吹田市 雨戸を取り換えてまいりました。

雨戸
吹田市の戸建て住宅の雨戸を取り換えてまいりました。

ご依頼主様は古くなった雨戸を取り換えたくご依頼されました。

現場には木製の古い雨戸が建て込まれておりましたが、雨戸はかなりボロボロでございました。

今回は簡易な後付雨戸を取り付けさせて頂きました。

後付雨戸を取り付けるにもいくつか種類があります。

よくありますのが、今ある窓のサッシの上から、雨戸サッシを取り付ける形のものです。

雨戸がない窓サッシに取り付けることが多いですね。
あまど
今回は元々雨戸があった窓に簡易なレールを取り付けて新しい雨戸を取り付けました。

これは古い木製の雨戸や戸袋が壁と一体化している雨戸などで使用されることが多い施工法です。

まずは、古い雨戸レールを撤去して、その上に新しいアルミの雨戸レールを敷きます。

上下にレールを付けまして、その上を新しい雨戸が走ることになります。
あまど
戸袋部分も上下のレールに繋がるように取り付けます。

この方法の利点は早いことではないでしょうか。

サッシを取り付けるタイプの雨戸と違い、レールと戸袋を今ある雨戸枠の上から取り付けますので一からサッシを取り付けるより、早く仕上げることができます。
あまど
もちろんどのような方法で取り付けることがいいのかは、それぞれ違いますので、現地調査の折にしっかりとお伝えさせていただきます。

一番お客様の要望に沿った形になるようにいたしますので、何かあればぜひご相談をよろしくおねがいします。