吹田市 幼稚園の倉庫のスチールドアを修理致しました。

before
スチールドア 修理前
本日ご紹介するのは、先日お伺いした幼稚園のスチールドアの修理工事です。

お客様から「倉庫のスチールドアが壊れて外れてしまっているので、直して欲しい。」とご要望を頂きました。

現状を確認すると、片側のドアが無く外れているドアをみると、ピボットヒンジというドアを支えている部品が摩耗していました
arrow_right
after
スチールドア 修理後
その他にも、握り玉はラッチ部分の動きが悪く、フランス落としは下側がありませんでした

こちらは、それらの部品を取り替えた後の写真です。

取り合えず、開閉には問題ないレベルまでは修理できましたが、枠側も傷んでいる為、早いうちのお取替えをオススメ致しました。
before
アームストッパー 施工前
こちらは、ドアの内側に付いている、アームストッパーの施工前写真です。

恐らくドアが外れてた時に、取付部が破損してしまったのでしょう…
arrow_right
after
アームストッパー 施工後
こちらも新しい物にお取替え致しました

フランス落としも同寸法の物を用意して、お取り付けしております。

今回は、何とか修理できましたが枠側も痛みが激しい場合などは、ドアのお取替えになる場合もあります。

スチールドアのお悩みは、ぜひ弊社にご相談下さい!お見積もり、現場調査は無料です!!