高槻市にある戸建住宅に雨戸を取付けて参りました。

takatuki
高槻市のとある戸建住宅に雨戸を取付けて参りました。

ご依頼主様は雨戸が古くなり、動かしづらくなったので新しい雨戸を取付けることにしたそうです。

動かしづらい雨戸はストレスが溜まりますので新しい雨戸を取付けて行きましょう。

今回は二階の腰窓と一階の掃き出しの窓に雨戸を取付けて参ります。

元の雨戸は木製の雨戸でして、かなり年期の入っている雨戸でした。

雨戸自体が歪んでおりそれが動かしづらかった原因でしょう。

takatuki
今回は元の雨戸が取り付けてあった場所に新しい雨戸レールと戸袋を取付ける工事となります。

古い雨戸レールを外しますと、木の下地が現れますのでその上に新しい雨戸レールを取付けます。

コの字型のアルミレールを上下に取り付けて、その中に雨戸を走らせることになります。

今回はハシゴを立てさせて頂きまして、外から補助することになりました。
takatuki
一階の掃き出し窓にも雨戸を取付けていきます。

二階と同じように古い雨戸を撤去して、新しい雨戸とレールを取付けて行きます。

この日は日差し暖かく、日向にいるとじんわりと汗をかく日でした。

takatuki
もう冬ですのに暖かい日が続きますと作業もやりやすくてとてもいいですね。

雨戸もしっかりと取付けることが出来ましてよかったです。

雨や風の強い日は作業が遅くなることもありますので、ほどほどに天気になってくれるように祈っています。
takatuki
一階、二階ともに無事に取付けることができました。

これでお昼までに取り付けることができました。

簡易雨戸工法なら問題がなければ半日で作業が終わる事もあります。

もし、今ある雨戸になにか問題がありましたら、思い切って新しい雨戸にしてしまうのもいいかもしれません。

その時はご相談頂ければ、すぐに対応をいたしますのでよろしくお願いします。