木製建具(メラミン材貼り)片引戸、上吊りタイプの施工例です。吹田市

片引き戸取付(建具) (1)
今回、建具新調分、上吊り片引戸の取付をご紹介致します。新設建具は事前に打合せ採寸し全て、完全オーダーで製作致します。まず、新設建具を現場に搬入します。写真は金物取付る為、横向きに置いています。
片引き戸取付(建具) (2)
施工中①最初に上吊引戸用のレールを枠上部に電動ドライバーでミス止めしていきます。(事前にレール取付溝の大きさや長さを打合せ、計測しております。)
片引き戸取付(建具) (3)
施工中②上部上吊レールの取付完了です。レールから少し出ている2ケが、建具と接合する金物です。
片引き戸取付(建具) (4)
施工中③床面に建具の振れ止め用金物を設置します。
片引き戸取付(建具) (5)
施工中④新設建具の下部側面2カ所から金物を取付ます。
片引き戸取付(建具) (6)
施工中⑤新設建具を吊り込んでいきます。
片引き戸取付(建具) (7)
施工中⑤新設建具の上部小口から、レールに内蔵されている金物を左右2カ所からはめ込みます。
片引き戸取付(建具) (8)
施工中⑥新設建具の吊り込み完了です。
片引き戸取付(建具) (9)
施工中⑦新設建具の引手を取付て行きます。建具製作時に引手用穴加工はしていますが、微妙な調整は職人が、ノミを使用し現場で行います。
片引き戸取付(建具) (10)
施工中⑧新設建具の引手加工調整が完了し、引手金物をはめ込みます。
片引き戸取付(建具) (11)
完了後 最後に隙間の無い様に、上部金物で調子し完成となります。今回はメラミン化粧板(樹脂を浸透させた紙を何層も重ね合わせた薄い板、キズや熱・水分に強く、日常的な汚れや、油汚れにも強い材料)を表面に貼り付け三日月型の明かり窓を開け、透明の複層硝子をはめ込んでいます。建具は完全オーダー製作ですので、様々な大きさや形の明かり窓を作ることが可能です。