施工事例

カテゴリー別一覧

騒音の事でご相談がしたいとご連絡を頂きました。早速現地にてお話を伺った所、ご自宅マンション前が電車の線路になっていて、電車の音が気になり、少しでも騒音を抑えたいとの事でした。。そこでYKK AP『内窓プラマードU』で既存窓の前にもう1つ窓を付けて、騒音を軽減する事をご提案致しました。しかし、施主様からこの部屋は知り合いから借りている為、お家に傷を付ける事が出来ないと言う事でした。そこで、既存、左写真の箇所(アングルピース)窓枠材とアルミの境のビスを1度外し、そこに特殊なZ型金具を設置して、新しい窓枠、4方枠を取付します。その窓枠に内窓を設置する方法、賃貸内窓をご提案致しました。新しい窓枠にビスで内窓を取付する為、既存の窓枠材には全く傷が付きません。マンションを出る時に賃貸内窓を解体すれば元通りに戻ります。それならば可能ですねと施主様も安心されていました。今回、賃貸内窓を設置するのに、カーテンレールを1本外す事になりますが、レースカーテンを使用していないので、何の問題もないとの事でした。それと賃貸内窓の場合、建付けが悪いと取付が出来ないのですが、レーザー水平器で確認して、水平レベルも縦のレベルもキッチリと合っていますので、取付可能です。この内容にて見積書を提出致します。
吹田市のワンルームマンションの内装工事を行ないました。退去後の改修工事でしたが、以前の内装が黒色ベースで床もブラウン色でした。今回、女性・男性の両方の方に好まれるような内装を目指し、白をベースに内装改修工事を行ないました。
既存のランマ付木製玄関ドア親子タイプです。30年以上ご使用されて、ドア本体が腐食、表面が一部剥がれていました、錠も動きが悪く施錠しにくい状態でした。今回一部ランマを残して、YKKAP製かんたんドアリモで、玄関ドアを取り換える事となりました。施工中① 既存のドア本体を取り外します。その後、ランマ部の硝子無目材も取り外します。一部残すランマ部に縦枠を設置します。施工中② 事前に採寸オーダー製作した、新設玄関枠を既存の枠内にはめ込みます。その後、レーザー墨出し器を使用し平行垂直を計測、歪みの無いように設置、電動インパクトドライバーで左右上下しっかりとビス止めします。施工中③ 新設ドア枠の設置固定が完了しましたら、ドア本体を吊り込みます。最初に子扉を吊り込みました。施工中④ 次に親扉を職人2人で慎重に吊り込みます。施工中⑤ ドア本体の吊り込み完了です。施工中⑥ 既存枠と新設枠の隙間からの風、雨水の進入を防ぐ為、コーキング材を左右上部に充填していきます。施工中⑦ 既存の古いひび割れの有るタイルを隠す為、新設枠下に、玄関ドア枠と同色の幅木を取り付けます。施工中⑧ 下枠幅木の取付完了です。古いひび割れタイルが見え無くなり、綺麗に仕上がりました。施工中⑨ 新設枠の外側に取り付ける額縁を現場に合わせて切断しています。施工中⑩ 既存の古い枠を見えなくする為、新設枠の上部に外額縁を取付ています。同じように左右、そして内部側も、内額縁を取付て行きます。施工後 外額縁を取付し、既存の古い枠が見え無くなり、綺麗に仕上がりました。ドア本体の動作確認調整、施錠確認、調整をして完成となります。今回はランマ付ドアからランマ無しの親子タイプに変更しましたので、圧迫感無く広々とした玄関ドアに早変わりです。
施工前① 既存ご自宅浴室の窓を外部側から撮った写真です。施工前② 既存ご自宅浴室窓を内部側から撮った写真です。 浴室をユニットバス取替に際し窓も断熱仕様に取替する事となりました。既存枠を残して取替するカバー工法での施工となりした。施工中① 既存窓の面格子と硝子障子部を取り外しました。施工中② 事前に採寸オーダー製作した、断熱仕様サッシとアルミ下地材を既存枠に取付て行きます。写真はアルミ下地材を電動インパクトドライバーを使用しビス止めしている所です。施工中③ 既存枠に新設断熱仕様サッシ枠をはめ込みます。施工中④ レーザー墨出し器を使用し平行垂直を測定し歪みの無いように設置固定し、電動インパクトドライバーでしっかりとビス止めしていきます。施工中⑤ 新設断熱仕様サッシ枠の取付が完了しましたら、既存壁と新設サッシ枠の隙間に雨、風の侵入を防ぐ為コーキング処理をしていきます。写真は下地パッキンを詰めています。施工中⑥ 下地パッキン詰め完了後、マスキングテープを貼り(コーキングの仕上がりが直線で綺麗のする為に貼ります。)コーキング材を充填していきます。施工中⑦ 専用のヘラでコーキング材を上から軽く押し込み、マスキングテープを剝がしてコーキング処理は完了です。施工中⑧ 新設サッシ枠に硝子障子をはめ込んで行きます。施工中⑨ 左右2枚硝子障子をはめ込みました。施工中⑩ 網戸をはめ込んでいます。施工中⑪ 新設の面格子を取付て行きます。左右上下対称になるよに設置します。施工中⑫ 面格子を固定する金物をビス止めしています。完成写真です。YKKAP製断熱仕様エピソード引き違い窓と高強度面格子を取付しました。
吹田市のY様から台風で壊れた木製テラス屋根の修理のお見積りのご依頼をいただきました。テラスの半分が飛ばされ、残った部分も壁に固定していた木材が外れそうになっていました。木製テラスを撤去して新規にアルミのテラスを設置することをご提案しました。
既存ご自宅の浴室とトイレの窓です。近隣の2Fからの目線が気になるので何か良い対策方法はないでしょうか?とご相談を受けました。ご希望は、風も通って、室内が暗くならないものがが良いとの事でした。お提案商品は、YKKAP製ウインバイザーポリカタイプです。2Fからの目線を遮り、雨除けとしても使用でき、適度な採光性も有ります。この商品にご納得いただき取付する事となりました。施工中①施主様のご希望により既存の面格子は取り外すことなく、その上からウインバイザーを取付します。まず、土台部を既存面格子に左右2カ所、高さを合わせて、しっかりと電動インパクトドライバーでビス止めしていきます。施工中②目隠しになるポリカーボネート製羽根です。施工中③羽材を一枚づつ取り出します。施工中④羽根側面左右二か所に、樹脂製キャップをはめ込みます。施工中⑤先に取付しました土台に、下から一枚づつはめ込んで行きます。施工中⑥下から3枚はめ込みました。施工中⑦トイレの窓は全てはめ込みました。次は隣の浴室窓です。施工中⑧同じように下から、先に取付した土台にはめ込んで行きます。施工後2台分完成しました。半透明のポリカーボネートにすり調仕上げが適度な採光性と目隠し効果を両立します。
YKK AP マドリモ 電動シャッター 施工後
本日ご紹介するのは、先日お伺いした電動シャッターのお取付けの現場です。お客様から「雨戸が壊れていて開け閉めできないので取り替えたい。どうせ替えるなら電動シャッターにしたい。」とご要望を頂きました。現状は雨戸付きのサッシでしたが、レール、戸袋部分が破損して雨戸を動かすのが大変でした。今回オススメさせて頂いたのはYKK APマドリモ 電動シャッターです!マドリモ 電動シャッターはリフォーム用の電動シャッターで後付け可能な商品になっています。今回は片側入隅用の下地枠を採用致しました。
吹田市にて会社社屋のエントランスドアの取替工事を行ないました。シオジの無垢板を張ったドアでしたので、風雨や太陽光で傷んでおりました。また、床に埋まっている開閉装置のフロアヒンジも傷んでおりましたので交換いたしました。
台風の暴風でプリーツ網戸が壊れてしまい新しく中折れ網戸にしてほしいとご依頼を受けました。ご希望はYKK APの中折れの網戸を取付ほしいとのご依頼でした。
いつもお世話になっております。S様から車庫のガラス屋根が割れたので、見に来て欲しいとご連絡を頂きました。早速現地にてお話を伺った所、車を新車にしたので車庫の屋根ガラスを直したいとの事でした。割れたまま、数年置いているので、何とかして欲しいとの事でした。屋根の上部に行く事が出来る為、上部に登り確認した所、6.8mmカスミワイヤーガラスが3か所割れていました。割れた原因はワイヤー箇所が錆びて、錆びた箇所からワイヤーが膨張してガラスがひび割れたと思います。ワイヤーガラスの為、車にガラスが落ちてくることはないと思いますが、せっかくの新車に傷を付ける事は避けたいので、取替する事をご提案しました。現在が6.8mmのガラスが入っている為、通常のアルミカーポートと違います。通常のアルミカーポートならば2mm程の屋根材(ポリカボネード)が付いてますが、今回はスチールカーポートの為、ガラス溝が厚いので、その厚みを利用して、ポリカボネード屋根材(5mm)をワイヤーガラスの代わりに取付する事をご提案致しました。それとスチールが数か所、錆がありますので、ケレンして塗装し直す事をお勧めしました。そこで施主様からガラスよりポリカボネード材の方が良いと思うので、ポリカボネード取替と玄関ドアと玄関上部の庇をついでに塗装して欲しいとの事でした。次回はこの内容で見積書を提出致します。
カラーベストの欠片が落ちていたので、確認して頂きたいとお電話を頂きました。早速、現場にて下見に伺い、はしごにて屋根の上に登らせて頂きました。まずは屋根の先が数枚、カラーベストが剥がれてない状態でした。これはどうも昨年の台風にて飛ばされたと思われます。
塗装するのにもやはり良い時期と悪い時期が有ります。当然、梅雨や秋の長雨の時期は適さないとわかりますよね!真夏も暑すぎて、職人さんが大変過酷な作業をしないといけない時です。春と台風のシーズンが終わった秋の今時期が一番塗装を行うのに良い時期だと思います。湿度も低く乾きやすく、職人さんも作業がしやすい点が上げれます。
ウオッシュレット交換2
吹田市にてウオッシュレット交換工事のご注文をいただきました。今のTOTOウオッシュレットが12年使っており、最近やや調子が悪いので交換したいとのご連絡をいただきました。新しいTOTOのウオッシュレットに交換しました。