吹田市 ご存知ですか?アルミと樹脂の複合サッシを!!

LIXILシンフォニー
LIXIL シンフォニーというサッシ名です。
このサッシは、なんと腹腔構造で到達した断熱性能のサッシなのです。

従来のアルミサッシは、アルミ製です。
こちらのシンフォニーは、アルミ+樹脂の構造になっています。
お部屋内が 樹脂サッシで、外部に面した方が、アルミ製になります。
このようなサッシを、アルミ複合サッシと呼びます。

アルミ複合サッシ
会社で廃棄処分するアルミ複合サッシを分解してみました。
いざ外して解体してみますと結構重いのです。
中を覗くと・・・樹脂カバーと中にはスチール製の物と外部は、アルミ部材でした。
アルミ複合サッシの中
処分する時に、材質ごとにばらばらにするお手伝いをしました。

熱を伝わりにくくする為に室内側全体をカバーし、断熱効果を発揮する樹脂形材を使用します。

サッシ外部は、住宅パーツとして求められる耐久性・耐候性が求められます。
住宅の長寿命化やエコロジーも求められます。それをしっかり支えるのが室外側のアルミ形材です。
アルミ複合サッシ分解
分解のお手伝いしたことで、このような構造になっていることが改めて分かりました。
施工事例
施工事例をクリックしていただきますと、過去の施工事例などがご覧いただけます。
ご参考になさって下さい。