吹田市 アルミサッシ 窓の知っていただきたい現象について

アルミサッシ
窓を閉め切った時のすき間をふさぐために、枠や窓にはパッキンなどの気密部品が取り付けられています。強風や季節風などによって室内外に気圧差が生じると、この気密部品の接触部分からすき間風が生じます。これは自然現象で残念ながら完全になくすことはできません。
なお換気扇を使用した場合は、強制的に空気を室外に排出するため、気密材と枠または窓の接触部分から空気が入ることがあります。
窓の知っていただきたい現象
窓を閉め切った状態で換気扇を使用した場合、強制的に空気が室外に排出されるとともに、同じ量の空気が窓のすき間などから室内に入り込もうとします。気密部品と枠または窓の接触部分を通り抜ける空気が、笛を吹く状態と同じ現象を起こします。これは自然現象で残念ながら完全になくすことはできません。
なお、強風時や高層マンションのように常時風がと吹き抜ける所においても笛鳴り現象が起こることがあります。
結露
結露は、室内外の温度差が大きく室内の湿度が高い場合、季節を問わず発生します。これは自然現象のひとつであり、窓の不具合ではありません
また、室内の環境状況によっては、断熱窓を使用していても発生する場合があります。
完全になくすことはできませんが、できるだけ発生を抑える方法としては下記の点をこころがけてください。
①過度な加湿の防止(上限60%)
②換気の心がけ
③室温を適温に保つ
④空気の流れをよくする

結露の原因
施工事例
施工事例の写真をクリックしていただくと過去の施工事例がご覧いただけます。
ご参考になさってください。