窓リフォーム

columns
住まいと生活がガラッと変わる! 手間と時間がかからない最新の窓リフォーム
simple
ソファーに座る家族
戸建てやマンションなどのお住まいを建てたり選んだりする際に、皆さんが「気にするポイント」はどこでしょうか?

キッチンやお風呂、トイレなどの水回り、お部屋の広さや動線、収納の数や大きさなど、気にするポイントはいろいろありますが、住まいの中でも重要な役割がある「窓」にこだわりを持っている方は、実は非常に少ないのです。

ところが、窓にこだわるだけで、住まいのクオリティと生活のしやすさが大きく変わるのです。
texts
お住まいの窓が開け閉めしにくい、鍵がうまくかからない、隙間が空いている、といった窓自体の修理から、エアコンの効きが悪い、外の音がうるさい、結露がひどい・・・などのお困りごとやお悩みの解消にも、窓リフォームは大きなチカラを発揮します。

大阪吹田で85年の歴史を持つ「窓のプロ」である井上昇商店が、窓のリフォームだけでなく、窓の重要性、改善ポイントなどを徹底的に解説します!

columns
窓のお見積もり シュミレーション
columns
窓シャッターのお見積もり シュミレーション
headlinesheadline

窓の部位の名称について

columns
窓の部位の名称

headlinesstrapline

障子(しょうじ)

texts
・框(かまち):桟(さん)とも呼ばれる
・部品:鍵やレバーなど
headlinesstrapline

枠(わく)

texts
障子と枠を合わせたものを、「サッシ」と呼びます。
headlinesstrapline

このサッシに「ガラス」を含めたものを「窓」と呼びます。

texts
また、窓がはまっている周囲の枠を「額縁」と呼びますが、この部分は窓に含まれません。
こういった名称は一般的なイメージとは繋がりにくいものであるため、お打ち合わせの際に不明な点があればお気軽にお尋ねください!

headlinesheadline

窓リフォームを行う主な目的

headlinesstrapline

修理

texts
開け閉めが困難になっている窓を、なんとか我慢して使い続けている方々はとても多いです。動きだけでなく、閉まっても隙間が空いていたり、鍵の動作が固かったり緩くなっていたりすることもあります。
この原因としては、コマ(戸車)が劣化してしまっている場合と、窓枠自体が歪んでしまっている場合があるのです。
simple
窓リフォーム
お客様からのご要望で、「枠はそのままでいいから、ガラスの入っている障子の部分だけを交換してほしい」というものがよくありますが、それはできません、もしくはお勧めしませんとお答えしています。
障子と枠はセットになっているので、同じメーカーでも商品によって形状が異なるからです。

窓の不調は新築よりも、築年数が古い家によく見られる症状です。例えば2~30年前のサッシに合う障子部分を今あるものから選んで合わせようとしても、それは全く違う商品なので合いません。合わせようとすると、それは高価な特注品をオーダーすることになってしまう上に、枠部分は古いもののままです。

したがって、古くなった窓全体を新しくするために、現行のサッシにする「窓リフォーム」をオススメしています。

headlinesstrapline

仕様替え

texts
窓には様々な目的があり、それに合った機能を持つ種類があります。それぞれ「開き方」が異なります。
例えば、開閉することができない「FIX窓(はめ殺し窓)」を一般的な「引き違い窓」に交換するような、窓の目的を変更する「仕様替え」も窓リフォームの一つです。
headlinesbyline columns
引き違い窓
引き違い窓:
日本で最もよく使われている、横にスライドして開閉する窓。
縦すべり出し窓・横すべり出し窓
縦すべり出し窓・横すべり出し窓:
窓枠の左右どちらかを軸にして、扉のように室外に開く窓。
上げ下げ窓
上げ下げ窓:
電車の窓のように、縦方向にスライドして開閉する窓。欧米ではこちらが一般的。
FIX窓
FIX窓:
はめ殺し窓とも呼ばれる、開閉ができないように固定された窓。
内倒し窓・外倒し窓
内倒し窓・外倒し窓:
窓枠の下側を軸にして、室内や室外に倒すようにして開閉する窓。

オーニング窓
オーニング窓:
すべり出し窓を縦に2~4枚連結させて、回転ハンドルで同時に開閉するルーバー形式の窓。
headlinesstrapline

改善

simple
家にまつわるお悩みで断然多いのが「暑い」「寒い」です
窓が壊れているわけではないけれど、窓をリフォームすることで、お住まいのクオリティをグンと上げることができます。
実は、家にまつわるお悩みで断然多いのが「暑い」「寒い」です。
特に築30年以上のお住まいの場合、エアコンをつけているけれども効きが悪い、というお悩みは定番と言えるほどです。冬はエアコン以外に暖房器具を併用して室内でも上着を着込んでいるという話も珍しくありません。

壁には断熱材が使われているのにどうして?と疑問に思われるかもしれませんが、熱の出入りが一番多いのは窓なのです。
つまり、窓を断熱性の高い樹脂窓や複層ガラスに替えたり、新たに内窓を設置することで、お住まいの快適性が上がり、しかも省エネになるので余計な光熱費は下がるというわけです。
texts
また、気持ちの良い風を家の中に取り込む「採風」も、窓リフォームで可能になります。
何年か住んで初めてわかる、家の周りの風向き。通常の引き違い窓と平行に吹いている風はいくら窓を開けていても家の中には入ってきません。
これを「縦すべり出し窓」に変更すると、家の中に風を引き込むことができるのです(図参照)。

texts
図解:建物の風向きのビフォア・アフター
columns
図解:建物の風向きのビフォア・アフター

他には、防犯性を高めるために「面格子」が取り付けてある窓も、人が侵入できない「縦スリットすべり出し窓」を3つ並べてつけることで、機能性だけでなくデザイン性も満たしたものも増えてきています。
columns
人が侵入できない「縦スリットすべり出し窓」


columns
窓のお見積もり シュミレーション
columns
窓シャッターのお見積もり シュミレーション
headlinesheadline

窓リフォームって具体的にどういったことをするの?

headlinesstrapline

窓カバー工事

texts
以前主流だった「壁カット工法」は窓枠から10センチほどの周辺の壁を全部切ってしまい、古いサッシを外して新しいサッシと交換、カットした外壁とサッシの間をモールでカバーする工法です。
simple
窓カバー工事
現在主流になっている「窓カバー工法」は、もともと付いている古い枠に新しい枠を上からかぶせてビス留めして固定してしまう工法です。
しっかり気密を取った上で窓額縁を取り付けるので元の額縁も見えません。工事の時間も3時間ほどから長くても半日で終わるのでとても簡単にできます。

また、外壁を壊さないので家自体に負担もかけませんし、粉塵などでご近所にご迷惑もかけません。
ただし、窓のサイズが少しだけ小さくなりますが、それを補って余るほど快適になりますよ!

headlinesbyline texts
窓をリフォームするなら、サッシはアルミ製よりも樹脂製をオススメしています。
実は、世界ではアルミよりも樹脂がスタンダードになっているのですが、日本での普及率は15%ほどなのです。日本では軽くて加工がしやすいという理由からアルミがスタンダードになっていました。しかし、アルミは熱の伝導率が高く、夏は外の暑さを、冬は寒さを、サッシを通して外気を室内に伝えてしまうのです。

一方、樹脂の熱伝導率はアルミの1/1000です。外気の冷たさを室内に通しません。
ただし、法律で防火区域に定められている場合は、樹脂サッシを取り付けることはできません。
その場合は内窓に樹脂サッシを取り付けることで、断熱効果がぐんと上がりますよ!内窓については次の項目でご説明します。
headlinesbyline columns
いちばん重要なのは「窓」の断熱なんです。
断熱の最大の弱点は、「窓」
最新の窓にするだけで、家全体の快適性アップ
simple
今ある窓枠に新しい窓をかぶせて取付ける窓カバー工法
今ある窓枠に新しい窓をかぶせて取付ける窓カバー工法で、時間や手間のかかる窓リフォームを簡単に行えます。

壁を壊すことなく、3時間から半日で断熱性の高い窓になります。
headlinesstrapline

窓カバー工事はこのような流れで行います

texts

Step.01  現地調査

事前に、リフォームする窓のサイズを計測します。

Step.02  お見積り

どのようなサッシを設置するかのお打ち合わせをし、お見積りをいたします。

Step.03  古い窓の取り外し

古い枠を残して、障子部分を取り外します。

Step.04  ジョイント枠の取り付け

残した古い枠に気密シートを貼り付けて、新しい枠とつなぐためのジョイント枠を取り付けます。

Step.05  新しい枠と障子の取り付け

新しい枠を取り付けますが、この際にアルミから樹脂にすることをオススメします(防火区域を除きます)。また、単板ガラスを複層ガラスにするとさらに断熱効果が上がります。

Step.06  額縁の取り付け

仕上げに額縁を取付け、壁との取り合いにシーリング材を充填して完成です。
texts
実際の工事自体は3時間から半日ほどで完了します。 

columns
窓のお見積もり シュミレーション
columns
窓シャッターのお見積もり シュミレーション
headlinesstrapline

内窓の設置

columns
内窓の設置 空気層で断熱
内窓をつけるということは、今あるサッシの内側にもう一つサッシを取り付けて、二重窓にするということです。
二重窓はガラスとガラスの距離が複層ガラスよりも離れているため、大きい空気の層を作り出すことができます。この層があることで、断熱、防音、さらに結露の発生を抑制するのです。

今あるサッシがアルミでも、取り付ける内窓のサッシは樹脂製なので、さらに断熱効果が高まります。
前述した【トピック:アルミと樹脂の大きな違い】にあるように、樹脂の熱伝導率はアルミの1/1000なので、寒さを室内に入れませんし、室内の温もりを外に逃がしません。
だから、いくつもの暖房器具を併用しなくても、部屋全体が暖かいのです。
columns
玄関の寒さも劇的に解消し、サーモグラフィーで見ても変化は一目瞭然
また、窓の枠の幅が狭い場合でも、幅を広く延長する目の「ふかし枠」を設置して内窓を取り付けることができます。
手前に少し出っ張ることになりますが、どんな枠でも内窓は取り付けが可能です。
headlinesbyline texts
部屋の温度が快適でない、エアコンをつけても寒いまま、暑いままの断熱性能の低いお住まいでは、健康に大きな影響が出てきます。毎年、春になるまで!夏が終わるまで!と我慢していては、「健康リスク」が高いままです。

最近の新築住宅では、最初から樹脂サッシや複層ガラスが設置され、壁の中の断熱材も厚みがあるので断熱性能を高めていますが、築年数が古いお住まいでは耐熱性能が低く、暑くて寒い家が多いのが現状です。
部屋と廊下、浴室などの温度差があるために起こる「ヒートショック」や、猛暑の夏に多発する「室内での熱中症」だけでなく、日常の睡眠効率の低下や様々な発病リスクがあるとも言われています。

健康生活を送るためにも、家の中で最も熱の出入りが多い窓の見直しをしてみてくださいね!

headlinesbyline simple
今ある窓の内側に断熱性の高い樹脂窓を新たに取付けて二重窓にします
今ある窓の内側に断熱性の高い樹脂窓を新たに取付けて二重窓にします。外の寒さや暑さを防ぎ、室内の快適な温度を外に伝えません。

また、防音性も高くなるので、騒音対策にもぴったりです。結露もしっかり抑えます。
headlinesstrapline

ガラス交換

texts
台風による飛来物など何かしらの原因で窓ガラスが割れてしまった場合は、早急に新しいガラスに交換しなければなりません。
こうのように割れたから替えるのではなく、断熱効果を上げる目的や防犯性能を上げる目的でガラスを替える場合もあります。

ガラスには単板ガラスと複層ガラスがあります。単板ガラスは一般的な「1枚もの」のガラスですが、複層ガラスは2~3枚のガラスを隙間をあけて重ね、一つの障子にセットされたものです。窓ガラスに中間層があるだけで断熱性は上がりますが、その中間層に熱を伝えにくい性質を持つアルゴンガスを封入することで、さらに断熱性を高めたものもあります。

simple
単板ガラスと複層ガラス
ただし、断熱効果は高くなりますが、防音効果は内窓に比べるとそこまで上がりません。
ガラスとガラスの幅が狭すぎるので、反響がそのままガラスを通過してしまうのです。

断熱だけでなく、防音もしっかりさせたい!という場合は、内窓の設置をご検討くださいね。
headlinesstrapline

窓の新設

columns
ダイニング・キッチンの窓

窓のない場所に、新しく窓をつけて光や風を取り込むリフォームもあります。
風通しだけを目的とした小窓や、室内の明るさを求めた中規模の窓や天窓などありますが、どのような機能を持った窓を取り付けるかや、ご近所との関わりなども考えなければなりません。

また、「ここに取り付けたい」と思っても、窓を設置できない箇所(壁の中で耐震用の筋交いが入っている箇所)もあるので、希望通りにいかないこともあります。お気軽にご相談ください!

columns
窓のお見積もり シュミレーション
columns
窓シャッターのお見積もり シュミレーション
headlinesheadline

施工事例

headlinesheadline

お客様の声

simple
10

「マドリモ」で簡単に窓リフォーム

リビングの窓が開け閉めの際に、いつもガタガタと引っかかる感じがして異音がしていました。
エアコンの効きも悪く、冬はヒヤッとするし夏はモワッとするので窓の近くには誰も近寄りませんでした。
窓も閉まるし、鍵もかかるので、まぁいいかと我慢して使っていましたが、何気なくインターネットで検索したところ、簡単に窓リフォームができる「マドリモ」を知り、井上昇商店さんにご相談しました。
工事は思ったよりも早く、午前9時に始まった工事がほとんど午前中で終わってしまいました。我慢しないでもっと早く窓リフォームすればよかったです。

simple
053

浴室の窓を樹脂サッシと複層ガラスに

若い頃は平気でなんとも思わなかったのですが、歳をとるにつれて冬場の浴室と脱衣所がとても寒く感じるようになりました。
夜、暖房の入っている部屋から冷え切った浴室に行くことが苦痛で仕方がなく、ヒートショックの心配もしていました。
友人から、窓を替えるとずいぶん変わるという話を聞き、思い切って浴室の窓をリフォームすることにしたのです。
古いアルミサッシを樹脂窓に替え、一枚だったガラスも二重のガラスにしてもらいました。
そのお陰で外のように寒かった浴室がずいぶん暖かくなりました。

simple
04

防音対策の内窓が予想以上の効果に

家のすぐそばに大きい道路が通っているので、夜中でも大型のトラックが何台も行き来しています。
そこで騒音対策のために二重窓にしようと内窓を取り付けてもらいました。
夜、窓を閉めるとびっくり!とても静かで驚きましたが、それだけでなく、普段通りにエアコンをつけると効きすぎるようになったので、温度の設定を弱めました。しかも毎朝結露でびっしょりだったのがスッキリしたのです。
内窓を取り付けただけでこんなにたくさんの効果が出るとは思いませんでした。

texts
 
headlinesheadline

窓リフォームは井上昇商店にご相談ください!

texts
昭和11年に大阪吹田で木製建具業を創業した井上昇商店は、玄関や窓を中心とした住宅関連施工のプロとして85年以上の歴史を持っています。「窓工事」や「窓リフォーム」の専門家としての実績、圧倒的な施工件数、歴史の長さに裏打ちされた信頼があります。

また、これまで積み重ねてきた経験から、どのようなご相談にも対応することができます。
「これは無理かな?」と思うリフォーム内容でも、一度ご相談くださいませ。
columns
窓・ドアの修理・4交換など 住まいのお悩みはお気軽にご相談ください