吹田市 雨戸を取り替えて参りました。

amado
吹田市の一戸建の雨戸を取り替えてまいりました。

ご依頼主様は現在外壁ある塗装中のご自宅でございました。

外壁と同時に古くなった雨戸を取り替えることにしたそうです。

今回は二階部分の雨戸を交換していきました。

雨戸は木製でありまして、かなりボロボロになってしまっていました。

雨戸の表面は傷んでしまっていまして所々割れていたりしてしまっているほどでした。

雨戸としての見栄えもよくありませんし、動かしにくく、木の棘なども刺さる場合があります。

湿気で雨戸自体も膨張しており、雨戸のレールから外す際には雨戸が割れるほどの力でないと外れないほどでした
amado
新しい雨戸はアルミ製の雨戸で軽く、丈夫なものとなっております。

今回は元の雨戸レールを再利用する形になりました。

レールはそのまま使用しまして、上部分に新しい雨戸枠のみを取り付けます。

戸袋も元にあるものをそのまま利用します。

amado
部屋の中から見ますとこのように取り付けられています。

元の木製雨戸より動かしやすくなりましたので、ご依頼主様にもご好評をいただきました。
amado
外からはこのようになっております。

外には外壁塗装用の足場が組んでありましたので、近くで写真を撮ることができました。
amado
夏が近づいてきまして、雨や風、台風などが気になる季節になってまいります。

もし、今ある雨戸が古くなりご心配な方や新しく雨戸を取り付けることを
考えられている方がいらっしゃいましたらぜひご相談ください。