『吹田の窓リフォーム会社』社長ブログ

before
体育館ドア施工前
 大阪府摂津市の高校の体育館の入口のドアが、強風にあおられて故障しました。入口ドア交換とフロアヒンジの交換工事をご用命いただき、施工させていただきました。
arrow_right
after
体育館ドア施工後
 アルミフロントサッシの枠は、古い枠をそのまま使用し、両開きタイプのドア本体は交換、床に埋め込んでいるフロアヒンジも故障していたので、交換いたしました。
フロアヒンジ施工前1
 古いフロアヒンジは、埋め込んである箱もサビが回っており、取替えが必要なレベルでした。強風にあおられたドアのアルミがめくれていますね。
フロアヒンジ施工前2
 右側のドアも同じく、強風にあおられてドアの下端が破損しています。
フロアヒンジ施工中1
 まずは、古いフロアヒンジの本体を取り外します。
フロアヒンジ施工中2
 その後、箱の取り外しにかかります。サンダーで床に切り目を入れます。
フロアヒンジ施工中3
 次にハツリ機を使い箱の撤去にかかります。
フロアヒンジ施工中4
 フロアヒンジの箱が外れてきました。
フロアヒンジ施工中5
 撤去が完了すると、新しい本体を新しい箱ごと地面に埋め込みます。
フロアヒンジ施工中6
 箱は、地面にアンカーを打ち、溶接にて固定します。
フロアヒンジ施工中7
 溶接で箱を固定した後は、モルタルでトロ詰め作業をします。
IMG_38081
 モルタルのトロ詰めが終わったら、最後に養生テープを剥して完成です。
 フロアヒンジの交換は、結構手間が掛り、大変なのです。
 これで体育館の入り口のドアとフロアヒンジはキレイになりました。
 マンションのエントランスドアや店舗の入口ドアの床に埋め込んである部品をフロアヒンジと言います。交換は、是非お子掛け下さい。
浴室ドア交換前
 大阪府豊中市のマンションの方から、浴室の入り口のドアの下の方が腐ってきていて、枠に擦って開け閉めがしにくいとご相談を受けました。現場で状況を確認して、新しいドアをカバー工事にて交換することを、お勧めいたしました。後日、お見積りを作成し、再度ご訪問しました。すると、早速交換して欲しいとの発注のTELをいただきました。
浴室ドア交換後
 新しい浴室のドアは、YKKAP(株)製のシルバー色のアルミ折れ戸タイプのものを、取付しました。これにより、開け閉めしたときの内部のスペースが広く確保できます。浴室への出入りがしやすくなったとお喜びのお声もいただきました。
S高校SD修理1
 大阪府摂津市の学校からスチールドアの修理のご依頼があり、現場調査の上、修理に伺いました。体育館の2階のドアでした。
S高校SD修理2
 ピボットヒンジを固定しているドア側のビスが外れてきてグラグラになり、扉が外れたようです。ビス穴がバカになっている所もあり、新たにビス取付け加工が必要でした。
S高校SD修理3
 再度、ピボットヒンジの金物を固定していきます。
S高校SD修理4
 ビスには、緩み止め剤を塗布し、ビス締めしました。ビスがバカになっている所は、太い穴にあけ直し、ビス溝のタップを切り新たにビス締めします。
S高校SD修理5
 再度、枠側の金物に扉側のピボットヒンジを取付けます。こちらは上側の金物です。
S高校SD修理6
 下側の金物にも同じく取付します。
S高校SD修理7
 ということで、修理完了し、再度開閉出来るようになりました。
 扉の開閉がおかしいと思ったときは、出来るだけ早めにメンテナンスしましょう。
アルミフロント修理1
 大阪府摂津市の学校から先日、校舎の入口のアルミのフロントドアが強風にあおられて壊れたので、見に来てほしいとのご連絡をいただきました。
アルミフロント修理2
 早速、現場調査に行ってみると、アルミ製のドアが強風にあおられた際に、床のフロアヒンジと扉を固定している金物が、もげて取れていました。また、金物が取れるときにアルミのドアの下端のアルミを破っていました。
アルミフロント修理3
 ドアの開閉の際も、ドアが動いてスムーズな開閉が出来ない状態です。
 ドアは、修理で何とかなる状態ではないので、両開きタイプのドアを2枚ともドア本体のみ取替えすることをご提案いたしました。
アルミフロント修理4
 フロアヒンジもかなり古くなっているので、この際に交換されることをおススメしました。早速、お見積りに取り掛からせていただきます。
 お問合せありがとうございました。
洗面化粧台撤去1
 大阪府吹田市のO様から2階の廊下にある洗面化粧台を使用していないので撤去して欲しいとのご依頼をいただきました。
洗面化粧台撤去2
 洗面化粧台を撤去し、水道の給水管と排水管を処理した後、壁のクロスを張り替えました。
洗面化粧台撤去3
 以前から気になっていたが、廊下が、広くなり使いやすくなったとのことで、お客さまもお喜びでした。
 MADOショップ吹田中央店では、家の中の様々なリフォームに対応しております。
 是非、家のお悩みをご相談ください。
O様トイレ改修1
 大阪府吹田市のO様から古くなったトイレの交換のご依頼をいただきました。
 MADOショップ吹田中央店では、窓・玄関だけでなく、水廻りの工事も承っております。
O様トイレ改修2
 古いトイレをタンク、便器本体と順番に取り外していきます。
O様トイレ改修3
 新しいトイレはTOTOのピュアレストQRです。工事は、半日で終わりました。新しくなったトイレは、やはり気持ちいいですね。吹田市で、トイレの交換は、是非、MADOショップ吹田吹田中央店へご相談ください。
before
T様キッチン改修1
 大阪府吹田市のT様から古くなってレンジフードの吸い込みが悪いので、レンジフードを交換したい。一緒に、古いガスコンロとコンビネーションレンジも交換したいとの、ご依頼をいただきました。
arrow_right
after
T様キッチン改修2
 古いキッチンは、パナソニック製でしたが、新しいレンジフード・ガスコンロ・コンビネーションレンジは、ノーリツ製の商品を納入させていただきました。
T様キッチン改修3
 工事の始めは、古いガスコンロの取り外しからです。
T様キッチン改修4
 ガスコンロを取り外した後は、コンビネーションレンジを、取り外します。
T様キッチン改修5
 最後にレンジフードを取り外します。かなり大きく、重量がありましたので、職人さんが3人がかりで取り外しです。
T様キッチン改修6
 古いレンジフードを外したら新しいレンジフードを取付けしました。かなり出巾が違うので、天井の石膏ボードの穴が出たままです。
T様キッチン改修7
 レンジフードの取付の後は、新しいガスコンロとコンビネーションレンジを取付しました。
T様キッチン改修8
 問題は、レンジフードのサイズが違うために出来た天井の穴です。これは、まず石膏ボードで穴を塞ぎます。
T様キッチン改修9
 クロスの職人さんが、塞いだボードにパテ埋め補修を行ないます。
T様キッチン改修10
 古い白いクロスに、新しい白いクロスを部分的に張ると、切りはぎしたようになりあまりかっこ良くありません。
 そこで今回は、対照的な色合いの明るい紺色のクロスをお選びいただきました。
T様キッチン改修11
 そうすると、デザイン的になり、かっこ良くなりました。
 新しいレンジフードは、吸い込みも良いとのことで、T様にもお喜びいただけました。
 吹田市で家のお悩み事は、MADOショップ吹田中央店へお気軽にご相談ください。見積り・現場調査は、無料です。
保育園建具1
 大阪府大阪市内の新築した保育園の木製建具を納入・取付させていただきました。
 
保育園建具2
 このたび工事が無事完了しましたので、写真を撮影しに行ってきました。
保育園建具3
 保育園と言うこともあり、ドアの窓のデザインが色々ありました。
 丸型の窓、菱形の窓、ウサギ・クマの顔など多種多様です。
保育園建具4
 これは、ウサギの顔をイメージした窓です。デザインは、設計の先生と打合せを重ねました。
保育園建具6
 ウサギとクマの顔の形の窓は、作ってくれた職人さんの苦心の作です。
保育園建具7
 窓には、園児の方が、ぶつかっても割れないように、安全を考慮してガラスではなく、ポリカボネート板を入れています。
保育園建具8
 職人さんが丁寧に仕上げてくれています。職人さんに感謝、感謝です。
 いい仕事をしてくれました。
園児の子供さん達も喜んでくれるかな~?
 MADOショップ吹田中央店では、色々なデザインの窓のドアをオーダーメイドでお作りいたします。是非、ご相談ください。
 


O様邸トイレ交換1
 大阪府吹田市のO様が当店へご来店下さり、節水型トイレへ交換したいとのご相談をいただきました。毎月の水道代が高いように思うので、前からトイレを節水型にしようと思っていたとのことでした。
O様邸トイレ交換2
 現地調査をして、お見積りをお出しすると、すぐにご注文いただきました。
 そして、いよいよ、工事に取り掛かることになりました。
 まずは、古いトイレを取り外します。

O様邸トイレ交換3
 次に、トイレのサイズが変わるので、取替えすると古い床のクッションフロアーの跡が、出てくるので、クッションフロアーを張り替えのために剥します。
O様邸トイレ交換4
 新しいクッションフロアーを張っていきます。コーナーは、丁寧に角に合わせてカットしていきます。
O様邸トイレ交換5
 新しいクッションフロアーは、お客様がお選びになったサンゲツのHM-6094を張りました。
O様邸トイレ交換6
 新しいトイレは、TOTOのピュアレストQRです。便器の洗浄する際に使用する水の量は、4.8L。古いトイレは、13L必要でしたので、1回流すたびに8.2Lの節水となります。水道代を節約できることは、間違いありません。
 取替えするのに、工事は約3時間程で出来上がりました。トイレの節水にご興味ある方は、ご相談ください。見積りは、無料です。
before
ダウンライト施工前2
 大阪府吹田市のT様からリビングのダウンライトが暗いので、明るくしたいとのご相談を受けました。
arrow_right
after
ダウンライト施工後2
 省エネタイプの明るいLEDのダウンライトに交換して、明るさを調整できる調光スイッチを取付け、用途に応じてリビングを明るくしたり暗くしたり出来るようにご提案し、ご採用いただきました。
before
ダウンライト施工前1
 従来のダウンライトは、明かりをつけると雰囲気は良いのですが、本などを読むには暗すぎるとのことでした。
arrow_right
after
ダウンライト施工後1
 今回取替えしたのは、東芝製のLEDダウンライトで、明るさは100W相当の商品です。
ダウンライト施工中1
 ダウンライト交換中の写真です。古いダウンライトを取り外しているところです。
ダウンライト施工中2
 新しいダウンライトを設置しているところです。
before
ダウンライト施工前3
 スイッチも従来のものの上に、調光スイッチを増設して、調光できるようにします。
arrow_right
after
ダウンライト施工後3
 調光スイッチ取付けしました。
ダウンライト施工中3
 これは、調光スイッチを取付ける過程の写真です。調光スイッチを取付けるために、今ついているスイッチを、一度取り外します。
ダウンライト施工中4
 スイッチを取り外した後、調光スイッチを取付ける穴を、壁の石膏ボードに開けます。
新しいスイッチに配線も行ないます。
 このように、MADOショップ吹田中央店では、すまいの明かりなどのお悩みもご相談に乗ります。是非、お気軽にお電話してください。
赤杉雪見障子1
 大阪府豊中市の現場で、和室の赤杉材で製作したすり上げ式の雪見障子を納入させていただきました。
赤杉雪見障子2
 すり上げ式の雪見障子は、和室の縁側との取り合いに取り付けすることが、多いです。
 赤杉のキレイな木目が落ち着いた感じを醸し出します。
 昔から、良いとされるものは、やはり理由がありますね。
赤杉雪見障子3
 今は、和室の障子は、通常スプルース材を使用して製作しますが、今回は、お客さまのご要望で高級材の国産杉の赤杉材を使用し製作いたしました。
 腰の部分にも赤杉の板を張りました。
T様邸戸襖
 廊下との取り合いには、フラッシュ戸襖を取付けいたしました。
 和室の引き戸や障子、襖(フスマ)の交換なら是非、MADOショップ吹田中央店にご相談ください。
before
吹田市防音工事施工前1
 大阪府吹田市の賃貸マンションで、道路の騒音対策のために内窓による防音工事を行ないました。
arrow_right
after
吹田市防音工事施工後2
 入居者の方から道路の騒音で夜、目が覚めるので、防音対策して欲しいと、マンションのオーナー様に依頼があり、オーナー様からご相談いただきました。
before
吹田市防音工事施工前3
 現地を調査したところ、確かに道路の騒音が気になります。
 時折、緊急車両のサイレンなども聞こえてくる状況です。
arrow_right
after
吹田市防音工事施工後4
 今回、室内側に内窓を取付することをご提案し、ご採用いただき、内窓取付工事をさせていただきました。
 ガラスも防音効果が高い、合わせガラスを採用しました。
吹田市防音工事5
 現場は、主要幹線道路の前で、昼夜問わず1日中交通量が多いので、夜中に騒音で起こされることが、しばしばあるとのことでした。
吹田市防音工事6
 現在も、古いアルミサッシで2重窓になっていましたが、気密性が悪く、音が漏れてくる状態でした。今回は、室内側に、樹脂製の内窓を取り付けたわけです。
吹田市防音工事8
 もともとカーテンレールが壁に取付けしてありましたが、今回は、内窓の取付けの為に、40mmのふかし枠をつけましたので、一度カーテンレールを取り外します。
吹田市防音工事7
 その後、ふかし枠を取付けします。
吹田市防音工事9
 ふかし枠と取付けした後、内窓の枠を取付けし、内窓取付完了後、カーテンレールをふかし枠に固定します。ふかし枠は、この場合、カーテンレール補強付を使います。
吹田市防音工事10
 床との間にすき間がある場合は、コーキングを打ち、すき間を埋めます。
 内窓による防音工事は、効果があります。
人間の耳ですと、騒音が半減したように感じると言われています。
 騒音でお悩みの方、是非、ご相談ください。

内窓の詳細はこちら!http://www.inouenoboru.jp/?p=5938
before
既存木製雨戸2
 大阪府吹田市のH様から、木の雨戸が古くなり、見た目も傷んできており、開け閉めも重たいので、交換したいとのご相談を受けました。
arrow_right
after
新規アルミ雨戸2
 今の雨戸と同じく、風が通るタイプがご希望でしたので、軽いアルミのヨロイ式の雨戸のカバー工事をご提案しました。
before
既存木製雨戸1
 H様も、納得されご採用いただき、今回、雨戸交換工事を行なわせていただきました。
arrow_right
after
新規アルミ雨戸1
 雨戸の重さも軽くなり、雨戸の動きもスムースになりました。開け閉めが大変楽になったとH様もお喜びでした。
before
既存木製雨戸3
 古くなった木の雨戸の開け閉めが重くなり、毎日ご苦労されていませんか?
 簡単に1日の工事で、雨戸の開け閉めのやりにくさのお悩みが解決されます。
arrow_right
after
新規アルミ雨戸3
 開け閉めしにくいから、雨戸を開けっ放しにしていたり、締めっぱなしにしている方いらっしゃいませんか?
 是非、MADOショップ吹田中央店にご相談ください。
before
内窓1
 大阪府吹田市にお住いのH様は、昔から家の色々なお悩みをご相談いただいているお客様です。今回は、窓際の寒さを解消したいとのご相談をいただきました。
arrow_right
after
内窓2
 YKKAPの樹脂製内窓プラマードUをご提案させていただき、ご注文いただきましたました。ご主人様のお部屋には、紙張り障子がありましたが、取り外して、樹脂製内窓を取付いたしました。
before
内窓3
 息子様のお部屋にも3枚建ての内窓を設置しました。
 簡単な工事で、窓際の寒さのお悩みが解消されます。
arrow_right
after
内窓4
 後日、H様が当社に来られ、大変効果があり喜んでいますとのお言葉をいただきました。樹脂製内窓は、取り付けられたお客さまのほとんどが同じ言葉を言われます。
「もっと早く工事をしておけば良かった」
皆様も、是非ご相談ください。
ガラス割替え施工前1
 大阪府豊中市の賃貸マンションのエントランス入口のステンレス製の扉のガラスが割れたので修理して欲しいとのご依頼をお受けいたしました。
ガラス割替え施工前2
 現地へ下見に行ってみると、両開きのエントランスの扉の外部から観て右側の扉のガラスがヒビが入って割れておりました。
ガラス施工後1
 ガラスの種類は、透明のヒシワイヤー入りのガラス(厚み6.8mm)でした。お見積りした後、すぐにご注文をいただき、急いでガラス割れ修理工事を行ないました。
ガラス施工後2
 マンションのエントランス扉のガラスが割れてお困りの方は、MADOショップ吹田中央店へ是非ご相談ください。