堺市の戸建住宅で玄関ドアを取り換えて参りました

sakai
堺市の戸建住宅で玄関ドアを取り換えてまいりました。

依頼主様は古くなった玄関ドアを取り換えるためにご依頼をされました。

玄関ドアはかなり大きなものでした。

ドア自体は木製の重厚なドアでして、枠も最初はアルミかと思いましたが鉄製のものとなっておりました。

ドアもかなり重く、運び出すだけでも一苦労するものでした。
sakai
丁番などの金具類を全て取り外してしまいます。

傾きなども補整をしまして、真っ直ぐに取付けられるようにします。

ここが一番時間をかける所であり、1mm単位の誤差で調整をしています。

sakai
今回は扉本体を取り付ける前に額縁を取付ける事にしました。

元の枠と新しい枠には隙間が出来てしまいますので、額縁でそれを覆うようにします。
sakai
額縁と壁の間にはコーキングを流し込みます。

液状の樹脂材で時間が立ちますと固まります。

強度を上げ、隙間からの埃や隙間風を防ぐために欠かせないものとなっております。
sakai
扉の調整と今回は電気錠でしたので鍵の設定をして終了となります。

電気錠はカードキーやボタンキーで鍵の開け閉めができる便利なものです。

電池式の電気錠もございますので、電線工事なども必要ありません。

弊社では経験豊富なスタッフが採寸、施工までをおこなっております。

お客様が求める商品がきっと見つかりますので、ご興味を持たれた方は
ご相談をよろしくお願いいたします。
台風対策に窓シャッターの詳細はこちら