吹田市の戸建住宅の掃き出し窓を取り換えてまいりました。

DSC_1728
吹田市の戸建住宅の掃き出し窓を取り換えてまいりました。

ご依頼主様は古くなった掃き出し窓を取り替えるためにご依頼をされました。

窓などは古くなりますと窓枠が歪んだりしてしまうことがあります。

酷い場合は窓が正しく閉まらなくなったりしますので、おかしいと感じましたら専門家にご相談することをおすすめします。

今回の窓はかなり大きく歪んでいました。

大きく歪んでいる場合は窓枠だけでなく家全体が歪んだり傾いたりする可能性もあります。

今回はカバー工法での施工となりましたが、あまりに歪みが大きくなりますとカバー工法が使えない場合がございます。

DSC_1729
今回は樹脂複合窓を取付けることになりました。

樹脂複合窓は通常のアルミ窓に部屋内側が樹脂部品になっている窓になります。

樹脂はアルミよりも熱や冷気を伝えませんので、総アルミの窓よりも防寒性能が上がることになりますね。
DSC_1731
元の枠と新しい枠の間に防水シートを張り付けております。

これを貼ることで防水性能を保つことができる優れものです。

これを使わない場合は間にコーキングを入れることにで防水、密閉性を保つことになります。

今回は樹脂の額縁も取付けまして、その間にもコーキングを行いますので密閉性はバッチリです。
DSC_17321
窓枠の歪みが大きかったのでそれを補整するのに半日ほど使うことになりました。

しかし、この作業をしっかりとやっておかなければ窓を取付けることはできません。

しっかりと慎重に補整を行いました。
DSC_1735
ほぼ1日がかりで掃き出し窓を取付けることができました。

やはり窓を取付ける部分の歪みが大きいとそれだけ時間が掛かってしまいますね。

私どももできうる限りの良い工事をご提案させて頂きますが、難しい工事程
時間が掛かってしまいますのでその点はご了承をお願いします。