神戸市 マンションの掃き出し窓がきっちり閉まらないので取り換えて欲しい!カバー工事

parts_114
掃き出し窓 カバー工事 施工前
本日ご紹介するのは、先日お伺いした掃き出し窓のカバー工事の現場です。

マンションのオーナー様から「掃き出し窓がきっちり閉まらないので、取り換えて欲しい。」とご要望を頂きました。

現状を確認すると枠に歪みが出ていて、閉めても隙間が空いてしまう状態でした
parts_123
parts_116
掃き出し窓 カバー工事 施工後
今回オススメさせて頂いたのは、掃き出し窓のカバー工事です。

カバー工事は外壁や内装を傷めずに窓のお取替えが出来る施工方法です。

外壁や内装を傷めない為、工期も短く、価格も抑えられます
掃き出し窓 カバー工事 施工中1
こちらは施工中の写真です。

既存の障子部分(窓の開け閉めする部分)を取り外して、既存の枠にアルミの下地材を取り付けていきます。
掃き出し窓 カバー工事 施工中2
下地が取付出来たら、新しい枠を取り付けていきます。

この時、新しい枠に歪みが無いようにレーザー墨出器で水平、垂直を確認しながら取り付けていきます。
掃き出し窓 カバー工事 施工中3
既存枠に歪みが出ている今回のような場合は、新しい枠を水平、垂直にするためにスペーサーで調整しながら取り付けていきます。
掃き出し窓 カバー工事 施工中4
枠の固定が終わったら、枠周りをコーキング処理していきます。コーキング処理は、内部外部ともに行います。

この処理をすることで、窓からの漏水を防ぎます。
掃き出し窓 カバー工事 施工中5
最後に内部側にアルミのカバー材を取り付けます。

このカバー材を取り付ける事で、既存のサッシは全く見えなくなり、仕上がりが良くなります

窓のお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい。お見積もり、現場調査は無料です。