吹田市で浴室扉の握り玉を取り替えてまいりました。

DSC_18252
とあるマンションで浴室扉の握り玉を取り替えてまいりました。

浴室内は湿気が多く握り玉の金属部分が錆びてしまうことがあります。

今回のご依頼主様も握り玉が錆びてしまったので取り替えてほしいとのことでした。

浴室の握り玉ですが、お風呂側の握り玉が錆びついてしまって折れてしまっていました。

このままで扉を閉めてしまうと内側から扉を開けることが出来ません。

依頼主様もお風呂に入る際は、扉を少し開けて入っていたたそうです。
DSC_18281
写真の通りに握り玉の台座カバーを外しますと中は錆びだらけでございました。

握り玉や台座のカバーはアルミですので錆びにくいのですが、中の留め具などは鉄などですので錆びやすいのです。

今回は留め具のビス穴まで錆で覆われていましたので、留め具を外すのにも一苦労でした。
DSC_18292
無事に握り玉を取り外すことができました。

この空洞に新しい握り玉を取付けていきます。

握り玉交換もこの空洞の口径にあった商品が必要ですので、ご自分で変える際は注意が必要でしょう。

分からない場合でしたら、私たちのような専門家にお任せください。
DSC_1830
新しい握り玉を取付けることができました。

これで扉の開閉もスムーズにできるようになります。

今回付けたものは鍵の機能が付いていないものになります。

握り玉には鍵がついているものもございます。

また、レバー型の握り玉もございますので取り替える際に色々とお聞きください。
DSC_1831
私たちは握り玉一個、鍵の一個の交換でも承っていますので何かお家でご不満な点が
ございましたら是非ご相談をお願いします。