豊中市で木製窓を取り替えてまいりました。

parts_114
mado
豊中市で木製窓を取り替えてまいりました。

木製の窓を取り替えることは難しいと思っていませんか。

そんなことはありません。木製窓も取り替える事が可能です。

施工事例を紹介しながらご説明いたします。

今回は古くなった木製の窓を取り替えることを依頼されました。

窓は経年劣化で歪んでしまったのか、開け閉めするのも大変でした。

新しくアルミ製の窓を取付けていきます。

障子を外して、窓の枠に取り付けられていたレールを外してしまいます。

木製窓の撤去はこれで完了します。
parts_123
parts_116
mado
撤去した開口にアルミの窓を取付けて行きます。

取付後は写真のようになります。

木製の窓でもアルミの窓に変える事は可能です。


mado
まずは障子を外してしまい、レールなどもすべて外してしまいます。

枠を取付ける開口部分も木材でしたので、アルミ枠を取付けるために新たな木材を下地として取付けます。


mado
下地を取付けましたら、その上からアルミの窓枠を取付けます。

この時には窓枠が水平に正しく取付けられるように取付けていきます。

見た目が水平に見えましても、歪みなどはあるものです。

年月が経つにつれてその歪みが大きくなっていきますと、窓自体に不具合がでることもありますのでしっかりと正して取付けます。
mado
枠を取付けた後も間違いがないか、水平器を使って確認しています。

この時点なら修正は可能ですのでしっかりと確認をしています。
mado
枠が取り付けられましたら、障子を吊りこんでしまいます。

障子の開閉に問題がなければ大丈夫です。

障子の建付調整もしっかりとすれば、窓を閉めたときに隙間があるなどの問題は起こらなくなります。
mado
最後に窓枠の周りをコーキングと呼ばれる樹脂材で固めてしまいます。

開口部と窓枠にはどうしても隙間が出来てしまいます。

この隙間を塞がなければ、隙間風や雨が入ってくるなどの問題が起こってしまいます。

それを防ぐために窓枠の隙間に樹脂材を流しこんで固めてしまいます。
mado
木製窓からアルミ窓への取替は完了となります。

取付け後も違和感もなく、最初からこの窓だったように見えますね。

私たちは経験豊富な職人と確かな技術で窓を取り替えることが可能です。

ご連絡いただければすぐにお伺いさせて頂き、最良なプランを考えることができます。

窓などで問題を抱えてらっしゃるのなら、是非私たちにご相談ください。