スタッフブログ

受付1
前回の続き、老人ホームの建具の現地調査に行ってきました。                           写真は受付カウンターの上にあるガラス格子戸です。
内側の事務所から、玄関ホールに通じる開口部に取り付けした建具で、素材は無垢の木製建具です。
ガラス障子についている組子は、デザインの少し凝ったものです。
受付2
事務所側の引手は、取り付け位置は結構シビアで、使い勝手のいい位置を確認し、寸法を控えます。
次回の建具に反映させるためです。
受付2
写真の写りが少し見えにくいですが、事務所から訪問客がよく見えるようにガラスの格子は、内側にはなく、ガラスがじかに見えます。
ガラス部は安全のため透明のアクリル板を使用されてます。
厚みとかもきっちり測って帰ります。
受付4
引き違い建具の下部レールは木目の面付のⅤレールです。
カウンターの上部に面付してます。
動きは軽くスムースです。
上部の鴨居の溝は従来の引き戸用の溝です。
木製部の塗装は最近の自然塗料を塗装されてます。
受付5
事務所側からのみ施錠するためのカギです。
この鍵は、ワンタッチロックという鍵で、施錠がとても簡単で、つまみを45度ほどねじるだけで、ロックでき、解除も反対にねじるだけです。
簡易的な施錠金具ですが、使い勝手の良いカギだと思います。
施工事例
アルミ門扉横格子 (1)
既存のスチール製縦格子門扉です。本体高さ1.1m、巾60センチの両開き仕様です。25年程前から設置されていましたが、長年の雨、日射で錆、腐食が進み開閉もままならない状態になっていました。今回、スチールの比べ腐食に強いアルミ門扉への取替のご相談を頂きました。両サイドのブロック塀から門扉用ヒンジが出ていましたが、今回それを切断し、アルミ門柱を立てて取り付ける方法で施工する事となりました。
アルミ門扉横格子 (1)
施工中①既存門扉本体を取り外し、ブロック塀から出ていたヒンジをグラインダーで切断しました。
アルミ門扉横格子 (2)
施工中②柱埋め込み部は左右ともコア抜き機使用し20センチφを深さ40センチ程開けました。
アルミ門扉横格子 (3)
施工中③新設の門扉柱75㎜角が壁際に設置できるように、コア抜き機で開けきれなかった壁際をハツリ機を使用切削します。
アルミ門扉横格子 (4)
施工中④水平器を使用し、アルミ門柱を垂直に設置し、その後モルタルを穴に詰め込み固定していきます。
アルミ門扉横格子 (5)
施工後 門柱の固定が完了しましたら、柱にヒンジを取付、門扉本体を吊り込みます。高さ、隙間、施錠の調整して完成となります。今回はYKKAP製シンプレオ門扉横格子を採用頂きました。間口が1.2m程しかなかったので、本体W60センチと40センチの親子仕様にしまし、高さも既存のブロック塀に合わせて1.1mにオーダーしました。
玄関ドアルーバー網戸
過去の施工事例からご紹介いたします。
新型コロナウィルスの感染拡大防止対策として、こまめな換気があげられています。

これから暑くなります。玄関に網戸があったらいいな・・・と思われてる方も多いのでは?
マンションでよく使われています、中折れの網戸です。アルミ製のルーバーになっていて簡単な鍵もついています。
玄関ドアルーバー網戸
冬になると網戸が折りたたんだ状態になりますので、靴箱などの位置などにより取付できない場合もございます。
玄関に網戸があると風が抜ける間取りのお家は、かなり快適だと思われます。
中折れ網戸使用時
ルーバーの羽根を調節ができますので、この写真は外の景色がよく見えるのですが、羽根の角度を下げると外の景色は、みえにくくもできます。ご安心ください。これだけ、玄関から風が入ると家の中よどんだ空気はしっかり入れ替えできますね
アルマーデ収納網戸
セイキ販売様の収納網戸です。アルマデーフリーという商品です。こちらは、框に網戸が収納できますので使わない冬の間は、邪魔になりません。しかし玄関に使う場合、マンションの玄関網戸には用心が悪いです。簡単な鍵はありますが、網戸です。鍵は、防犯対策にはなりません。風で網戸が開かないようにする!程度の役割だと思ってご使用いただきたいと思います。

新製品のアルマーデフリーの紹介にメーカー様が来られて説明を聞きました。中のカセットになっている網戸が簡単に取り外す事ができ、外した後の取付も簡単になりました。中の網戸を張替ではなく、取替になります。玄関だけでなく勝手口などいろんな窓に網戸が取付できます!網戸といえば、スライドするのが網戸と思ってしまいますが、収納できる網戸もあるんですよ!
玄関通風網戸付き
玄関ドアの話に戻します YKK AP の玄関ドア 真ん中の格子になっている部分のガラス窓が開きます。玄関ドアを閉めながら、風を取り入る事ができます。昔では、考えれなかったですよね。防犯面でもしっかりした玄関ドアから風を・・・。
YKK玄関網戸付き
縦辷り出しの細長いスリット窓です。玄関ドアのアクセントにもなり、とてもスッキリしてる玄関ドアです。
是非、玄関ドアをお取替えしたいと思ってる方は、網戸付きの玄関ドアも候補に入れてくださいね。
施工事例
左の施工事例の写真をクリックしてください。過去の当社の施工事例がご覧いただけます。
どうぞご参考になさってください。
換気
窓を開けて換気するときに1カ所の窓だけでは空気の通り道ができないため2か所の窓を開けることがおすすめです。
換気
ただ、2か所の窓を開ければいいということではないのです。近い2つの窓を開けていても部屋全体の空気が流れなくなり、換気の効率は悪くなります
換気するときは対角線上にある窓を開けることで空気の通り道ができるため、さらに効率的になりますよ
換気
風や空気は小さい隙間から勢いよく入り、大きい隙間から出ていきやすいという性質があるため、外から空気が少しでも入ってくる側の窓は小さく開けて、外に空気が出る側の窓を大きく開けるようにします。
そうすると、窓を開けても風が入りにくい場所でも効率的な換気ができます
換気
窓が1つしかないお部屋は、窓とお部屋のドアを開けて換気することも可能ですが、今ある窓をYKKAP様の『ウインドキャッチ連窓』という窓に変えることで1つの窓でも風をうまくお部屋に取り込みやすくなります。
換気
こちらはイメージ画像ですが、横から吹く風を引違い窓を開けてお部屋に取り込もうとしてもうまく入ってこないですね
ウインドキャッチ連窓にすると、FIX窓の両側に縦すべり出し窓がついているので、窓を開けると風をうまくキャッチして外に出しやすくなります
積極的に風を取り込むのでおだやかな季節には、風を取り入れ心地よく過ごしていただけるかと思います
製作可能寸法がある為、ご興味のあるお客様は是非お問い合わせください

ドアリモ (1)
施工前 既存アルミランマ付親子ドアです。①レバーハンドル錠が動きにくくなり、開閉が困難になってきているので取替したい。②外壁塗装をするので、玄関のデザインもこの機会に一新したい。とのご相談でした。今回、1日で最新のドアの早変わり出来ます、YKKAP製ドアリモをオススメしご採用頂きました。
ドアリモ (2)
施工中①まず、既存のドア本体を取り外し、その後ランマ部無目を切断し、四方の枠だけを残した状態にします。次に、既存のドア枠に合わせてオーダーしましたドア枠をはめ込みます。
ドアリモ (3)
施工中②レーザー墨出し器で垂直、平行等を計測しドア枠を既存枠に電動ドライバーで仮止めビス止めしていきます。
ドアリモ (4)
施工中③ドア枠仮止め後、ドアを1度仮につり込み歪みがないか再確認します。歪みがなければドア枠全てにビスをしっかりと取付します。
ドアリモ (5)
施工中④既存枠と新設枠との隙間をコーキングをし雨、風が入らない様にします。
ドアリモ (6)
施工中⑤新設枠の左右上部に既存枠を覆うように化粧額縁を取付て行きます。写真は上部化粧枠を取り付けている所です。
ドアリモ (7)
施工中⑥外観右側の化粧額縁を取付ている所です。
ドアリモ (8)
施工中⑦内部側も同じように化粧額縁を左右上部に取付します。その後、化粧額縁と外壁面の隙間にコーキング処理をします。
ドアリモ (9)
施工後 今回の錠はポケットキー仕様です。リモコン操作で簡単に施解錠が出来、大変便利です。木目調の色とランマを無くし細いスリットの連続する採光が洗練されたデザインになっています。
アルミフラッシュドア 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いしたマンションの玄関ドアのお取替えの現場です。

お客様から「賃貸マンションの玄関ドアが古くて傷んでいるので、同じような物に取り替えて欲しい。」とご要望を頂戴致しました。
アルミフラッシュドア 施工後
現状はアルミ製のフラッシュドアが取り付けられていました。

今回は、同じアルミ製のフラッシュドアをカバー工事でお取替え致しました

こちらは施工後の写真になります。

本体が水色なのは、養生のビニールが付いているからです。中身は既存と同じシルバーです!
アルミフラッシュドア 施工中1
こちらは施工中の写真になります。

まずは既存のドア、金物を取り外します。
アルミフラッシュドア 施工中2
カバー工事は、既存の枠は取り外さずにドアを取り替える施工方法です。

既存の枠を撤去しようとすると外壁をカットする必要が出てくるため、かなり大がかりな作業になります。

カバー工事でしたら、ドアのお取替えは1日で完了します
アルミフラッシュドア 施工中3
既存枠に下地となる部材を取り付けて、そこに新しいドアの枠を取り付けていきます!

枠が取付出来たら、新しいドアを吊りこんで動作確認をします

問題が無ければ、新しい枠と既存枠との間をシール材でコーキング処理したら完成です!
アルミフラッシュドア 施工後2
部屋内側には、郵便受けも取り付けてあります。

鍵も2ロックで防犯面もばっちりです!

カバー工事は新しい枠を既存枠の内側に取り付ける為、間口が少し狭くなることがデメリットですが、施工期間の短さ、それによる施工費の安さで、お選び頂く事が多い作業です!

玄関ドアのお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
アルマーデ収納網戸
セイキ販売様の玄関・勝手口ドア・全開放サッシ用アコーディオン網戸のアルマーデフリーがリニューアルされたということで営業の方がご来店くださいました
NEWアルマーデフリー
アルマーデフリーは、丈夫でほつれにくい専用ポリエステルネットをプリーツ加工した防虫網を使用しています。折り畳まれて収納されるので少ないスペースで網戸を取り付けられる上に、高さ3㎜のフラットな下レールにより人が出入りする際の躓きを軽減してくれたり、掃除の際のわずらわしさも感じさせない為、需要が高い商品となっています。今回15年ぶりのリニューアルで3代目となるそうです

アルマーデフリー
今回の改良ポイント
その1
制作範囲が拡大し、大開口の対応が可能になりました
アルマーデ フリー
その2
網戸本体の着脱の仕様が変更され簡単に着脱できるようになった為、施工性・メンテナンス性が向上しました
アルマーデフリー
制作範囲が拡大したことにより網戸の開閉操作がしにくくなるのでは?と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、なんとアコーデオン網戸の特徴でもあるスムーズな開閉操作はそのまま維持できるそうです
最大W4000㎜H3000㎜まで対応しているので、窓を全開にして思いっきり解放感を味わうことができます。ご興味のある方は是非ご参考にしてみて下さい

大型掲示板 ガラス引き戸
本日ご紹介するのは、先日お伺いした大型掲示板のガラス引き戸のお取替えの現場です。

お客様から「掲示板のガラス引き戸が動かないので見て欲しい。」とご要望を頂戴致しました。
大型掲示板 ガラス引き戸 施工前
現状を確認すると、ガラス引き戸自体も少し欠けている状態でした。

また、戸車が破損してかなり力を入れないと引き戸を開け閉めすることができません…
大型掲示板 ガラス引き戸 施工前2
かなりの重量ですが、2人がかりでガラス引き戸を外して戸車を確認しました…

写真の通り、戸車に駒の部分は全く残っていませんでした

外部ですので雨風にさらされて、ベースの部分も錆がひどい状態です
大型掲示板 ガラス引き戸 施工中
今回は、ガラス自体も傷んでいたことからガラス引き戸本体ごとお取替えすることになりました。

さらに既存のガラス引き戸は、枠への掛かりも少なかった為、安全に配慮して下枠のレールもステンレスのフラットバーを取り付け致しました!
大型掲示板 ガラス引き戸 施工中2
新しいガラス引き戸も鍵付きのステンレスハカマで製作致しました。

外部の掲示板ですから、イタズラなどを防止します
大型掲示板 ガラス引き戸 施工後
最後にガラスをきれいに拭いて、鍵の掛かりを確認したら完成です!

綺麗なガラスは気持ちがいいですね

ガラス引き戸が動かせるようになって、掲示板が更新できます!とお喜び頂きました。

ガラス引き戸のお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
リシェント勝手口ドア 採風
新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために、こまめな換気を!!!風の流れができるよう、2方向の窓を1回、数分程度全開にしましょう。換気回数は2回以上確保しましょう。と厚生労働省のHPにも出ています。

勝手口のドアで、硝子窓が上下にあくドアがあります。
鍵をかけながら、通風ができます。防犯面でも安心ですね。
窓の開き具合も調整できます。エアコンの苦手な方もこれからの夏に向けてオススメです。
硝子なので光も取り入れる事ができます。
採風勝手口ドア
勝手口ドアに明り取り窓が無かった時は、部屋の光が入らづ暗い感じですが、硝子が多くなると明るくなります。
ガラス面が不安な場合は、前面に格子を取付防犯を強化します。格子のは、数種類のデザインがございます。
お気に入りの格子を選ぶ事で硝子もガードできます。

施工イメージ
硝子窓を上げ下げするのは、もちろんお部屋内からになります。シリンダーもついています。
シンプルな方法で風を取り入れる便利な勝手口ドアのご紹介です。
ガラス面が大きくそのままでは、防犯面で不安です。
前面には、格子を取り付ける事をオススメいたします。
格子には数種類のデザインがありますので、お好きな格子をお選びいただけますが、防犯重視の場合は格子が細かい方がいいと思います。安心ですよね。

採風勝手口格子デザイン
格子によりドアの表情が変わりますね。
ドアのアルミのカラーも色々ありますので、お好きな色をお選びいただけます。
これから、勝手口ドアを取り付ける方、勝手口ドアの調子が悪くメンテナンス費用もかかりそうなので、この機会に取替をお考えの方、このよな勝手口ドアがございますのでご検討なさってください。
勝手口
窓の無い勝手口ドアの場合は、網戸もなくドアを半開きなどにして風を取り入れていたのではないでしょうか?
風がきつくてバタンと閉まったり、防犯面の用心が悪いので開けていない方、鍵を閉めながら換気ができ、明るい勝手口ドア,鍵も2個ついています。
窓は、開けれる方がいいと 今回の経験したことのない新型コロナウィルス防止対策 自分で出来る事をやりましょう!!
皆様もどうぞ 窓を開けて換気をしてくださいね。誰にでもできる防止対策の1つです

施工事例
施工事例の写真をクリックしてください。過去の施工事例がご覧いただけますので、どうぞご参考になさってくださいませ。
窓を開ける
新型コロナウィルス対策の一つで【換気】がありますが皆さんこまめに換気をされているでしょうか?窓を開けることによりお部屋の空気が外に出て、外の新鮮な空気がお部屋の中に入ってきますよね!こんな簡単な事などでこまめに窓を開けて新鮮な空気を取り入れて感染しないようにしましょう!
YKK APの商品(住宅用商品)の換気方法・機能について がUPされておりましたので下記をクリックして頂ければご覧いただけます

玄関ドア通風
風の流れをよくするには入口と出口が必要となります。
左の図のように入口しかなければ風は滞ってしまい、入口と出口があれば風は流れていくのが良くお分かりになって頂けると思います。

YKK AP HP:玄関空間の換気性能より
キャンペーン10周年
窓とドアから風を取り入れましょう!!
ドアリモでいまの玄関ドアを通風の玄関ドアに取替で新型コロナウィルス対策!風通しのいいお家にしませんか?
ドアリモで玄関を新しくされると
2020年5月1日~2020年7月31日施工完了分にはTポイントが3倍になります。
是非、お得にリフォームして下さい!
アルミドア通風
アルミのドアで真ん中の硝子部分をスライドさせると通風が出来ます。また、虫が通らないように網戸も取付られております
断熱ドア通風
断熱ドアでは、内側に開く、通風機構で風を取り入れる事ができ、防犯面にも配慮しております。こちらも網戸が取付されているので、防虫対策もバッチリです。
その他の施工事例はこちら

色々な施工事例がございます。ぜひご覧ください!!
格子戸1
今回の現場調査は、建築中の老人ホームに取り付けする建具のデザインを決めるため、現在稼働中の老人ホームに行き、参考にするため、既存建具の調査にお伺いしてきました。
写真の建具は玄関内の間仕切り用の格子戸です。
格子戸2
まずは、ガラス格子の木材の種類や、各部の寸法を測っていきます。この建具の材種はスプルース材のようです。ガラス部分は透明のアクリル板のようです。
四方の框材や、格子の寸効などを細かく採寸していきます。
塗装は、最近室内用の建具によく使用される、自然塗料を使用されているようです。
自然塗料はシンナーなどの有毒溶剤を含まない塗料で、塗料メーカーのカタログなどでは、子供用の木製玩具などにも使われたりするくらい安全性の高い塗料とのことです。
鎌錠1
次に使用金具の調査です。上部には重量用の上吊りレールを使用してました。そして上部には職員が使用する為だけの鎌錠が取り付けられてました。
高さの高い位置にカギをつけるのは、入居者が誤ってカギを空けて建物の外へ出ていかないようにするため、このような届きにくい場所にカギを取り付けします。
このような対応は、保育園などでも園児が出ていかないようにされてます。
格子戸3
下部の引戸用鎌錠は通常の高さに設定されてます。
老健
手先のハンドルは長さ600タイプでした。
老人ホームの引戸は棒ハンドルが多く、引き残しをとります。引き残しと棒ハンドルの位置は、手先の部分にと引き込んだ時の指詰めをしない寸法を考えながら框の幅と棒ハンドルの隙間を考慮しながら寸法を決めなければいけません。
施工事例
ガラス天板
お客様より鉄のテーブルのガラスが割れたため取り替えて欲しいとご依頼がありました。
既存のガラスが分からず鉄のテーブルのみの状態です。
ガラス天板
鉄のテーブルの直径とガラスの厚みを計測します。ガラスは、お客様の安全を考え強化ガラスを手配しました。
強化ガラス
なぜ通常のガラスではなく強化ガラスにするのか❓
強化ガラスは通常のガラスに熱処理を加えて急激に冷却した硝子で、普通のガラスに比べて約3.54倍の耐風圧強度を持つガラスで見た目は全く同じで目では見分けることができません。大きな特徴は割れ方の違いで、普通のガラスは鋭く刃物のように割れるのに対し強化ガラスは粉々に砕けます。割れた破片で手を切ったり怪我をしない為、安全ガラスとも呼ばれています。お子様やお客様の安全を守る意味でも割れる危険性のある場所には強化ガラスをお勧めします。
fdc2eb4c8507c54f3f6c2a5e95bf468c
ガラスはこのように梱包されて弊社に納品されてきました。この状態でお客様へお渡しして設置していただきます


49e337454d0308cc753e765bd757ddc7
強化ガラスシールが添付されていました。通常のガラスと見分けがつかないので、付けておくと分かりやすいですね
8c02f6e72461c6050fa6c40b41111526
梱包を開けてお渡しすることが出来ないので、雰囲気だけですが、鉄のテーブルにガラスをのせてみました
ガラスが見えないけど想像ですてきだなぁとイメージ出来ました

ピットクッション
左の写真の〇物は
←ピットクッションと言います。
 クリアータイプ

ドアの閉め音を和らげたり、高いすべり止め止め効果のあるクッション材です。

ご依頼いただいた鉄のテーブルなどガラス天板をご使用の際に緩衝材などをガラスの接地面に挟んでいただくと傷がつきにくくなるのでおススメです


窓を開ける
厚生労働省の新型コロナウィルスの感染防止の一つに
①「密閉」空間にしないよう、こまめな換気を!

「部屋が広ければ大丈夫」、「狭い部屋は危険」というものではありません。WHOも、空気感染を起こす「結核・はしかの拡散」と「換気回数の少なさ」の関連性を認めています。とあげられています。
YKKの目隠し多機能ルーバー
●風の流れできるよう、2方向の窓を、1回、数分間程度、全開にしましょう。換気回数は毎時2回以上確保しましょう。

●窓が1つしかない場合でも、入口のドアを開ければ、窓とドアの間に空気が流れます。扇風機や換気扇を併用したり工夫すれば、換気の効果はさらに上がります。

厚生省 コロナ で検索してみてください。
手動にてルーバー調整
昔ながらのシンプルな方法で、2方の窓を開ける!
1方だと風が抜けませんので、2方の窓をあけるとスーッと風の動き感じる事ができます。
花粉症の方は、お辛いと思いますが、、、。機械換気よりは窓を開けるのが空気の入れ替えには効果的です。

窓のが道路だったり、隣と目線が・・・と窓を開けつらい時は、防犯対策の面格子の役目と目隠しにもなる可動目隠しルーバーという商品がございます。
手動にてルーバーを閉めた状態
手動式で目隠しできるルーバーの羽根を調整することができます。
雨戸戸袋を取り付けるスペースが無い場合で、防犯面で心配!とお悩みの方へもオススメな製品です。
縦面格子
こちらの縦格子の面格子は、窓を開けていますと、人の視線が気になることがあるかもしれません。
風はたくさん部屋に取り込むことはできますね。

新型コロナウィルス感染対策防止の一つ、
皆様もどうぞ、こまめな換気を!!心がけてください。
施工事例
施工事例の写真をクリックしてください。過去の施工事例がご覧いただけます。ご参考になさってくださいませ。
掃出し窓プラマードU
お客様より、夏に向けて新しくクーラーを買い替えをするので窓も省エネ対策をと考えていらっしゃるとのご相談を頂きました。
せっかくクーラーを新しくしても、省エネの効果が窓でなくなってしまうのはもったいないのでとの事でした
掃出し窓プラマード2
内窓をお取り付けせて頂くのは、リビングの掃出し窓に2箇所と洋室の2部屋にそれぞれ
お取り付けさせて頂きました。
腰窓プラマード1
全てのお部屋の窓は1枚硝子の窓でしたので、今回、Low-E複層ガラスでYKK APの内窓をプラマードUを取付させて頂いたので省エネ効果がUPします。
腰窓プラマードU2
真夏の暑い時期に新しいクーラーとプラマードUを取付した効果を実感できるのを楽しみうしたいとおっしゃていただきました。
日射熱
YKK APのカタログよりプラマードUのガラスをLow-Eガラスと日よけを取り付けることにより日射熱が軽減される数値が出ています。夏にも有効な内窓を是非お取り付け下さい。西日のあたるお部屋には特におすすめせて頂きます。

窓ガラス
窓の硝子の事について・・・窓硝子に使用する硝子はどんな硝子がいいのでしょうか?

特に、この硝子でなくてはダメとかはありませんが、新築で家を建てた時に、その地域が防火地域なのか?で硝子を選ばれていると思います。

正直、硝子の種類により硝子の金額は変わってきます。

アルミサッシを何を選んでいるのか?そのサッシの溝に合う硝子を選ばなくてはなりません。
型ガラス
透明硝子と外が見えにくくなっている硝子もございます。硝子業界では、型硝子や霞硝子と呼ばれている全体にボコボコしているような模様のあるガラスです。

この框ドアに入っている硝子が、外が見えない硝子になってと表現した硝子です。透明硝子は外が丸見えということです。このようにぼんやり人影が・・・が型硝子や霞硝子と呼ばれる硝子になります。
6.8㎜型ワイヤー硝子
外が見えない型硝子には、中にワイヤー(針金)が入っている硝子もございます。防火地域では、針金入りの硝子が使われています。
針金入りの硝子のも型硝子と透明硝子があります。
住宅によく使われる硝子の厚み、ワイヤー入り(針金)は6.8㎜と決まっています。透明でも型でも同じ6.8㎜の厚みです。
6.8㎜硝子
単板硝子の場合は、大きめの硝子を持参し現場でカットができます!が、複層ガラス(ペアガラス)の場合は、キッチリサイズでないとカットすることができません!し硝子もオーダーになりますので出来上がるのに日数がかかります。
複層ガラスは、断熱を重視した硝子になります。

木製建具玄関格子戸摺り硝子
住宅用に使われている窓硝子(外部に接している硝子)は、建具の材質が、木製なのか?アルミなのか?により硝子の厚みが違います。昔の木製建具の場合は、硝子は2㎜・3㎜が多いです。建具の溝をはじめから硝子の厚みを指定して製作しますので、数十年後に割れやすいので分厚い硝子を入れたい!というわけには残念ながらできません!
この場合は、同じの厚みの硝子しか交換ができません。
木製建具の場合は、硝子が薄い分建具自体の重さは、アルミサッシの様には重くない場合もあります。
昔の建具の場合は、硝子店の建具を外して持ち込んだりできる物もありましたが、アルミサッシの場合は、マドサッシを外すことが難しかったり、硝子が分厚い分重たいです。すべての物には、良い点悪い点がありますね。
施工事例
施工事例の写真をクリックしていただきますと、当社の過去の施工事例もどうぞご覧になってご参考にしてください。

硝子は、その部屋の使い方など用途にあった硝子があります。エコ硝子もございます。