大阪市福島区のビル出入口のガラス割れ替えを行いました。

garasu
大阪市福島区のビル出入口の引戸障子のガラス割れ替えを行いました。

依頼主様はビルのオーナーの方でした。

出入口のガラス障子が割れてしまったため取り替えてほしいとのことでした。

人が頻繁に出入りする場所ですので割れたままは大変危険です。

すぐに取り替えてしまいましょう。

障子には養生シートで蓋がされておりました。

ガラスが飛び散らないような一時的な処置ですが、見た目が悪いですしいつ剥がれてしまうかわかったものではありません。

何かの拍子にシートが剥がれますとガラスの破片が散らばる事にもなり危険ですので手早くガラスを取り替えていきましょう。
garasu
今回は障子を外すことはせずにガラスだけを抜き取ってしまいました。

ビル用の引戸障子ですので、外すとなると大変ですので作業に支障がないのならそのままにしておきます。

ガラス自体コーキングという樹脂材で四方が固められていました。

まずはその樹脂材を取り除いてガラスを外します。
garasu
ガラスを外しましたら新しいガラスを入れていきます。

大人の身長ほどのガラスですのでかなりの重量があります。

慎重に引戸障子に入れ込んでいきました。

このままではガラスを固定することが出来ていませんので、ガラスと障子の間に詰め物をしていきます。

スポンジを詰めていきガラスが動かない様に仮固定をしています。
garasu
仮固定がすみましたらコーキングでガラスの四方を
固めてしまいます。

コーキングは乾くまでに一日ほど時間が掛かりますので、あまり強くドアを開け閉めしないようにオーナー様に伝えて作業は終了となりました。
garasu
出入口や窓のガラスを割れたままにしておくのは大変危険です。

防犯上でもよくありませんので早めの割れ替えをお勧めします。

わが社でしたら、ガラスの割れ替えは在庫ガラスがあれば即日に
対応することも可能です。

ガラスの割れ替えなどでお困りがありましたら是非ご連絡をお願いします。