施工事例

カテゴリー別一覧

摂津市 防音対策の為、YKKAP製内窓プラマードU(複層硝子仕様)を取付しました。
施工前 お部屋の引き違い窓から外からの音がかなり気になるので何か良い対策は有りませんでしょうか?とのご相談を受けました。迷わず、YKKAP製内窓プラマードUをオススメしました。今ある窓の内側に窓を取付2重にして防音効果を高める方法です。外からの音を15dB低減。騒音が半分以下に聞こえる遮音効果です。お施主様もご納得して頂きご契約いただきました。施工中① 事前に採寸オーダー製作したプラマードUの枠を取り付けていきます。写真は、内観右側縦枠を既存の窓枠内に設置し電動ドライバーでビス止めしています。施工中② 内観左側縦枠を電動ドライバーでビス止めしています。施工中③ 上枠を電動ドライバーでビス止めしています。施工中④ 最後に下枠を電動ドライバーでビス止めしています。施工中⑤ プラマードU新設用枠の取付が完了しましたら、硝子障子をはめ込んで行きます。写真の様に軽自動車、硝子搬入専用台付き(硝子は平積みすると破損の恐れが有ります)に縦置きし搬入します。施工中⑥ 硝子障子を設置済み枠内レール部に内観左側分から、はめ込んで行きます。施工中⑦ 内観右側分も枠内レール部にはめ込んで行きます。施工後 動作確認調整、召し合わせ部にあるクレセント(錠)施錠調整をして完成となります。今回のプラマードUはナチュラル色、透明複層硝子仕様をご選択されました。施工時間は1時間以内で、防音性がすごいと喜んでいただきました。
豊中市天井修理2
豊中市のお客様より雨漏りで傷んだ天井の修理のご依頼をいただきました。屋根の雨漏りは以前に直させていただいていたのですが、しばらく様子を見て雨漏りしていないので天井を修理することになりました。天井はジプトーンと呼ばれる石膏が基材の材料を張りました。
吹田市 木製玄関ドアをアルミ製玄関ドアに取替しました。
施工前 ご自宅の木製玄関ドアです。長年の雨、日射にに晒されましたのでドア本体、袖部枠も腐食が進み、補修では対応出来ない状態でした。また、錠ハンドルもさび付いている箇所が有り施錠しにくく、交換が必要でした。今回、壁を壊さず玄関ドアのお取替えが可能な、YKKAP製かんたんドアリモで取り換える事となりました。施工中① 玄関ドア本体の丁番ビスを取り外しドアを撤去、ランマ部と袖部の硝子を取り外し、その後、ランマ無目をと袖部を電動のこぎりで切断します。施工中② 事前に採寸オーダー製作した新設のドア枠をはめ込んで行きます。レーザー墨出し墨出し器で平行、垂直を計測し歪みに無い様に真っ直ぐに取付します。施工中③ ドア本体を取付、内外部から既存枠と既存枠と新設枠の隙間に雨水、風の進入を防ぐ為、コーキング処理をします。施工中④ 写真はコーキング処理前に外部側の既存枠と新設枠の隙間にバックアップ材を詰めています。施工中⑤ 新設ドア枠に化粧額縁を設置し、既存の壁との隙間に行うコーキング処理を直線に綺麗に仕上げる為、マスキングテープ貼っています。施工中⑥ 新設枠に化粧額縁を取付している所です。施工中⑦ 袖部の硝子設置以外は完成しています。施工中⑧ 袖部の硝子を内側からはめ込み、押さえゴムでしっかりと固定します。施工後 ドアの閉まるスピードをドアクローザーで調整、施錠調整をして完成となります。明るく綺麗になったとお施主様も大満足でした。
サッシカバー工事 窓を取替えました。窓を取替えれるなんて・・・思ってもみませんでした。とお客様その施工の早さにも驚かれていました。窓サイズは既存のサッシに枠にカバー(かぶせる)ますので、少しサイズは小さくなりますが、使い勝手には何も影響はございません。大阪府吹田市
吹田市 気になる目線を遮り、風を通すフェンスの取付施工例です。
施工前 駐車場と近隣の住宅との境界にブロック塀を5段積みその上に目隠しフェンスを14m程取り付ける工事です。写真は、新設完了しましたブロック塀の上部穴にフェンス固定用柱を仮置きした所です。施工中① 新設ブロック塀の穴にフェンス固定用柱を設置していきます。現場の既設カーポートの梁が下がっている部分の隙間を空けての設置となります。施工中② 柱固定用に使用するセメントと砂をバケツに入れています。施工中③ 電動の撹拌機でセメントと砂を混ぜ合わせ、そこに水を入れモルタルを作ります。そのモルタルを柱設置部の穴に投入し柱を固定していきます。施行中④ フェンス本体です。この様に段ボール、ビニールでキズが付かない様養生されて搬入されます。施工中⑤ 柱の固定が完了しましたら、フェンス本体を設置し、専用の取付金具を使用し上部から固定します。今回、既存のカーポートの梁が有りますので、この様に隙間があいてしまいますが、この隙間はアルミの複合板を使用し無くしていきます。施工中⑥ フェンスとフェンスの隙間をアルミ複合板を使用し塞ぎました。施工後 フェンス本体7枚分約14mの直線が完成です。今回、の使用した商品はYKKAP製シンプレオフェンス13F型、高さ1M、プラチナステン色です。横ルバータイプで目線は遮りますが、風の通る隙間が有ります。
大阪市淀川区にてアルミ製の格子が曲がった壊れた面格子の取替え工事のご依頼をいただきました。以前よりガラスが割れた際の修理やエントランスのドアの取替えなどをご依頼いただいていた賃貸マンションのオーナー様よりご依頼いただきました。作業時間は1時間程度でした。
既存の木製雨戸です。30年以上日射、雨風を受け面材が剥がれの戸車も一部破損し動かせない状態でした。今回、雨戸だけをアルミに取替出来ないでしょうか?とのご相談を受けました。既存も雨戸用戸袋を残し上下に新しくアルミのレールを取り付ける方法で交換は可能ですとお話ししましたら、その方法で取替してほしいとご依頼頂きました。施行中① 既存の雨戸を職人が1枚ずつ取り外していきます。施工中② 既存の雨戸を2枚共取り外した状態です。施工中③ 既存の雨戸用レールを取り外して行きます。施工中④ 既存の雨戸レールの取り外しが完了しましたら、戸袋内とレール部のごみ、埃を掃除機を使用し取り除いていきます。施工中⑤既存の雨戸枠上部ミゾに埋め木をします。(新設のアルミレール取付下地になります。)施工中⑥ 新設雨戸用アルミコの字レールを設置していきます。施工中⑦ 新設雨戸用アルミコの字レールを電動インパクトドライバーでしっかりとビス止めしていきます。その後、下部にも新設アルミコの字レールを設置ビス止めします。施工中⑧ 新設雨戸を仮入れして、雨戸の開閉動作確認をします。施工中⑨ 雨戸の開閉に問題が無ければ、新設雨戸のレールと既存枠に出来た隙間に防水の為コーキング処理をしていきます。施工後 新設雨戸を2枚はめ込み、鍵調整と隙間調整をして完成となります。戸袋内にもアルミ板を設置していますので、スムーズな出し入れが可能になりました。
吹田市にて会社社屋のエントランスドアの取替工事を行ないました。シオジの無垢板を張ったドアでしたので、風雨や太陽光で傷んでおりました。また、床に埋まっている開閉装置のフロアヒンジも傷んでおりましたので交換いたしました。
台風の暴風でプリーツ網戸が壊れてしまい新しく中折れ網戸にしてほしいとご依頼を受けました。ご希望はYKK APの中折れの網戸を取付ほしいとのご依頼でした。
大阪府吹田市にて玄関ドアの上から雨漏りする為、庇廻りのシーリング防水を行ないました。
大阪府吹田市のお客様から玄関ドアの上から雨漏りするとのご相談をいただきました。造作大工工事で作られた庇は、経年劣化と庇への雨水の侵入と思われる原因で、軒天部分などもかなり傷んでおりました。ここから雨漏りしているという原因箇所は判明しませんでした。可能性の高い箇所を中心に庇廻りのシーリング工事を行ないました。
大阪市北区の鉄骨3階建ての賃貸ビルの3階と2階部分で雨漏りが発生しており、現場調査したところ屋上防水の劣化が原因と思われましたので、屋上の陸屋根部分のウレタン塗膜防水をご提案し施工させていただきました。
外壁水切り修理2
吹田市にて外壁の水切りに車が当たって破損したので修理して欲しとのご相談をいただきました。尚且つ、既存の水切りは外壁からの出幅寸法が大きいので、車が当たりやすいので、出幅を小さくして欲しいとのご依頼でした。
ウオッシュレット交換2
吹田市にてウオッシュレット交換工事のご注文をいただきました。今のTOTOウオッシュレットが12年使っており、最近やや調子が悪いので交換したいとのご連絡をいただきました。新しいTOTOのウオッシュレットに交換しました。