神戸市で玄関引戸と掃き出しシャッターを取付けて参りました。

koube
神戸市で玄関引戸と掃き出しシャッターを取付けて参りました。

依頼主様はとある企業様で本社移転に伴い、玄関を取り替えて掃き出し窓にシャッターを取付けることにしたそうです。

中もまだリフォーム中でありました。

元の玄関は欄間付き玄関でございました。

まずは障子を外し、欄間のガラスも撤去していきます。

今回はカバー工法での工事ですので元の玄関枠は残しておきます。
koube
新しい玄関枠を前の玄関枠を上から乗せてしまいます。

傾きなどをスペーサーを入れて修正をして、真っ直ぐに玄関枠が取付けられるように調整をしています。

この作業をしっかりとすることで丈夫で長持ちな玄関になります。
koube
枠を取付けられましたら新しい戸を吊りこみます。

前の玄関のブロンズ色からダークブラウンの玄関に変わったことで印象が大きく変わりましたね。

玄関自体も電池式の電子ロックになっております。

ポケットキーでボタンを押すだけで鍵の開け閉めができ、カードキーでかざすことで鍵の開け閉めが出来ます。

とても便利なものですので玄関を替える場合は電子ロック付の玄関を検討してもいかもしれません。

koube
シャッターの取付けになります。

後付けのシャッターになりますので、写真のように窓に取付けます。

写真のようにシャッター本体が入る箇所が窓より大きく飛び出すことになりますので、窓の上部に空きがありませんと取付ける事ができません。

今回は壁を後から壁を塗り直すそうなので、枠を取付ける部分に木枠を取付けてもらっています。
koube
枠が取付けられ、シャッター本体も設置することができました。

木枠部分は後に壁を塗り直す際に綺麗に仕上げてくれることでしょう。

シャッターを取付ける事で風の強い日の備えや防音や防犯にも大きく役に立ちます。

新しく玄関やシャッターを取付けることになりましたら是非私どもにご相談ください。