京都 サッシが古くなり、開け閉めしづらいので取り替えたい!

before
引き違い窓 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いした窓のカバー工事の現場です。

お客様から「窓が古くなって、開け閉めしにくいので替えて欲しい。」とご要望を頂きました。

現状は、年代物のサッシが付いていて動きも良くありませんでした…
arrow_right
after
引き違い窓 施工後
今回オススメさせて頂いたのは、窓のカバー工事です。

窓をお取替えする場合、従来であれば外壁を切って窓を取り外してから、新しい窓取り付けていました。

この方法だと、外壁や内部の仕上げが窓の工事とは別に必要になります。

しかし今回オススメさせて頂いたカバー工事だと、既存の窓枠は残したまま新しい窓にお取替えできるので、外壁や内装の工事が必要ありません!

その分価格もリーズナブルに窓のお取替えが出来ます
引き違い窓 施工中1
こちらはカバー工事の施工中の写真になります。

まず、既存の窓の障子(窓の動く部分の事)を取り外して、新しい窓を取り付ける為の下地を取り付けていきます。
引き違い窓 施工中2
下地が取付出来たら、新しい窓の枠を取り付けていきます。

この時、新しい窓の枠が水平、垂直になるように計測しながら取り付けていきます

これを怠るとせっかくの新しい窓に早期に不具合がでる可能性があります
引き違い窓 施工中4
最後に枠周りをコーキング処理します。

内部、外部共にコーキング処理をして雨の侵入を防ぎます!
カバー工事 施工後2
障子を建て込んだら完成です。

今回はお家のイメージを変える為に、シルバーからブラックにお客様が変更されました。

ガラス1枚ガラスから複層ガラスになりましたので、既存のサッシより気密性、断熱性共に向上しています

窓のお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!