守口市 内窓を取付けてまいりました。

motiguti
守口市のマンションの一室に内窓を取付けて参りました。

ご依頼主様はお家をリフォームをしたそうで既に付いている紙張り障子を撤去しまして、新しく内窓を取付けたいとのこと
でした。

写真は今回の内窓設置場所になります。

綺麗な紙張り障子が取付けられています。

元々は和室だったのでしょうか。

今は床は畳ではなく、フローリングでした。

少々外してしまうのはもったいなく感じてしまいますが、内窓も素晴らしい物ですので手早く取り替えましょう。
moriguti
障子を外しますと、障子が走っていた溝が残ります。

まずは埋め木を使いまして、溝を埋めてしまいます。

溝を埋めてしまいませんと、内窓の枠をしっかりと固定することができません。

moriguti
今回は二枚建の内窓を連結して取付けるために、真ん中に方立を取付けます。

方立は写真中央のアルミ材のことです。

窓枠を支えることにも使いますし、異なる窓を連窓する場合に使用します。

今回は外窓に方立が使われていることもあり、使用することになりました。

moriguti
方立を取付け、障子枠の溝を埋めた写真になります。

木材でしっかりと溝が埋められていることがわかると思います。

内窓枠の取付け場所がしっかりと水平になり、取付けやすくなっています。
moriguti
内窓の取付け完了となります。

窓のガラスも今回は格子ガラスになっておりますので、
まるで紙張り障子に見えますね。

和風の良さを残しつつ、部屋の断熱や遮熱性能が上がります。

今回のように和室にも違和感のない内窓はございますので、
和室に内窓を取付けることもご検討されてはいかがでしょうか