高槻市で横滑り出し窓を取り替えてまいりました。

takatuki
高槻市の戸建住宅で横滑り出し窓を取り替えてまいりました。

ご依頼主様は古くなり開けにくくなってしまったため取り替えることにしたそうです。

その他に網戸の建込、ガラスの割れ替えなどもありました。

施工場所は脱衣所にある横滑り出し窓でした。

かなり古い窓であり、アルミが白くなるほど傷んでいるほどでした。

アルミは早々に錆びないものですが、古くなってくると錆てきてしまいます。

そうなってしまっては、メンテナンスでも限界ですので新しく窓を取付けることをお勧めします。
takatuki
窓の前に洗濯機が置いてあり、壁に取り付けてある物置がありました。

今回はなんとか施工をすることができましたが、どうしても作業が出来ない場合などは物の移動をお願いすることがあります。

カバー工法での工事になりますので、古い窓枠の上から新しい窓枠を取付けることになります。

下枠部分には補強のためアルミ板を取付けております。

takatuki
今回の横滑り出し窓はオペレーターハンドルの物をご用意いたしました。

オペレーターハンドルはハンドルを回すだけで窓の開閉ができるものです。

室内側に網戸を取付けて頂くと網戸を空ける事なく窓の開閉が可能となります。

ハンドルも折りたたむことができますので邪魔になることもありません。
takatuki
施工が完了いたしました。

カバー工法ですので一回りほど窓は小さくなってしまいますが、お昼までに施工を終わらせることができました。

オペレーターハンドル付きですので、洗濯機が前にあっても簡単に窓を開け閉めすることができます。
takatuki
正面から見た写真になります。

ご依頼主様も大変満足して頂くことができました。

窓やサッシはどうしても時間とともに動かしづらくなってきてしまいます。

メンテナンスでカバーできることにも限界はございますので思い切って
新しく変えてしまったほうがいいのかもしれません。