東淀川区 キッチンバックカウンター収納の現地調査に行ってきました。

ローボード1
キッチンの背面カウンターの下部収納の現地調査にお伺いしてきました。
現地のキッチンコーナーには、キッチンの背面カウンターがすでに取付けられておりました。
カウンターは木製の集成材で、3方枠は、木目柄のシート張りの枠材です。
ローボード2
カウンター下部に三方枠があり、このスペースに引違収納の扉を製作することになりました。
カウンターの下面の枠にはアルミのL型のガイドレールを取り付け、下部のレールは3mm厚のアルミレールを取り付けして納めます。
ローボード3
3方枠の内法、巾、高さ、枠の幅を測り、会社に戻り製作図面を書きます。
あらかじめ、採寸時にはどのような金具を付けるのか、過去の経験で感性系の建具をイメージしながら採寸していきます。
ドアサンプル
右側にある既製品の収納扉に出来るだけ使い色合いの化粧版で制作します。参考の為、写真も写して帰ります。
木目柄と、色合いの優先順位は、色合いを優先します。
既製品の表面材はメーカーの留柄になり、納期も長くなり、コストも割高になることが多く、近似色の表面材で妥協していただけるか、確認をさせていただき製作いたします。
施工事例