明石市 洗面脱衣室コーナーに収納用扉を製作。取り付けしてきました。

脱衣室収納1
洗面脱衣室の収納スペースに両開きの扉を製作しました。
現地の状態を見ますと右の壁の内側に付けるようです。
下部にはソフト巾木がすでに張り付いてますので、巾木の部分の内法寸法で扉を作りました。
今回も家具用のインセットタイプのスライド丁番がいいと思い用意しました。
脱衣室収納2
写真の左がスライド丁番のインセットタイプです。
インセットのスライド丁番は側板の内側に扉が収まるようにするときに使います。
スライド丁番には大きく3種類の納まり方があります。
側板に扉が被せるタイプに19mmと9mmがあり、今回のように側板の内側に納めるときはインセット丁番を使います。

脱衣室収納3
今回の扉も取手やつまみを付けずに、扉の開閉が出来るようにするため、マグネットキャッチのプッシュラッチ式です。
今回のプッシュラッチは大型のもので飛出しが約40mm出ます。
脱衣室収納3
扉の取り付けです。インセットのスライド丁番はバネの無いものを使います。

脱衣室収納5
扉の取り付け完了しました。
下部のソフト巾木がある分左右の隙間が大きくなりましたが、調整ビスで何とかいい感じの隙間になりました。
開閉を何度も繰り返し終了とします。
反省点は造作の天板が飛出しが大きく、扉の横から手をかけるように納まってます。
監督さんには今後の課題としてこのことをお伝えし。
天板の改良をお願いしました。


施工事例