善したいと考える人が多いようです。騒音対策やテレビ会議の音漏れ対策には、音の出入り口となる窓を二重にすることで防音性が高まります
防音騒音対策
内窓やシャッターを取り付けることでどのくらい音の伝わり方が変わるのでしょうか❓日常生活に望ましいとされている音量は40㏈です。→この絵を見て頂くと分かりやすいと思います
騒音防音対策
道路に面している窓では外の音がかなり気になりますが、内窓を付けることで外からの音を15㏈低減できます。(※室内の音環境は壁など建物の性能にも影響をうけます)
内窓 サーモグラフィ
10㏈下がると人は約半分の音に感じると言われているので、内窓をつけることで音量が低減されていることが分かりますまた二重窓にすると断熱効果で、外の気温の影響を受けにくくなるので、部屋の保温・保冷効果が高まります。夏は涼しく、冬は暖かく過ごして頂けます
スリットシャッター
防犯性が気になる窓にはシャッターを取り付けることで、防犯性が高まり外からの音をやわらげることができますリモコンスリットシャッターを取り付ければ通風・採光機能付きなので日差しを遮りながら換気をしていただけます
内窓 シャッター
窓の大きさにもよりますが内窓なら1窓約60分、シャッターなら約2時間で取り付けることができますぜひご参考にしてみて下さい

マンション玄関ドア 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いしたマンションの玄関ドアのお取替えの現場です。

お客様から「マンションのドアの開閉がしづらいので、取り換えて欲しい。」とご要望を頂きました。

現状はスチール化粧鋼板ドアが付いていました。

開閉するとドアが廊下の床に擦って途中から開かなくなるような状態でした。
マンション玄関ドア 施工後
今回はお客様から極力費用を抑えたいとのご希望でしたので、アルミのフラッシュドアをカバー工事でお取付け致しました。

カバー工事は既存枠を撤去せずにドアのお取替えが出来る施工方法です!

外壁や内装の補修をせずに済むので施工期間も1日で完了します。
マンションドア 施工前2 
こちらは施工前のドアの写真になります。

写真の角度でドアが床に擦って、ドアが開かなくなります…

どうやら、床のレベルが悪い+床を増し張りしている為クリアランスが無くなってしまっているようでした。
マンションドア 施工前後2
新しドアはカバー工事で、既設枠を上に新しい枠を取付している為、クリアランスを確保出来て開け閉めはもちろんスムーズです!!

正面からは古いスチールの枠もほとんど見えなくなります
ロンカラー レバーハンドル仕様
既存は握り玉でしたが、レバーハンドル仕様に取り替えた為、開け閉めもやりやすくなりました

玄関ドアのお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
ルーバー窓
お掃除特集#2は、キッチンや浴室などにつけられていることが多いルーバー窓のお手入れ方法についてご説明したいと思います

網戸掃除
まずはじめに網戸を外していきます
・上下もしくは左右に押し込み、手前に引き取り外せるもの
・ロックを解除し、上下もしくは左右に押し込んで手前に引き、取り外せるもの
↑この外し方で外せない場合は、お使いのサッシの取扱説明書を確認して取り外してください
網戸掃除
まず網戸に付いたホコリを取り除きます。この時に水に濡らしてしまうと、ホコリが取れにくくなってしまうので、ブラシや掃除機で取るようにしましょう
網戸のホコリが取れたらそのまま水洗いをして乾いた布で水分をふき取ります。

ルーバー窓掃除
窓の掃除は溝やサッシを掃除してから、窓全体にシャワーをかけて濡らします。そして歯ブラシやシューズブラシなどを使い汚れを取り除いていきます。細かいところは爪楊枝などを使うとキレイに掃除ができますよ
最後にシャワーで汚れを流して網戸を取り付ければルーバー窓の掃除は完了です
※洗剤を使う場合は、洗剤→水拭き→から拭きの順番で拭いてください。
クリーナー
ルーバー窓やブラインドのクリーナーが販売されているのでそのクリーナーを使えば簡単にお掃除できますねクリーナーを買うのが面倒だということであれば、軍手を付けてお掃除をしてもいいですね細かいところを掃除するときなどは軍手の方が便利かもしれません。掃除をしながらご自分に合った掃除方法を見つけてみて下さい


ガラス戸補修
ガラス戸掲示板の戸車の動きが悪いので、戸車の取替えと、ガラスが欠けているところがあるためその補修もしてほしいとご依頼がありました
ガラス戸補修
パット見た感じでは分かりにくいですが、よく見ると右上部分のガラスが欠けて亀裂がはいっていますぶつかったりするとすぐに割れてしまいます
ガラス戸補修
まずはガラス戸を外し、動きの悪くなった戸車をマイナスドライバーで外します。
ガラス戸補修
左右のほぼ同じ位置に新しい戸車を取り付けていきます。難しい作業ではないので、マイナスドライバーと既存の戸車と同じ戸車があればご自分で取り替えることもできますよ
 
ガラス戸補修
※今回はレールにガラスがかかっている部分が少なかったため、戸車の底に薄いシートを張り底上げをしました。
ガラス戸補修
ガラス戸の引手側に破損止め(コの字部材)を取り付けていきます。コーキングが固まるまでの仮止め用に両面テープを貼ります。
ガラス戸補修
クリア色のコーキングを入れていきます
ガラス戸補修
ガラスに破損止めを取り付けます
ガラス戸補修
取りつけた破損止めの隙間にもコーキングを入れるため養生していきます。
コーキングは気候・気温によりますが、この日は暖かく30分程で固まりました
ガラス戸補修
写真では変化が分かりにくいですが・・・ガラス戸の動きもよくなり、欠けているガラスの所もうまく補修ができましたこれで掲示物の入れ替えなどもスムーズにして頂けると思います

片引き戸取付(建具) (1)
今回、建具新調分、上吊り片引戸の取付をご紹介致します。新設建具は事前に打合せ採寸し全て、完全オーダーで製作致します。まず、新設建具を現場に搬入します。写真は金物取付る為、横向きに置いています。
片引き戸取付(建具) (2)
施工中①最初に上吊引戸用のレールを枠上部に電動ドライバーでミス止めしていきます。(事前にレール取付溝の大きさや長さを打合せ、計測しております。)
片引き戸取付(建具) (3)
施工中②上部上吊レールの取付完了です。レールから少し出ている2ケが、建具と接合する金物です。
片引き戸取付(建具) (4)
施工中③床面に建具の振れ止め用金物を設置します。
片引き戸取付(建具) (5)
施工中④新設建具の下部側面2カ所から金物を取付ます。
片引き戸取付(建具) (6)
施工中⑤新設建具を吊り込んでいきます。
片引き戸取付(建具) (7)
施工中⑤新設建具の上部小口から、レールに内蔵されている金物を左右2カ所からはめ込みます。
片引き戸取付(建具) (8)
施工中⑥新設建具の吊り込み完了です。
片引き戸取付(建具) (9)
施工中⑦新設建具の引手を取付て行きます。建具製作時に引手用穴加工はしていますが、微妙な調整は職人が、ノミを使用し現場で行います。
片引き戸取付(建具) (10)
施工中⑧新設建具の引手加工調整が完了し、引手金物をはめ込みます。
片引き戸取付(建具) (11)
完了後 最後に隙間の無い様に、上部金物で調子し完成となります。今回はメラミン化粧板(樹脂を浸透させた紙を何層も重ね合わせた薄い板、キズや熱・水分に強く、日常的な汚れや、油汚れにも強い材料)を表面に貼り付け三日月型の明かり窓を開け、透明の複層硝子をはめ込んでいます。建具は完全オーダー製作ですので、様々な大きさや形の明かり窓を作ることが可能です。
before
マンション玄関ドア スチールドア 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いしたマンション玄関ドアのお取替えの現場です。

お客様から「賃貸マンションの玄関ドアが古くなって、見た目も悪くなってきたので取り換えて欲しい。」とご要望を頂きました。

現状はスチールの塗装されたドアが付いていました。
建付け、枠の不良によりドアと枠が擦っている物もありました…
arrow_right
after
マンション玄関ドア カバー工事 施工後
今回オススメさせて頂いたのは、マンション用ドアのカバー工事です。

マンションドアのカバー工事は、外壁や内装を傷めずに玄関ドアがお取り替え出来る施工方法です。

外壁や内装を傷めない為、施工時間も約半日~1日で完了します

価格も外壁などの補修工事が不要の為、リーズナブルです!
マンション玄関ドア 施工中1
こちらは、玄関ドアの施工中の写真になります。

古いドアを撤去した後、新しいドアの枠を取り付ける為の下地を取り付けます。

下地をしっかり固定した後、新しいドア枠を取り付けていきます。

新しい枠は、焼付塗装済みの物を取り付けする為塗装の工程も必要ありません
マンション玄関ドア 施工中2
新しい下枠は、ステンレスの沓摺になっています。

戸当たりにATゴムも付いているので、ドアの気密性もアップします!
マンション玄関ドア 施工中3
鍵は、防犯性の高いディンプルキーですので安心です

既存は握り玉でしたが、開け閉めしやすいレバーハンドルになりました!

玄関ドアのお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
ランマ付玄関ドア (1)
既存の木製ランマ付片袖ドアです。①開口部を広くしたいので親子ドアにしたい②リモコンで施解錠出来る様にしたい。ので取替のご相談を頂きました。ご商談の結果、今回、YKKAP製かんたんドアリモランマ付親子ドアポケットKEY仕様に取り換える事となりました。
ランマ付玄関ドア (2)
施工中①既存のドア枠から丁番を上下2カ所取り外し、ドア本体を撤去します。
ランマ付玄関ドア (3)
施工中②既存の袖部の下をハツリ機で解体していきます。
ランマ付玄関ドア (4)
施工中③既存のランマ部の硝子を取り外します。
ランマ付玄関ドア (5)
施工中④袖部の硝子と格子を取り外します。
ランマ付玄関ドア (6)
施工中⑤ランマ部硝子、袖部硝子、袖部格子の取り外し完了しました。
ランマ付玄関ドア (7)
施工中⑥袖部枠とランマ部の無目を電動丸ノコを使用し切断、その後ハンマー等で撤去していきます。
ランマ付玄関ドア (8)
施工中⑦新設ドア枠取付の妨げになるものは全て取り除きました。
ランマ付玄関ドア (9)
施工中⑧事前に採寸しオーダーした新設ドア用枠を、既存枠内にしっかりと電動ドライバーでビス止めします。(レーザー墨出し墨出し器を使用し垂直、平行を測定して歪みの無い様に取付ます)
ランマ付玄関ドア (10)
施工中⑨ドア本体を親扉、子扉と順番に吊り込みます。
ランマ付玄関ドア (11)
施工中⑩ランマ部に硝子を設置し、新設ドア枠廻りに化粧額縁を取付ていき、雨水の進入を防ぐ為コーキング処理をします。
ランマ付玄関ドア (12)
施工中⑪開閉動作、施錠調整をして完了となります。
ランマ付玄関ドア (13)
施工後施主様のご希望通り①既存のドアより親扉をWを10センチ大きくし、親子仕様にしました。②リモコンを持っていれば、ドアハンドルのボタンを押すだけで施解錠でき、さらにカードやシールがカギになるので、毎日の出入りが快適になりました。
シャッター掃除
普段からシャッターの掃除をしていないと外側だけでなく内側もホコリ等で手が真っ黒になりますねシャッターを上げ下げするたびに手が汚れるのを気にしながら放置しています
ということでお掃除特集#1は、シャッターのお手入れ方法についてご説明していきたいと思います


シャッター掃除
シャッター表面のお手入れ
1.シャッターボックスやスラットについた汚れを洗い落とします。
※水をかけるときは窓を閉めた状態で行ってください。
2乾いた布で水分をふき取ります。
※水で落ちない汚れは、中性洗剤(1~2%水溶液)で軽く洗い、十分な水で洗剤を流していきましょう。
シャッター掃除
錠のお手入れ
1.砂ホコリや異物を掃除機で吸い取ります。
2.やわらかいブラシで汚れを落とし、水で洗い流します。
3.乾いた布で水分をふき取ります。
※水で落ちない汚れは、中性洗剤(1~2%水溶液)で軽く洗い、十分な水で洗剤を流していきましょう。
シャッター掃除
座板のお手入れ
1.操作レバーの奥に詰まった砂ホコリや異物を掃除機で吸い取ります。
2.やわらかいブラシで汚れを落とし、水で洗い流します。
3.乾いた布で水分をふき取ります。

シャッター掃除
ガイドレールのお手入れ
1.(水洗いができる場合)はやわらかいブラシで汚れを落とし、水で洗い流します。
※水をかけるときは窓を閉めた状態でしましょう。家の中がビショビショになります

シャッター掃除
(水洗いができない場合)2階などで水洗いができない場合は、室内側から布で水拭きし、ガイドレール内の汚れをふき取ります。
2.乾いた布で水分をふき取ります。
※落ちない汚れは、中性洗剤に浸した布をよく絞り汚れを落とし、乾いた布で十分にふき取りましょう。

窓や家の中の掃除は寒くなってからでもできますが、窓の外についているシャッターは寒くなる前のこの時期にお掃除することをおススメします

襖5
今回の現場は和室の吊り押入れに襖を製作しその下の地窓に木製の引き違い障子を製作し、取り付けしてきました。
最近の押入れは小さなものが増えてます。
これは、ベッドの家庭が多く寝具が少なくなってきているからなのでしょうか。
障子3
奥の地窓から光が取り込めます。
障子4
地窓の引き違い障子は、組子がタテだけで、とてもシンプルです。
この障子は白木のスプルース材で製作してますが、
黒の塗装をしてます。
塗装のタイミングは、障子のフレーム部分が完成してから黒で塗装をし、紙張りをしてます。
障子1
写真は別の現場の引き違い障子です。
住宅の設計士さんの希望で組子はタテだけで作ってほしいとのことでしたが、紙を貼った後で紙の伸縮でタテのフレームが引っぱられて曲がることがありました。
背の高い障子だからです。
そこで、横に1ヶ所だけ組子をつけることにしました。
でも、これでも十分シンプルなデザインの障子が出来ました。

障子2
写真のサイズですと、タテだけで大丈夫です。
組子のデザインは、自由なデザインが可能です。
紙の色や柄も豊富に選ぶことが出来ます。
ご相談下さればサンプルをご覧になれます。
施工事例
オペレーター (1)
既存の店舗改装現場の外倒し2連窓排煙用窓です。開閉装置(オペレーター)が破損して開閉することが出来ない状態でした。今回、排煙装置(オペレーター)の新規設置のご依頼を受けました。また、硝子も汚れがが酷く、ひび割れも有りましたので取替する事になりました。
オペレーター (2)
施工中①既存の汚れの酷かった硝子を取り外し、新しい硝子へと取替ました。オペレーター装置のハンドル部の位置決めをし内観右側、床から1.2mの位置に取付ました。
オペレーター (3)
施工中②今回使用するのは、オイレス社のキャブレックスシリーズ手動ハンドルタイプです。
オペレーター (4)
施工中③窓側面に操作用ワイヤーの下地を取付ています。
オペレーター (5)
施工中④窓障子部、枠部に滑車等金物を、ぐらつかない様しっかりと取付します。
オペレーター (6)
施工後①滑車にステンレスワイヤロープを這わせハンドルと結合します。写真は外倒し窓の開いた状態です。窓右下部のハンドルを時計回りにしますと開き、逆回りにしますと閉まります。。窓の開閉角度は60°に設定しました。
オペレーター (7)
施工後②オペレーター装置は排煙のみならず、換気をはじめとした空調管理に活用できます。多連窓の開閉が手元で簡単に行え、目的に合わせた自由な排煙、換気が可能となります。また、海浜地域や温泉、プールなどの特殊環境に対応出来るよう耐食性を向上させた製品も有りますので、是非、ご相談下さい。
before
リシェント 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いしたリフォーム玄関取替の現場です。

お客様から「お家をリフォームするにあたって、玄関も取り替えてイメージを変えたい。」とご要望を頂きました。

現状はブラックのシックなドアで、対象傷はありましたが、きれいにお使いでした。
arrow_right
after
リシェント 施工後
今回オススメさせて頂いたのは、リクシル リフォーム玄関 リシェントです!

リシェントはリフォーム用の玄関ドアで、カバー工法という工法で1日で玄関ドアがお取替えできます

今回は木目調のドアをお選び頂きましたので、イメージもガラッと変わって、高級感もあります
リシェント 施工中1
こちらは、施工中の写真になります。

既存の扉を撤去した後、新しい枠を傾きの無いようにしっかりと計測しながら取り付けます!

枠が傾いていると、せっかくの新しいドアに不具合がでる可能性があるのできっちりと水平、垂直を確認しています
リシェント 施工中2
枠の取付が出来たら、扉を吊りこみ開閉の確認を行います。

問題無ければ、アルミのカバー材で既存枠をカバーしていきます。

このカバー材を取り付ける事で、古いドアの枠はすべて隠れてきれいなドアに早変わりです!!
リクシル リシェント玄関ドア
こちらは、カバー工事の断面のサンプルです。

カバー工事は、既存枠を残したまま新しい枠を取り付けする方法で既存枠を撤去しない為、外壁や内装を傷めずに玄関ドアがお取替えできます!
リクシル リシェント玄関ドア 施工後
外壁や内装を傷めない為、施工は1日で完了します

価格も既存ドアを撤去して取り替える方法よりも、リーズナブルです!

玄関ドアのお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
雨戸取替 (1)
既存の引き分け木製雨戸です。雨戸本体が木製の為、長年の日差し、雨で腐食している箇所が多くなり、開け閉めが出来ない状態でした。今回、取替をしたいのですが、なにか良い商品は有りませんか?とのご相談を頂きました。枠は残したままで(枠を取り外すと壁の補修、塗装等費用が嵩む為)、レールを新設し、雨戸本体をアルミタイプに変える事が出来ますと、ご提案しました所、納得されご契約頂きました。
雨戸取替 (2)
施工前①既存の木製雨戸がを閉めきったところです。木製ですので、防腐材入りの塗装を何回かされていましたが腐食箇所が多く動かない状態でした。
雨戸取替 (3)
施工中①既存の木製雨戸を1枚ずつ取り外していきます。
雨戸取替 (4)
施工中②既存の木製雨戸を2枚共取り外しました。
雨戸取替 (5)
施工中③取り外した雨戸です。表面も色があせ、板材も剥がれています。この後トラックに積み込み廃材処理場へ搬入します。

雨戸取替 (6)
施工中④新設するアルミ雨戸です。この様にキズが付かないよう段ボールとビニールで養生されて運搬されてきます。
雨戸取替 (7)
施工中⑤既存の雨戸枠上部の溝に下地材を取付ます。


雨戸取替 (8)
施工中⑥痛んでいる枠部にコーキング処理をし雨水の進入を防ぎます。
雨戸取替 (9)
施工中⑦アルミ製コの字レールを上部下部の2カ所に電動ドライバーでしっかりとビス止めしていきます。
雨戸取替 (10)
施工後アルミ製雨戸をはめ込み、開閉可動確認し、鍵穴加工して施錠調整をして完成となります。今回の商品は固定ガラリ、通風タイプです。雨戸を閉めたままでも、窓を開けると外気を取り入れることが出来ます。
洗面1
今回の依頼の建具は、洗面化粧台の扉の製作の為現地調査に行き、建具の取り付けに行ってきました。
この現場は、洗面化粧台のBOX部分は大工さんが化粧パネルを加工して、各所のキャビネット部を製作してました。
キャビネットが完成してから、現場実測をして建具を製作して取り付けるようになりました。
洗面2
今回のご依頼で建具だけ、当社のほうに依頼来ましたのは、建具には丁番や他の金物の知識が必要になるからです。
このキャビネットに取り付ける扉に使用する丁番は、家具に使用されるスライド丁番を使います。
スライド丁番は開くときに手前に持ち出しながら開くので、家具やキッチンなどに多く使用されます。
洗面3
下部のBOX部分にもスライド丁番を使った扉を使いました。現場実測の際は側板の厚みが25mmと厚いため、スライド丁番と扉の加工寸法の決定には少し苦労しました。
洗面4
下部の扉もぴったり納まりました。

洗面5
扉には引手や取っ手が無いため、バネで飛び出すタイプのマグネットキャッチを取り付けしました。
マグネットキャッチにも少し飛び出すタイプと25mmと大きめに飛び出すタイプがあります。
家具用の金具には、様々な用途の物があり、ホームセンターでは手に入れることが出来ないものがあります。
施工事例
収納1
今回はキッチンの背面に取り付ける背面収納の3枚引き違い戸の現地調査に行ってきました。
建具は袖壁の右側に取り付けします。
収納2
袖壁の上部の状況です。天井の高さに段差があり、奥の天井に引き戸を3枚納めるようになります。
床から天井までの高さが違うので、気を付けて測らなければなりません。天井高さ、下がり天井の高さ、袖壁の厚みなどを出来るだけ正確に測ります。
収納3
間仕切壁の正面の下に巾木を張らないように、事前に監督さんにお願いしてましたので、打ち合わせ通りに出来てました。
収納4
上部の間仕切り壁と天井との隙間も3枚引き違い戸が十分納まるようになってました。
右側も天井高さを測ります。左の天井の高さと、右側の天井の高さは2~3mm違う場合があるからです。
収納5
右側面の壁も問題なく出来てました。
この現場のように、壁や天井の状況がシンプルな状態でも、1ヶ所、1ヶ所丁寧に見て、採寸していきます。気を抜くと思わぬ落とし穴があります。
最後に全体の寸法を各所再度測って帰ります。

施工事例