宝塚市で戸建住宅の玄関を取り替えてまいりました。

takaraduka
宝塚市で戸建住宅の玄関を取り替えてまいりました。

ご依頼主様は玄関周りを補修するついでに玄関を取り替えることにしたそうです。

玄関は木枠に下枠部分が石材の玄関になっておりました。

おそらく一度玄関は取り替えておられたのでしょう。

まだまだ、綺麗な玄関が付いておりました。

木枠の右下部分が腐ってしまっていてこれらの部分を補修されるのでしょう。

takaraduka
今回はYKK製のドアリモ玄関を取付けてさせて頂きました。

電気錠付の玄関ドアになっておりまして、ポケットキーやカードキーでドアの施錠ができる仕様の物をご選び頂きました。

木枠を除いた玄関枠を取り外していきます。

本来の玄関枠は下枠がついておりますが、今回は下枠を取り外した三方枠で施工していきます。
玄関ドア
新しい玄関枠が取り付けられました。

三方枠ですので下枠がないのがわかります。

大理石の段差でドアを締め切るのですが、敷居ゴムを張り付けまして隙間がなくなる様にします。
takaraduka
額縁を取付けて隙間をコーキングで埋めましたら施工は作業は終了となります。

今回は電気錠付きですのでキーの登録が必要となります。

登録をしておきますと、ポケットキーのボタンを押すだけで鍵の開け閉めができる様になります。

カードキーでしたらセンサー部分にかざすだけで錠の開け閉めができます。
takaraduka
電気錠の注意としては電池式の錠であれば電池の取替が必要になります。

ポケットキーも電池で稼働していますので、電池の取替が必要です。

正しく使うことが出来ればとても便利な玄関となります。

もし、玄関を取り替えることがあるのでしたら電気錠付きの玄関を
ご検討するのはいかがでしょうか。