大阪市平野区の戸建住宅で腰窓カバー工事をしてまいりました。

hirano
平野区の戸建住宅で腰窓のカバー工事をしてまいりました。

現場は2階の一室でリフォーム中のお部屋でした。

窓サッシが古くなっていたので、取り替えてしまうことにしたそうです。

お部屋はリフォーム中ですので家具などがなく、大きくスペースをとって施工ができますのでとてもやりやすいものでした。
hirano
今回は2つの腰窓をカバー工法で施工させていただきました。

カバー工法とは今ある窓枠の上から新しい窓枠を取付ける工法のことです。

元の窓枠を取って新しい窓枠を取付ける方法もありますが、元の窓枠を撤去する時間がかかります。

そして、壁なども手を加える必要が出てきてしまいます。
hirano
カバー工法ならばそのような作業が省かれるので早く施工することができます。

ただ、カバー工法は今ある窓よりも小さくなってしまいます。

また、元の窓枠に歪みなどがありますとそれを補整するための綿密な採寸やそれを正すための取付けに時間がかかる場合がございます。
hirano
カバー工法は仕上がりも綺麗にできますのでお勧めの工法となります。

今回は二つの腰窓を朝から夕方にかけて取付けさせて頂きました。

施工場所や条件によって時間は変動しますが、大多数は一日で施工を終えることができます。
hirano
カバー工法は綿密な準備と確かな技術力が必要な施工方法になります。

弊社では営業による綿密な採寸と確かな技術力がある職人がおりますので
ご安心してご相談をお願いします。