スタッフブログ

P1020812
先日現場調査に行ってきた建具が出来上がったので、取り付けに行ってきました。
現場はクロスなどが仕上がって美装もきれいに出来てました。
道具と建具を運び込む前に床に養生マットを敷きます。
P1020814
最初にフロアレールを床にビス止めし、脱線防止の為戸当たりゴムを固定します。
上部にはガイド用のⅬ型金具を3本ビス止めです。
下部のレールの中心に来るように平行ガイドを当てながら慎重にビス止めします。
P1020815
上部のガイドレールはくぼみにビス止めするので,
周辺のクロスに傷をつけないように慎重に作業を進めていきます。特にアルミの角がクロスにあたるところは、養生シートを当ててビス止めしていきます。
P1020816
この写真の部分は特に傷をつけやす場所です。慎重に作業します。
P1020817
引き違い戸の取り付けが完成しました。
建付け調整をして、走行テストを繰り返し完成です。
今回製作しました引き違い戸も表面材は、メラミン化粧板です。メラミン化粧板は、樹脂板ですが、比較的に硬くて薬品類にも強い素材です。なので、キッチンの油汚れがついても家庭用の洗剤程度ならお手入れしやすいです。アルコールも大丈夫のようです。(目立ちにくい部分でテストが必要です。)
ただし、キッチンのスポンジの柔らかい部分のみでお願いいたします。茶色の硬いスポンジや研磨剤は厳禁です。
6df124b52a859e5844551f38dd00a81111
DSC_16611
淀川区にある工場の玄関を取り替えてまいりました。
取り替えた場所は3階で住居になっている所でした。
玄関はかなり傷んでおりましたので、手早く取り替えていきましょう。

取付け場所は3階で外階段を上がってすぐの所です。
建物の周りは工場街になっており、トラックが多く通る場所でした。
手早く元の玄関を外し、新しい玄関を取付けていきます。
玄関の傾きなどを調整するため、綿密に打ち合わせをしていきます。
少しのことで仕上がりが大きく変わりますのでしっかりと打ち合わせていきます。
DSC_1662
今回は施工方法は元の玄関枠に新しい玄関枠を取付ける枠を取付けるカバー工法になります。
最初にしっかりと傾きなどを補整して、新しい枠を取付けます。
早ければお昼には新しい玄関扉を吊りこむ所まで進めることも可能です。
DSC_1663
新しい玄関は親子扉に欄間付きの玄関になります。
写真はプラチナステン色になります。
親子扉は普段使いでは親扉だけを開閉し、荷物などを入れる場合に子扉を開放することで運び込みやすくなる玄関です。
今回の玄関は普通の鍵のみの玄関になりますが、電子ロック式の玄関扉を取付けることも可能です。
DSC_1666
仕上げに玄関枠の周りにコーキングを打ちます。
コーキングを打つことで玄関の隙間を埋め、密閉性を上げます。
玄関自体の強度も増しますので必ず打つものになります。
固まるのに半日から1日かかりますので、その間はお手を触れない様にお願いします。
DSC_16701
玄関のカバー施工は終了となります。
朝から初めまして、夕方に終了しましたので1日仕事となりました。
おおよそ1日で玄関の取替工事は終わりますので、ご興味がおありでしたら
是非、よろしくお願いします。
parts_114
DSC_4630
本日ご紹介するのは、先日お伺いしたスチール製窓のお取替えの現場です。

お客様から「スチール製の窓をアルミサッシに取り替えて欲しい。ガラスも断熱性の良いものにしたい。」とご要望を頂きました。

現状の窓はスチール製の為、錆が出ていて見た目が良くないのと、気密性も良くないので少しでも断熱性の良い物にしたいとの事でした。
parts_123
parts_116
DSC_4801
今回オススメさせて頂いたのは、アルミサッシへのカバー工事です。

既存のスチール製の窓の枠を撤去せずに、スチール製の枠の中にアルミサッシをお取付けすることで、リーズナブルに窓のお取替えが出来ます

ガラスは断熱性の上がる複層ガラスをご採用頂きました!
DSC_4795
こちらは、施工中の写真になります。

まずはスチール製の窓の障子(窓の開け閉めする部分です)を取り外します。

スチール製の窓は、長年の錆と塗装で固着して外すのがかなり大変な場合がります

障子部分が取り外し出来たら、アルミサッシを取り付ける為の下地材を取り付けます。
DSC_4797
下地が取付出来たら、アルミサッシの枠を取り付けていきます。

この時、窓の枠が歪まないように水平、垂直を確認しながらしっかりと取り付けていきます
DSC_4799
枠の取付が出来たら、枠周りをコーキングしていきます。

コーキングすることで雨の侵入を防いでいます。
DSC_4802
最後に障子建て込んで、調整したら完成です!

アルミサッシに替えた事で、開け閉めもスムーズになり気密性も良くなりました!

窓のお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
DSC_1678
茨木市のマンションに内窓を取付けてまいりました。

最近めっきり寒くなってきました。

寒さ対策のために内窓を取付ける方も増えてまいりまして、今回の依頼主様も寒さ対策のために内窓を取付けることにしたそうです。

冬で一番寒くなる場所は窓周りになります。

窓から冷気が伝わってそこからお部屋全体が寒くなってくるのです。

それを防ぐために効果的な物が内窓になります。

今回は2カ所に内窓を取付けさせて頂きました。
DSC_16801
今回取付ける製品はYKK AP様の「簡単マドリモ 内窓liteU」となります。

特徴としましては内窓の奥行が40mmと小さいことです。

YKK様の内窓には「プラマードU」と言う製品もございます。

そちらもお勧めの商品です。
DSC_1683
LiteUは手軽に取付けることができることも製品の特長となります。

YKK様のHPでは60分で施工可能となっております。

ですが、取り付ける場所に問題がない場合となりますので、その点はご了承ください。

詳しい製品の特長はHPに詳しく載っていますのでそちらをご参照ください。
DSC_1684
内窓を取付けますと遮音性も上がりますので、大きな幹線道路沿いに住む方や、家の外が騒がしい方にもお勧めです。

取付けてみますと驚くほどの遮音性を発揮してくれますのでお試しをして頂きたいです。
DSC_1698
今回は1か所の窓枠がかなり歪んでおりましたので、そこに時間をかけさせて頂きました。

しっかり取付けませんと内窓の性能が発揮できません。

このような場合もございますので施工時間は目安となりますのでご了承ください。

しかし、しっかりと取付けましたので防寒はバッチリです。

もし、ご興味があありでしたら詳しく製品のご説明をさせていただきますので、当社へのご連絡をよろしくお願いします。
DSC_0321-2-e1608879647229
新しくオープンする動物病院の建具取り付けに同行してきました。
トイレドアには、レバーハンドルと表示機能と明かりとりがついています
70d4e25c7aabceffe9704a266571ecf6
建具の表面材には、キズに強いメラミン化粧板という素材を使用しています。動物が出入りする際に爪などでキズがつかないように硬い素材を使用しました丸いガラスが入っているように見えますが、実際は赤線で描いた四角いガラスが建具の上から入っています。落とし込みといってガラスなど板状の材料を上方から落とし込んで納める方法だそうですガラスはペアガラスを使用し、ドアの内部にはグラスウールを重鎮しており簡易の防音ドアになっています
DSC_0319-2-e1608879666838
待合室から診察室に出入りする引戸は、上吊りのソフトクローズ機能がついています。弓型の窓はあまり見かけないデザインでとてもオシャレに仕上がっていますこのガラスも建具の上から落とし込んでいます
DSC_0320-2-e1608879686538
診察室からレントゲン室へ出入りする扉も、ソフトクローズ機能がついた引戸になっていますこちらの引戸は、丸型のデザインになっています
P1020778
レントゲン室の建具には、鉛のプレートが入っています。鉛が入っているのでかなりの重量になっていますレントゲン室のお部屋の壁のなかには建具と同じ様に鉛が入っているそうです
P1020776
この建具のみ中重量用の丁番を使用し、取り付けています短時間の同行でしたが、出来上がっていく過程を間近で見ることができてとても楽しかったです
機会があればまた同行したいと思います

e0660a1c8042d300ca7c2625877e8385
既存の勝手口に付いているアルミ框ドア上下型板4㎜硝子入りタイプです。①ドアを閉めたまま換気の出来る商品にしてほしい。②キッチンの中に冷気が入ってくるので断熱も兼ね備えた商品が良いとのご要望でした。今回、YKKAP製かんたんドアリモ断熱仕様通風タイプをご提案し、ご契約の運びとなりました。
c8e3dc1499a1185c356127c4666dabb1-e1608803509234
施工中①既存のアルミ框ドア枠の丁番ビスを外し、ドア本体を取り外します。
27536cf146145ba456139e5e80431914-e1608803546437
施工中②取り外したドア本体です。
e90f7dc4ef2aac7e0f653c993bb2fc4b-e1608803592402
施工中③事前に採寸しオーダーした商品を既存のドア枠内にはめ込みます。レーザー墨出し墨出しを使用し平行、垂直を計測し真っ直ぐに設置し、上下左右にしっかりと電動ドライバーを使用しビス止めしていきます。


821cb812bd8bdc13ea08fceb4022f1c7-e1608803625505
施工中④枠の固定が完了しましたら、既存枠と新設の間の隙間にパッキンを挟みます。
5e6c4e2aabf5649b66c1579bde0d12bf-e1608803659658
施工中⑤その後、パッキンの上から雨水と風の進入を防ぐ為のコーキング処理を上下左右共していきます。写真はコーキング材を充填した後、ヘラで抑え込んでいます。
3c9793eb221d9010b01f2479e903ad27-e1608803699157
施工中⑥新設枠の廻りに既存枠を覆う様に、新しいアルミ額縁を設置します。ドア本体を吊り込み、開閉確認、錠の施錠調整をして完成となります。
7cd7865d1a59a58221def26e2b51b6c5-e1608803746721
施工後 室内からの写真です。ご希望通り、ドアを閉めたまま硝子面が上下スライドし風を通すことが出来、ドアの外側はアルミ、内側は樹脂の断熱複合商品を取付させて頂きました。
DSC_4874
本日ご紹介するのは、先日お伺いした大きなガラスの割れ替え工事です。

お客様から「アルミサッシのガラスが割れてしまったので、取り換えて欲しい。」とご要望を頂きました。

まずはサッシの障子(窓の動く部分の事です)を枠から取り外します。

大きな窓でしたので、職人が二人掛かりで取り外しました
DSC_4878
外した障子からガラスを外すために、窓を分解していきます。

今回の窓はガラスがパテで固定されていた為、分解するのにもかなり時間がかかるかと思いましたが、運が良いことにスムーズに分解できました
DSC_4879
こちらは分解した窓フレームですが、ガラスの溝に残っているのがパテです。

これを新しいガラスを入れる為に撤去しなければいけません
DSC_4883
ハツリ機という電動の機械でパテを撤去していきます。

機械を使わずに撤去するのは、かなりの時間と労力を要します
DSC_4888
ガラス溝のパテがすべて撤去出来たら、新しいガラスを組み込みます。

大きなガラスですので、トラックから窓まで移動するだけでも大変です
DSC_4894
無事組み込めたら、障子をレールに戻します。

窓ガラス仮固定のままですので、割れないように慎重に障子を建て込みます!
DSC_4897
最後にガラスをコーキング材で固定すれば完成です

昔の窓ではパテでガラスを固定している物もありましたが、現在ではビートと呼ばれるゴムかコーキング材のどちらかでガラスを固定しています。
DSC_4891
新品のガラスは綺麗で気持ちがいいですね

ガラスのお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!
P1020884
今回のご依頼は、食器棚の家具の扉のガラスが割れたので、
ガラスの割れ替えをしてほしいとのことでした。
当社に持ち込みされました。
P1020888
扉のガラスを調べると、3mmの透明ガラスに四方面取り加工をしたガラスです。
3mmのガラスに面取り加工がしてあるので、周囲は非常に薄く1.4mm程度になってますので、割れやすいです

P1020887
ガラス押えを外し、再製作するガラスの寸法を調べていきます。割れたガラスと残っているガラスを調べていくとようやく新しく製作するガラスの寸法が出ました。
割れたガラスも持ち込んでくださると助かります。

P1020885
お話をお聞きすると、元々丁番の調子が悪くなり、開閉しにくくなってきたので、扉を外して床に置いてたそうで、その扉のガラス部分をうっかり踏んで割ってしまったとのことです。
P1020886
写真は持ち込んでいただいた扉についてた家具用の丁番です。かなり痛みが激しく、特に吊元の座金が風化したような状態でした。
このタイプの丁番は現在入手しにくい海外メーカーの物です。
国内の家具用の丁番のカタログをいろいろ調べなくてはなりません。
スライド丁番にはキャビネット側に扉がどれだけ被るかが重要になります。それによって丁番の型番が決まってくるからです。
いろいろカタログを調べた結果、国産メーカーに近似タイプの丁番が見つかりました。


6df124b52a859e5844551f38dd00a81116
1606791202539
某病院のトイレドアのレバーハンドル錠が壊れた為、取替えてほしいとご依頼を頂きました。扉にシールや刻印などはなく、レバーハンドル錠のフロント部分にPanasonicの刻印があるのみでした。1Fの扉のハンドルは取れて使用できなくなっているということで早急に寸法や写真をメーカー様へ送り製品の特定をして頂きました
e0e2fe7131854ff0b01b467c811817b2
セット販売はなく、単品販売のみということで、ハンドル・化粧座・ラッチケースを手配しました
08389932493e56b05f6950224502fb97
レバーハンドル錠の取替方法についてご紹介します難しい作業ではないので、マイナスドライバーとプラスドライバーがあればご自分で取り替えることも可能です
①ハンドルを手と腰で押さえつけて、レバーハンドルが落ちないようにしてハンドルの取付ねじを外して、レバーハンドルを引き抜きます。
4f8b9532c08edbfa5d7a9923b41d8f43
②(化粧座に取付ねじがある場合)
化粧座取付ねじを外し、化粧座を外す。
※反対側の化粧座を押さえながらネジを外してください。
  (化粧座に取付ねじがない場合)
化粧座カバーの下側のくぼみにマイナスドライバーを差し込んでひねるようにカバーを外して取付ねじと化粧座を外します。
9fbe6e29ae2cdf2bf8205d94aa33a71b
③ラッチ部はドアの開き勝手によって向きが違うので、付いていた向きが分かるように写真などを撮っておくと、取付けるときに便利ですね古いラッチプレートとラッチケースを取出し交換します。
※ラッチケースには上下もあるので注意しましょう。
上下があっていれば取り付けた時に加工穴から向こう側が遮られずに見えます
78fc47b3410dd5ec8066a11e19c571cf
④交換用のハンドル台座、レバーハンドルを取り外した順番の逆の手順で取り付けます。
化粧座カバーはくぼみのある側が下になります。ハンドルの向きを確認し、両側で抑え込んでレバーハンドルと台座にほとんど隙間がないことを確認して、確実に取り付けます。
最後にハンドルのガタつきがないか、表示錠が正しく作動するかなどを確認して取替終了です
ハンドルが壊れてなくなっていたトイレドアに新しいハンドルがつきましたこれで1Fの御手洗いもご利用いただけます

583623115015fffa1cc721c13293997d2
寒い季節になりました。今年の冬は、暖かい冬ですが
暖かさに慣れすぎ一気に気温が下がると体がついていかないような気がします。

家の窓からの寒さを防ぐのに適した物は、内窓が一押しのオススメです。

内窓は、樹脂製で出来ています。
硝子を何にするかで、効果が違ってきます。
内窓の硝子によく使われる硝子は、4種類ほどあります。
①1枚硝子(単板)
②ペアガラス
③Low-E ペアガラス
④真空ガラス
などをよく使います。

断熱を重視するのであれば、ペアガラスがお勧めです。

断熱と防音も重視したい方は、真空ガラスが両方に高い効果をもたらせます。
95de07042a9d4f0c6868a483d8318f361
内窓は、家の中での作業です。マンションでも専有部分になります。家の中のインテリアに合わせて 内窓の色を決めて頂ければよいと思います。

こちらのお客様は、和室に内窓を取付られました。

406ad2f7d2e57ad2d21da45a71f354f91
ふかし枠の内窓の取付後の写真です。
この写真は、和室に内窓を取り付けた施工後の写真です。
和室なので、選ばれた色は 木目に似た色でした。

ふかし枠とは、窓枠より枠が少し前に出ますので、少し出っ張った感じになります。
d7a2b24832d88b3398d1c66884000f56
外窓もし傷んで調子が悪い場合は、外窓ごと交換という方法もあります。硝子を単板(1枚)硝子からペアガラス仕様へ取替て硝子からの寒さをシャットダウンしましょう!


窓に雨戸やシャッターが無いのであれば、防犯面でも安心です。窓硝子だけなら、ダイレクトに風が当たり家の中と外との温度差が大きいです。温度差が大きいと結露の原因にもなります。寒いと暖房をつけますし、コロナ禍ですから加湿器を購入された方も多いのでは?私も、加湿器を購入し付けています。水分が部屋の中に多くなるのは承知の上です。
e447484b364cf22ba4543f119bca64c2
かんたんマドリモのシリーズでシャッターや雨戸のリフォーム取替も簡単綺麗にできます。

雨戸やシャッターを取り付けて外の冷たい風を家の中に入れない。と家の中からも窓硝子からの寒さを防ぐ内窓と取り付けるとかなりの窓からの寒さは違うと思います。

家のリフォームも壁を壊す大がかりな物でなくて、昔の古い窓を新しくカバー工事する工事から初めるのがオススメです。最近の窓は気密性も大変よくなっています。

ご興味のある方は、お問合せお待ちしております♪





6df124b52a859e5844551f38dd00a81117
左の施工事例の写真をクリックして下ださい。
過去の当社の施工事例をご覧いただけます。

どうぞご参考になさって下さいませ。
saved_file1608097798766-e1608526525554
吹田市にある賃貸マンションのオーナー様よりお問い合わせがありました。
マンションの塗装中 パイプスペース鉄扉についてる鍵がさび付いていて動きません。
今は、マイナスドライバーでなんとかこじ開けている状態で、この扉もペンキを塗りますのでキズ付けたくありません!
鍵を交換してください。というお問合せでした。
saved_file1608097792358-e1608525829179
現在取り付けてあるのが、刻印にタキゲンとありました。タキゲンはメーカー名です。平面ハンドルの鍵無しで探します。
品番も刻印されていました。
押しボタン付き A-160-3 鍵無しなので2 です。
badb0d767573a462cf24af549e8a67dc
10年に1度くらいで、ペンキ塗りをする所が多いですね。
鉄の扉は、ペンキを塗り錆をガードします。
錆びてからペンキを塗るより 未然に防ぐのが長もちの秘訣です。
IMG_0505-e1608526705813
タキゲンさんは、平面ハンドルなどはたくさんの種類を用意されています。刻印が打ってありましたので同じ物を探すのは簡単でした。

入荷したら、すぐに交換に伺います。
ペンキ塗るのを待っておられます。
IMG_05144
鉄扉の裏側に、メーカー名や品番が書いてある場合は、控えます。そして写真も撮ります。全体が写る写真・品番など
出来れば部品のサイズ・扉の厚み等

分かる情報は、なんでも控えておきます。
IMG_05111
鉄扉裏側の棒がハンドルの開け閉めすると動きます。
その部分は壊れてませんので、再利用いたします。


IMG_05102
3階の階段横の鉄扉の平面ハンドルの交換をいたしました。
メーカーは、タキゲンの鍵無しの押しボタン付きです。
ペンキの錆止め・下地はもう塗れてました。
何とか、早く部品が入荷して取替出来て良かったです。
IMG_0512
今回は、両開の鉄扉 平面ハンドルは、主によく使う側のみ交換いたしました。
d76556ac3023202faa5f2202a18e5045
同じビルの別の場所です。1年前に、ポンプ室の扉をメンテさせて頂きましたがやはり調子が悪く 新しく取替えたいとの事です。

鉄の扉で、ポンプ室 湿気の溜まりやすい環境です 錆びも回りやすくなります。底は抜けているのでしょう。叩くと錆がごそっと出てきました。

ペンキを塗って、鉄扉はメンテが必要です。
錆びるのです。 塗装は、こまめに塗るのが理想ですね。

こちらの扉交換の見積も依頼を受けました
6df124b52a859e5844551f38dd00a8111
左の施工事例の写真をクリックしてください。当社の過去のがご覧いただけますのでどうぞご参考になさってくださいませ。
IMG_0513
吹田市のお客様から天井修理のご相談をいただきました。天井裏にネコが入っていたようで、ある日ドスンという音がして廊下を見たらネコが2匹居てたそうです。
IMG_05121-e1609145560904
天井を見上げると大きな穴が開いていたとのこと。どうやら弱っていた天井板にネコが乗って落ちて穴を開けたそうです。
IMG_0515
また、ネコが入らないように天井の修理と瓦屋根の軒先にある隙間を埋めて欲しいとのことでした。
IMG_07051-e1609145621198
天井は下地の材木を取り付けた後、厚さ6mmのケイカル板で塞ぎ修理
IMG_0707
屋根の庇の隙間は、スチールネットで塞ぎました。
IMG_0712
少しでも隙間があると、ネコやイタチが天井裏に入ることはよくあります。天井裏に小動物が入っていそうだったら、早めに対処して小動物を外に出してから隙間は埋めて小動物などが入らないように修理することをお勧めいたします。
P10208261
今回の現地調査の収納は、今年最大級の引き違い戸で、8枚引き違いの建具を製作致します。
ここもアイランド型のキッチンの背面収納になります。
現地にお伺いすると7Mを超える壁面に全面収納の壁が出来てました。
P1020827
まずは、左の方から採寸していきます。間仕切り壁の厚みと内側の寸法を3ヶ所ずつ丁寧に採寸していきます。
中央の窓は下にカウンターがあり、家事コーナーになるのでしょう。
P1020828
向かって右側の間仕切壁も丁寧に採寸していきます。
一番右側は冷蔵庫がすっぽり収納できるようになってます。
P1020829
上部の幕板の内側に扉が付きます。
建具の枚数がどのように納まっていくのか、造作の平面図を見ながら確認と採寸を繰り返していきます。
中央の間仕切壁の中心から左右に4枚建ての引違い戸をつけます。
下部のフロアレールもこの中央で分割することになりそうです。フロアレールの最長長さは4Mまでになるからです。
配送的にも4Mまでが適当な長さです。
ちなみに私が乗っている社用車の新車のレジアスを与えていただいているので余裕ですが。
P1020832
巾木の状態も間仕切壁の手前で止めてあります。
最近では大工さんも建具の納まり方もよくわかってくれていますので助かります。
P1020834
最期に全体の総間口を採寸して終了です。
会社に戻って建具の割り付けと製作図面を書きます。
6df124b52a859e5844551f38dd00a811

IMG_04801
アルミ玄関引戸の取替をご依頼いただきました。
現行の玄関は、引戸です。引戸は、横へスライドさせて開け閉めします。
今回お客様は、引戸ではなくて玄関ドアにしたいとの事ですた。ドアは、押したり引いたりします。

きっと昔を知っているお客様がいらっしゃたら、雰囲気がガラッと変わてるので、びっくりされることでしょう。
IMG_0481
日本風の縦格子のデザインから、ドアになるとガラッと洋風に変身です。リフォームした!!実感がわきますね。
全く・・・違います。
ガラス面が多い分、寒かったと思いますが・・・。
IMG_0482
LIXILリシェントC84N型 アルミ仕様
採風(上げ下げ窓)になっています。
色は、落ち着いたこげ茶色です。オータムブラウンという色になります。

新しいドアは、両袖付で硝子入りです。ガラス面もありますので明るさは確保できます。硝子は合わせ硝子で防犯面・割れても硝子が飛び散らず安心です。
IMG_0483
完成写真がこちらです。
全くイメージが違いますね。素敵に変身しました。お玄関は家の顔ですから一番変化してインパクトがありすね。

網戸が玄関に組み込まれていますので、鍵を閉めがら空気の入れ替えも出来ます。

夏は、風を取り入る事げ出来ますので快適な暮らしになる事でしょう!
IMG_04841
ついつい、家の見た目を説明する時に格子戸の玄関です!と慣れで答えてしまいそうでね

今でいう、写真映えがするですね。

引戸からドアへは、頻繁にある工事でもないので、職人さんの撮った写真を見るのが私もいつも楽しみにしています。

ホントに、映えますね
6df124b52a859e5844551f38dd00a8111
左の施工事例の写真をクリックしてください。
過去の当社の施工事例がご覧いただけますので、どうぞご参考になさってくださいませ。
P1020883-e1608091252512
今回のご依頼は、事務所の移転に伴い、事務所の内装を仕上げた物件で、室内のトイレの木製建具が古いままなので、新しいドアに交換してほしいとのことで、お問い合わせいただき、現地調査にお伺いしてきました。
写真のとおりかなり古くて汚れたドアがついておりました。
周辺のクロスや床のCF材が新しくなってますので、古さが際立ってました。下部の黄色く見えるパネルは通気のガラリです。
P1020879
早速現地のドア枠の寸法を採寸していきます。
ドアの枠の内側の寸法と現状のドアの厚みを調べます。
それから開口枠のストライク部の位置とサイズを細かく採寸していきます。
新しく作るドアのレバーハンドルのラッチ部が枠のストライクにぴったり合うようにするためです。
P1020880
写真は既設のドアについている、フロントプレートとラッチです。前後に出入りする部分がラッチといいます。
この部分も細かく測ります。MIWAと刻印が見えます。
フロントプレートが中心でないのも気になります。
採寸した個所を原寸の図面を書いて微妙なずれを検討してみたいと思います。


P1020882
現状のレバーハンドルは少し特殊な形状をしてます。
会社に戻り、カタログを確認してみます。
MIWAのⅬⅬシリーズでした。
でっぱりが少ないので狭い廊下などに使用するタイプでした。
今回新調するのは、事務所側が広いので、使いやすい通常のレバーハンドルにします。
6df124b52a859e5844551f38dd00a811