スタッフブログ

建具
今回は、キッチン背面収納の引違戸・和室の内障子・トイレ上部収納の両開き戸の3か所の建具を製作・取り付けに行って来ました。
 
写真はキッチン背面収納の引違い戸取り付け前です。
建具
作業終了後の写真です。
今回の引違い戸はいつもより大きく2m50cmほどの高さがありました。
建具が大きいとお家に運び入れるのも大変です。
トイレ上部収納
次はトイレ上部収納です。
枠組みと棚は大工さんが造作にて事前に造ってくれています。
トイレ上部収納
そこに両開きの建具をスライド丁番で取り付けます。
建具に取手は付けませんので、開閉できるように枠組みより下にくるよう大きく製作し、手掛けができるようにしています。
内障子
最後は和室の内障子です。
1階にある和室に取り付けていきます。
内障子
障子のデザインはいろいろありますが、組子は横繁障子という種類で横方向に組子が多く入っているものになります。
障子からの光はやわらかくしてくれるので気持ちいいですね。
simple
DSC_0148
キッチン背面収納の引き違い戸を製作、取り付けに行って来ました。
今回の建具は壁面と同じ木目調のブラウン色のメラミン化粧板を使用し製作しました。
どんな仕上がりになるんでしょうか。楽しみですね。


simple
DSC_01561
まずは上下のレールを取り付けます。
基本はシルバー色なのですが、今回はお客様の希望で床の色にあったアンバー色のレールを使用します。
レールの色はシルバー・アンバー・ゴールドの3種類があります。
simple
キッチン3
上下のレールを取り付けたら、建具を建て込みます。
今回は、引手もいつもと違います。いつもはシルバー色の引手を使うのですが黒色の引手です。
建具の色が茶色なのでシックで落ち着いた雰囲気になりますね。
細かなところにもお客様のこだわりが見えますね。
simple
DSC_0154
建て込みができたら建具の調整をしていきます。
調整をしっかりするのとしないのとでは建具の動きが全然違います。
建具の動きが悪くなる要因は建具反りや戸車の欠損などいろいろあります。
もし気になることがあれば弊社にお気軽にご相談ください。
simple
DSC_01571
そんなこんなで作業は完了しました。
壁とマッチして綺麗な仕上がりになりました。
建具の面材はメラミン化粧板を使用してるので汚れや傷にも強いですが、ブラウン色で汚れも目立ちづらいのでいいですね。

simple
リクシル リフォームシャッター 施工中3
台風対策や防犯対策にあると安心なのは、シャッターや雨戸があげられます。ガラスを守るには窓の外にシャッターや雨戸があれば安心です。雨戸の開閉は面倒だから実際使っていない。大きな台風が来ると予報が入った時に動かない・・・とご連絡が入ることもあります。

日々動かすことで、早めにメンテや取替を考える事ができます。
simple
リクシル リフォームシャッター 施工中2
ガラス面が大きいと物が飛んできた時に、硝子が割れる恐れがあります。
強化ガラスだからと言ってガラスが割れない訳ではないのです。ガラスと言う名前の物は割れます。ので過信はしないでくださいね。


simple
シャッター
●窓に何もない場合、シャッターや雨戸がついていない場合は、周囲に取付できるスペースがあれば手動・電動シャッターが取付可能です。
●雨戸がある場合は、雨戸を撤去してからシャッターを設置することになります。雨戸の戸袋は見た目が気にならなければ撤去せずにそのままにしておくこともできます。
●既存のシャッターがある場合は、既存のシャッターを撤去して取付することになります。
simple
電動シャッター
掃き出しの背の高い手動シャッターは、手動の場合最後に下鍵をする場合しゃがまなくはなりません。鍵を開ける場合もしゃがむことになります。そんな時に楽ちんなのが、電動シャッターです。通風タイプもありますので同じであれば通風シャッターをお勧めします。ただし、電動シャッターは、電気工事が別途必要になります。
simple
シャッター工事
←シャッターの中の仕組みです。

巻き上げなくてはいけないので、シャッターBOX分の窓の上に取付スペースが必要ですね。店舗シャッターのように大きなシャッターBOXではなく、スリムなシャッターBOXです。
simple
施工事例
左の施工事例の写真をクリックして頂きますと、過去の施工事例をご覧いただく事が出来ますので、どうぞご参考になさって下さいませ。
beforeafter
parts_114
アルミサッシドア 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いした木製ドアからアルミサッシのドアへのお取替えの現場です。

お客様から「木製のドアが傷んできて、隙間も開いているのでアルミサッシのドアに取り替えて欲しい。」とご要望を頂きました。
現状の木製ドアは、外部に面していることもあり、雨風や紫外線でだいぶ傷んでいました。
parts_123
parts_116
アルミサッシドア 施工後
今回は、あまり費用を掛けたくないとの事でしたので、リーズナブルなアルミ框ドアをお取付けさせて頂きました

アルミのサッシは基本枠とドア本体がセットになっていますので、今回もアルミ枠をお取付けさせて頂いております。
columns
アルミサッシドア 施工前2
こちらは施工前の木製の枠です。

この木製の枠に新しいアルミサッシのドアの枠を固定します。


アルミサッシドア 施工後2
こちらは外観からの施工後の写真になります。

アルミサッシを取り付ける事で、気密性が上がり隙間風も無くなります。

新しい枠と既存の木製枠との間もコーキング処理しますので、雨の侵入も防げます
simple
リクシル ロンカラーフラッシュドア
アルミサッシのドアには、今回使用したアルミ框ドアのほかにフラッシュドアと呼ばれるタイプもあります。

写真のドアはフラッシュドアに明かり窓が付いているタイプです。

色もグレーのほかに、ブラック、アイボリー、ブラウンとお好みに合わせてお選び頂けます。

ドアのお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
columns
osaka
大阪市の戸建住宅にシャッターを取付けて参りました。
ご依頼主様は台風や強い風の対策の為にシャッターを取付ける事にしたそうです。

風が強い日ではシャッターを下ろすことで窓ガラスを飛来物から守ることや防犯にも効果があります。

現場は3階の掃き出し窓でした。

まずはシャッター枠を付ける位置に水切りがありましたので、切り取ってしまいます。

少し切れ目を入れて、ペンチで上下に動かしていきますと金属疲労で切り取る事が出来ます。
osaka
窓自体は普通の掃き出し窓です。
ただ、室外機が置いてあり、予想よりもベランダは狭いものでした。

最低限、枠を組み立てられるスペースと脚立と人が立てるほどの広さは欲しいです。

columns
osaka
シャッター下地部材を取付け、その上からシャッター枠を取付けます。

下地部材が壁にしっかりと取付けられ、枠は下地部材に引っ掛けるように取付ます。

最近は日向にいるだけでも危ないので、休憩を適宜取りつつ作業を進めていきます。
osaka
壁と下地部材、下地部材とシャッター枠の間にコーキングを入れていきます。

シャッター全体の強度が増し、水や埃などが通らなくなりますのでしっかりと入れていきます。

コーキングは時間がたちますとボロボロになってくることがありますが、再度打ち直すことなどもできますので、気になる部分がありましたらご相談をお願いします。
columns
osaka
シャッター本体を吊りこんで作業は終わりとなります。

これで台風などがきても飛来物から窓を守る事が出来ます。

防犯にも効果がありますのもいいですね。

シャッターは手動の他にも電動などもございますので、毎日シャッターを開けるのが
面倒な方にもお勧めです。

シャッターを取付けたい方は是非ご相談をよろしくお願いいたします。
beforeafter
parts_114
YKK ドアリモ玄関引き戸 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いしたリフォーム玄関引き戸のお取替えの現場です。

お客様から「玄関引き戸が古くなってきたので、取り替えたい。」とご要望を頂きました。
現状は、ランマ付きの千本格子タイプでした。
parts_123
parts_116
YKK ドアリモ玄関引き戸 施工後
今回オススメさせて頂いたのは、YKK APドアリモ 玄関引き戸です。

ドアリモ玄関引き戸は、リフォーム用の玄関引き戸でカバー工法という施工方法で、玄関引き戸のお取替えが1日で完了します!!
columns
YKK ドアリモ玄関引き戸 施工中
こちらは、施工中の写真です。

カバー工法は既存の枠は残したまま、その中に新しい玄関引き戸の枠を取付する施工方法です。

今回は既存がランマ付きだった為、無目はカットしています。
YKK ドアリモ玄関引き戸 施工中2
新しい枠を固定したら、アルミのカバー材を内部、外部共に取り付けます。

このカバー材を取り付ける事で、既存の古い枠は全く見えなくなります
columns
YKK ドアリモ玄関引き戸 施工中3
下枠を既存の下枠に乗せている為、若干枠に立ち上がりが出来る場合があります。その場合は、段差緩衝材というオプションを取り付けて斜めにすることで、躓きを防止します。

写真の黒いゴム製の部品が段差緩衝材です。
YKK ドアリモ玄関引き戸 施工後2
リフォーム玄関引き戸は、カバー材を取り付ける為かなりきれいに仕上がります。

1日で施工完了する為、以前の壁を切って枠を取り外す方法と比べると、外壁や内装の補修が必要ない分価格もリーズナブルです

玄関引き戸のお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
simple
台風防止雨戸
台風が来る前に 対策をとお考えの方へ
雨戸の取替をお考えの方へ 同じ取り替えるなら通風タイプの雨戸パネルに取り替えてみてはいかがでしょうか?

手動ですが、通風にしたり、閉じたりできます。
通風ができるとやはり便利ですね。夏暑いから 風の通らないタイプの雨戸だとやはり暑いと 鍵を掛けずに隙間を開けてしますと思います。用心は悪くなりすね。
simple
採風雨戸LIXIL
LIXILの取替雨戸パネルという商品があります。
鍵を閉めたまま通風タイプ雨戸パネルにすると快適に夏の夜を過ごせるのではないでしょうか?

現在雨戸が取り付けてある場合は、雨戸取替パネルを交換することが可能かもしれません。

現場調査をしましての取替になります。

simple
LIXIL取替雨戸パネル
今月は、通風雨戸パネルの交換が 数件ありました、腰マドタイプの通風雨戸です。
simple
雨戸錠
雨戸錠は、雨戸が新しくなるので取り替えなくてはなりまあせん。
columns
雨戸戸車
雨戸戸車もLIXIL取替雨戸パネルの場合は、手配します。
戸車の種類も平戸車、
雨戸戸車どぶ溝
取り替える前の
simple
雨戸取替作業
simple
施工事例
左の施工事例の写真をクリックして頂くと、当社の過去の施工事例をご覧いただけますので、どうぞご参考になさって下さいませ。

columns
お家の中に、明るさが足りないお部屋や風が通りにくいと感じるお部屋はありませんか❔「室内窓」と呼ばれる室内の壁に窓をつくることで、そんなお悩みを解消してくれます室内窓は壁を取り払うことなく、隣り合った空間をつなげてくれます
また間取りを変更しなくても奥の部屋まで光が届き明るくなります室内窓には引き戸や開き戸、突き出しタイプなど開閉のバリエーションも豊富でさまざまなタイプがあります。
columns
開け閉めできる窓であれば、空気の入れ替えであったり、隣のお部屋にいる人に声をかけたり顔をのぞかせたりすることもできます
風を通す必要がないお部屋であれば、開け閉めができないタイプの固定窓にしてみてはいかがでしょうか
simple
室内窓の魅力は風や光をお部屋に通したりなどの実用面だけではありません。室内窓にすることで、窓が壁にアクセントをつけてくれるので素敵なインテリアの一部になってくれます ガラスには、ステンドグラス風のものがあったり気泡ガラスやチェッカーガラスなどデザインも豊富です色々なメーカー様から