豊中市 和室。仏壇収納 軸回し襖を納めてきました。

軸回し3
和室の両開き襖に、仏壇収納用の金具を取り付けしました。
事前に大工さんと納まり方を打ち合わせした現場です。
大工さんも打ち合わせ通りに内部の加工を正確にしていただいたので、スムーズに取付けすることができました。両開き襖は左右の上下にスライドする造作材の溝をすべるようになっております。
現場の造作大工さんとの連携が必要な製品です。
軸回し1
両開き襖は、軸回し金具の回転にて奥に収納出来ます。
一旦開いた襖を、開いた状態のまま、奥に押し込んで収納できる機能です。両開き襖を奥に仕舞い込むのは、仏壇のとびらを開けることがで来るようにするためです。
襖の内側にも手掛かりになるように小さめの引手を付けてます。
軸回し2
軸回し襖を取り付ける場合の注意として、開口巾に対して片側50mm程度有効幅が狭くなるため、内側寸法が100mm以上狭くなります。事前に仏壇の寸法を測り、造作をしてもらう打ち合わせが必要になります。
軸回し4
左隣の押し入れの襖と並ぶため、引手の高さを揃えてます。
比較的小さな仏壇用軸回し収納なので動きがスムーズですが、高さや幅が大きくなるほど金物に負担がきて動きが重くなります。事前に採寸した際、検討が必要です。

施工事例