吹田市 網戸の正しい使い方について♪

網戸
網戸を閉めているのに虫が入ってくるというお話をよく聞きます。今回は網戸の正しい使い方についてご説明していきます
網戸
窓は基本的に室外側が左に、室内側が右に閉じられるようにできています。虫が侵入しにくい使い方の例として、網戸を左側に設置した場合と、右側に設置した場合の2パターンを比較してみましょう
網戸
まずは網戸を左側に設置した場合です。
室外側の窓を半開のまま放置すると、網戸と室外側の窓の間に隙間ができてしまいますその隙間から虫が入り放題になってしまうのですまた、室外側の窓を全開にして半開のまま放置しなかったとしても、開閉時にできる隙間から虫が少しずつ侵入してくる可能性もあります
網戸
網戸を右側に設置した場合はどうでしょう❔
網戸と窓の間に隙間はなく、虫の侵入をシャットアウトしてくれていますね図のように確実に虫の侵入をシャットアウトしたいのであれば、網戸を右側に固定し、室内側の窓のみを開閉するのが最善策だといえそうですね窓の開閉量で換気を調節したい場合は、必ず室内側の窓で行うようにしましょう
網戸
網戸の正しい使い方として網戸を右側に設置するよう推奨しているようですが、YKKAP製の網戸は左右どちらに設置しても、外側の窓の位置さえ間違わなければ虫の侵入を防ぐ構造になっているとのことやはり虫の経路を常にブロックした状態を保つことができるのは、網戸を右側に設置した場合ということです
モヘア
網戸と窓のフレームの隙間を塞ぐ役割のあるモヘアと呼ばれる毛のようなものが網戸に付いていますが、そのモヘアが経年劣化によってボロボロになっていると隙間から虫が侵入してきてしまうので、網戸の使用時期まで(冬から春頃の間)に点検をしておくといいですね