施工事例

カテゴリー別一覧

ご自宅掃き出し窓サッシ(巾1.7m高さ1.8m)からの冷気で寒くて困っていますので、2重窓を取付て欲しいとのご相談が有りました。現場に伺い採寸しました所、窓枠が30㎜しか無い、下にタタミが有る現状でした。2重窓取り付けるには70㎜強窓枠が必要ですので、今回、メーカーオプションのふかし枠40㎜を使用しなおかつ、タタミに干渉しない様、下部に20㎜厚の材木を使用し2重窓を取付するようしました。写真は下部に材木を取付している所です。施工中①メーカーオプションのふかし枠40㎜を取付て行きます。左右上部にアルミ材を電動インパクトドライバーでしっかりとビス止めします。施工中②アルミ材のビス止めが完了しましたら、樹脂製のカバーをはめ込んで行きます。施工中③ふかし枠40㎜のコーナー部にキャップをしてふかし枠の取付完了です。施工中④2重窓の枠を取付て行きます。内観左側に枠をはめ込みます。施行中⑤枠をはめ込み後、電動インパクトドライバービス止めしていきます。施行中⑥内観右側の枠をビス止めしている所です。施行中⑦上部枠をビス止めしている所です。その後、下部レールをビス止めして枠の取付完成です。施行中⑧硝子障子をはめ込んで行きます。外障子、内障子の2枚順番にはめ込みます。施工後クレセント(召し合わせ部錠)の施錠調整、隙間調整、動作調整確認をして完成となります。今回の商品はYKKAP製プラマードU複層硝子仕様ですので、断熱性能に優れ冷気の進入をかなり和らげて快適に過ごせます。
吹田市のワンルームマンションの内装工事を行ないました。退去後の改修工事でしたが、以前の内装が黒色ベースで床もブラウン色でした。今回、女性・男性の両方の方に好まれるような内装を目指し、白をベースに内装改修工事を行ないました。
施工前 写真の開口部に新しく片開きスチールドア(硝子入りを)取付て行きます。施行中①事前に打合せ、図面作成しオーダー製作(1か月程納期が掛かります。)しました、スチールドアを取付て行きます。最初にスチールドア枠を開口部にはめ込んで行きます。施行中②開口部にはめ込みましたら、レーザー墨出し器で平行垂直を測定し歪みの無い様に固定していきます。今回の下地は木材ですので、左右と上部を電動インパクトドライバービス止めしていきます。下部敷居ばコンクリート土間ですので、溶接止めします。施行中③新設のスチールドア本体です。工場で焼き付け塗装までして仕上げています。施行中④スチールドア枠の取付が終わりましたら、ドア本体を丁番に吊り込みます。スチールドア本体は30㎏位は有りますので、職人2人で慎重に吊り込みます。施行中⑤ドア本体の開口部に硝子を取付て行きます。硝子をはめ込み固定、マスキングテープを貼り、コーキン材を充填し仕上げます。施行中⑥ドア本体にハンドル、シリンダー、ドアクローザー等金物を取付て行きます。今回はプッシュプル錠を選択されました。施工後 ドアの閉扉スピード調整、施錠調整をして完成となります。今回のスチールドアは事前打ち合わせで、色決めをし焼き付け塗装迄していますので、現場にて塗装仕上げするより、大変綺麗な仕上げとなっています。
今回は豊中市の某戸建て住宅現場において、2階部の木製の窓と雨戸をアルミ製の窓と雨戸へと取替工事をさせていただきました
施工前 ご自宅玄関前にブロックを新設し、フェンスと門扉の取付をします。今回その施工例を掲載いたします。施工中①門扉の柱設置部に複式ショベルを使用し、穴を掘っている所です。25センチ角で深さ約30センチ程の穴を左右2カ所掘ります。施工中②穴が掘り終えましたら、門扉用柱を設置します。水平器を使用し歪みの無い様にとりつけていきます。施工中③水平器で歪みの無い様に測定ししましたら、挟み込み金物を使用し、門扉用柱を固定します。施工中④柱の設置廻りににモルタル(セメントと砂を混ぜ合わせたもの)を流し込み固めます。左右2カ所この作業をします。施工中⑤固定された門扉用柱の丁番に、ハンドルを取付した親扉を吊り込みます。同じように子扉も吊り込みます。施工後①高さ調整、施錠調整、フランス落としの受け設置をして親子タイプの門扉の取付完成です。今回の門扉はLIXIL製アルミ門扉AB 横格子親子仕様 親扉巾80センチ子扉巾40センチ高さ1Mです。色はオータムブラウンです。施工後②フェンスは門扉に合わせた横格子で高さ60センチの商品を直線40センチと直線3.8Mを取付しました。。アルミ門扉は片開き、親子開き、両開きと様々な場所に対応可能ですので、是非ご相談下さい。
既存ご自宅の浴室とトイレの窓です。近隣の2Fからの目線が気になるので何か良い対策方法はないでしょうか?とご相談を受けました。ご希望は、風も通って、室内が暗くならないものがが良いとの事でした。お提案商品は、YKKAP製ウインバイザーポリカタイプです。2Fからの目線を遮り、雨除けとしても使用でき、適度な採光性も有ります。この商品にご納得いただき取付する事となりました。施工中①施主様のご希望により既存の面格子は取り外すことなく、その上からウインバイザーを取付します。まず、土台部を既存面格子に左右2カ所、高さを合わせて、しっかりと電動インパクトドライバーでビス止めしていきます。施工中②目隠しになるポリカーボネート製羽根です。施工中③羽材を一枚づつ取り出します。施工中④羽根側面左右二か所に、樹脂製キャップをはめ込みます。施工中⑤先に取付しました土台に、下から一枚づつはめ込んで行きます。施工中⑥下から3枚はめ込みました。施工中⑦トイレの窓は全てはめ込みました。次は隣の浴室窓です。施工中⑧同じように下から、先に取付した土台にはめ込んで行きます。施工後2台分完成しました。半透明のポリカーボネートにすり調仕上げが適度な採光性と目隠し効果を両立します。
YKK AP マドリモ 電動シャッター 施工後
本日ご紹介するのは、先日お伺いした電動シャッターのお取付けの現場です。お客様から「雨戸が壊れていて開け閉めできないので取り替えたい。どうせ替えるなら電動シャッターにしたい。」とご要望を頂きました。現状は雨戸付きのサッシでしたが、レール、戸袋部分が破損して雨戸を動かすのが大変でした。今回オススメさせて頂いたのはYKK APマドリモ 電動シャッターです!マドリモ 電動シャッターはリフォーム用の電動シャッターで後付け可能な商品になっています。今回は片側入隅用の下地枠を採用致しました。
大阪市 店舗の入り口の木製片引き戸の取付にお伺いしてきました!
本日ご紹介するのは、先日お伺いした木製建具の片引き戸のお取り付け現場です。お客様から「店舗の木製の片引き戸を製作して欲しい。」とご要望を頂きました。お店の新装で入り口も新しくしたいとの事でした。木製建具はすべてオーダー製作になります。1現場ずつ、図面を書いて工場にて製作しています。その為、デザインや色などかなり自由度があります!こちらは、施工中の写真になります。片引き戸ですので、扉に戸車を取り付けています。戸車を取り付ける穴も現場で加工して取り付けます。
台風の暴風でプリーツ網戸が壊れてしまい新しく中折れ網戸にしてほしいとご依頼を受けました。ご希望はYKK APの中折れの網戸を取付ほしいとのご依頼でした。
いつもお世話になっております。S様から車庫のガラス屋根が割れたので、見に来て欲しいとご連絡を頂きました。早速現地にてお話を伺った所、車を新車にしたので車庫の屋根ガラスを直したいとの事でした。割れたまま、数年置いているので、何とかして欲しいとの事でした。屋根の上部に行く事が出来る為、上部に登り確認した所、6.8mmカスミワイヤーガラスが3か所割れていました。割れた原因はワイヤー箇所が錆びて、錆びた箇所からワイヤーが膨張してガラスがひび割れたと思います。ワイヤーガラスの為、車にガラスが落ちてくることはないと思いますが、せっかくの新車に傷を付ける事は避けたいので、取替する事をご提案しました。現在が6.8mmのガラスが入っている為、通常のアルミカーポートと違います。通常のアルミカーポートならば2mm程の屋根材(ポリカボネード)が付いてますが、今回はスチールカーポートの為、ガラス溝が厚いので、その厚みを利用して、ポリカボネード屋根材(5mm)をワイヤーガラスの代わりに取付する事をご提案致しました。それとスチールが数か所、錆がありますので、ケレンして塗装し直す事をお勧めしました。そこで施主様からガラスよりポリカボネード材の方が良いと思うので、ポリカボネード取替と玄関ドアと玄関上部の庇をついでに塗装して欲しいとの事でした。次回はこの内容で見積書を提出致します。
吹田市にて近所で工事していた職人さんから屋根材のカラーベストが割れて落ちかけていると言われた。職人さんにお願いしようと思ったがやはり見えない屋根の工事になる為不安になり一度屋根修理をお願いした街の屋根や西宮店さんにお声かけしました。
豊中市のお客様より、戸建て住宅の外壁の壁に使用しているコーキングについて色々教えてほしいとのお声を頂きました。住宅の外壁にとってコーキングは非常に大切な箇所になります。少しでもお役にたてるような情報をお伝えさせて頂きたいと思います。
ウオッシュレット交換2
吹田市にてウオッシュレット交換工事のご注文をいただきました。今のTOTOウオッシュレットが12年使っており、最近やや調子が悪いので交換したいとのご連絡をいただきました。新しいTOTOのウオッシュレットに交換しました。