吹田市 引違窓を二つ取り替えてまいりました。

mado
吹田市の戸建住宅の腰窓を二つ取り替えてまいりました。

なかなかに年期の入った木製の腰窓でした。

動きも悪くなっていましたので、新しい腰窓に取り替えていきましょう。

新しい窓はアルミ製の窓になります。

まずは元の木製の窓枠に付いているレールを外します。

所々、木が歪んでいたり、ささくれ立っていますので、カッターなどで平にします。
mado
木枠を平にできましたら、その上に新しいアルミの窓枠を取付けていきます。

築年数が立っている家はどうしても歪んでしまっていたりすることが多いのです。

しかし、今回のお家は歪みが少なく、建てる時に頑丈に建てられたことがわかるものでした。
mado
しっかりと新しい腰窓を取付けることができました。

窓の色もブラウン色をお選び頂けましたので、元の木枠との違和感も少ないですね。

最後に木枠とアルミ枠の間にコーキングを注入し、密着性と気密性を上げて作業は終了となりました。
mado
ご依頼主様も大変喜んで頂きました。

ご依頼主様は物を作るのが趣味らしいとのことで、窓の撤去時にでる廃材なども綺麗にとっておきました。

きっと、何かにご利用されて、新しいものをお作りになることでしょう。