サンルームとテラス囲いの違いとは??

サンルーム
サンルームとテラス囲い、言い方の違いだけでは?と思っていましたが、似ているようで違いがあるようですその違いについてお話させていただきます

サンルーム
サンルーム
名前の通り、太陽の光を取り込むお部屋のことで、日の光を取り込みやすいように屋根や壁をガラス張りで作られたものを指すようです
セカンドリビングや居室などもう一つのお部屋として利用することができるように住宅に使用するサッシと同じ製品が使われることもあります


サンルーム
コンクリートで基礎を設置する為、ほぼ増築に近く工事期間が長くなり、価格も高くなるようですその分気密性や水密性(外気の侵入や水の侵入)に優れているので、快適に過ごして頂けます
テラス囲い
テラス囲い
テラス屋根に床や壁を取り付けたもので、縁側やバルコニーに取付て、雨でも洗濯物などを濡れないようにする製品です。サンルームに比べて、気密性や水密性は劣りますが、多少の雨や風なら問題なく洗濯物を干したりして頂くことができます
テラス囲い
テラス囲いの基礎は、テラス屋根の柱と補助柱のみなので、工事期間が短く価格も抑えられるようです


悩む人
お部屋として使用したいのであれば、「サンルーム」、洗濯室や子供のちょっとした遊び場などとして使用したいのであれば「テラス囲い」など、使用目的によって「サンルーム」と「テラス囲い」どちらの製品を取り付けるかが変わってくるので、どのように使用したいかを明確にすることが大切ですぜひご参考にしてみて下さい