西宮市 キッチンの背面収納の扉の製作にあたり、現場採寸に行ってきました。

収納1
キッチンの背面収納に3枚の引違戸を被せるように設置、製作するために現地調査にお伺いしてきました。
最近人気の対面式のキッチンのなかで、ペニンシュラキッチンです。半島型のキッチンの背面に調理器具を置きますが、3枚の大きな引違戸を取り付けることで完全に壁のように塞ぐためとてもキッチンがスッキリして見えます。
ちなみに、オープンキッチンや対面形キッチンとして人気のキッチンはアイランド(島)ペニシュラ(半島)の2タイプあります。写真のように壁寄りにコンロがあり部屋の中央側にシンクがある半島型のペニシュラキッチンがにんきです。それは両者のデメリットとなる油汚れの拡散が少し押えれるからでしょう。
背面の棚には多数の調理器具が広がって収納されますが、手前に3枚の大きな引違戸を付けることで壁のようになりキッチンがスッキリします。
収納2
現地の収納の内部の仕切り壁の厚み内法などを各所寸法を測っていきます。
収納3
上部天井から下がっている幕板の内側に建具を納めるため、間仕切り壁との間の寸法を採ります。
収納4
幕板の右側にも建具が入る設計なので、採寸します。
会社に戻り作図をして製作いたします。