吹田市 ベランダのデッキ材と屋根材を取り替えました。

suita
吹田市の戸建て住宅の床材と屋根材を取り替えてまいりました。

ご依頼主様はリフォームをご予定のお宅ででした。

外壁と屋根を塗り替えるために足場も組まれていましたので外から資材を搬入して工事をしていきました。

こちらはベランダの床材になります。

手前が古い床材になります。

雨風に晒されていますので、色も落ちてしまい、表面も傷んでいました。

奥にあるのが、新しい床材になります。

これをカットしまして、ベランダに取り付けていきます
suita
床材をを外したベランダになります。

ベランダの骨組みだけを見ることはあまりありませんので、新鮮な感じです。

この骨組みの上に先ほどの床材を敷き詰めて、ビスで固定していきます。

二階部分のベランダに足場を登っての資材搬入になりました。
suita
三人がかりで床材を二階のベランダまで上げていきました。

近頃は気温も上がり、熱中症の危険も高まってきています。

しっかりと休息と水分補給をしつつ作業していきます。

綺麗に取り付けることができました。
suita
ベランダの屋根材も取り替えていきます。

屋根材はアクリル板でできています。

事前に必要なアクリル板の寸法は測っていました。

自社の工房ですでに測った寸法どおりに切断をしていましたので後は取り付けるだけになります。
suita
無事に取り付けることができました。

屋根材はアクリル板ですので、経年劣化や台風などの
飛来物によって割れてしまうこともあります。

折角の屋根も穴が空いていたら屋根の意味がありませんね。

もし、雨漏りなどがきになるのでしたら、
一度よく調べてもらうこともいいかもしれません。