吹田市の戸建住宅で内窓を取付けてまいりました。

suita
吹田市の戸建住宅に内窓を取付けてまいりました。

ご依頼主様は寒い部屋をどうにかするために内窓を取付けることにしたそうです。

内窓は部屋の防寒対策には最適ですので、早速取付けていきましょう。

今回の取付け場所は二階の和室でした。

四枚建ての掃き出し窓、四枚建ての腰窓、二枚建ての高窓が二つの計4つなります。

suita
四枚建ての腰窓とその上に二つある高窓にも内窓を取付けます。

写真では日光が入り暖かそうに見えますが、お部屋は寒いとのことでした。

外からの冷気や隙間風が入ってきているのかもしれません。
suita
何故内窓を取付けると部屋の防寒対策になるのでしょうか。

それは窓から外の冷気が伝わってくるからです。

寒い日にガラスを触ると冷たいですよね。

外の冷気で冷やされたガラスは部屋の中にもその冷気を伝えてしまっているのです。

また、窓のサッシはアルミ製がほとんどです。

アルミも冷気などをよく伝えるため、窓の周りが寒いことになるのです。
suita
内窓を取付けることでその冷気をシャットアウトすることができるのです。

内窓と外窓は間が空いていますので、外からの冷気は伝わりづらいのです。

ガラスもペアガラスなどを使われますと更に断熱効果が高まります。

サッシも樹脂製なので冷気を伝えづらい物となっているのです。
suita
内窓を取付けますと断熱効果だけではなく、遮熱・遮音効果もありますので取付けますとオールシーズン活躍します。

部屋が寒かったりすると気持ちよく過ごすことはできません。

寒かったり、外の音が気になるなどは内窓を取付けると解決するかもしれません。

少しでもご興味がおありでしたら、是非ご相談をお待ちしております。