大阪市東淀川区の玄関リフォームをさせて頂きました。

parts_114
doa
大阪市東淀川区の玄関リフォームをさせて頂きました。

玄関のリフォームは大変そうだと思っていませんか?

そんなことはありません。施工事例を紹介しながら、玄関リフォームの流れをご紹介させていただきます。

依頼主様は古くなった玄関ドアを取り替えるためにご依頼されました。

玄関ドアは年数が経ってきますと、玄関の歪みなどが原因でドアが開けづらくなったり、傷や汚れが目立つようになってきます。

メンテナンスにも限界はありますので、直したいのでしたら玄関を取り替えるのをお勧めします。
parts_123
parts_116
doa
玄関ドア取替施工後の写真となります。

親子扉の玄関ドアとなっており、スリット部分は開閉しまして扉を閉めたまま換気ができるものとなっております。

今回は電池式電子ロックの玄関ドアを施工させていただきました。

ボタンを押すだけで鍵の開け閉めが可能なものとなっております。
doa
玄関ドア施工工事の流れをご説明します。

まず玄関ドアを全て外してしまいます。
丁番なども全て外してしまい、ドア枠のみが残っている状態にします。

作業中は埃やゴミなどが出る工事ですので、玄関周りは片付けておいたほうがいいです。

ビニールなどで養生はいたしますが、貴重品は家の中に入れてしまうことをお勧めします。
doa
ドア枠の上から新しいドア枠を取付けていきます。

この時にドア枠の歪みを正確に測りまして、水平に取付けられるように調節していきます。

ドア枠が水平に取付けられていませんと、歪みの原因となりドアが閉められないなどの不具合が出てきますのでしっかりと取りつけていきます。
parts_114
doa
古いドア枠と新しいドア枠にはどうしても隙間が空いてしまいます。

この隙間を放置してしまうと、密閉性が下がり埃やゴミなどが家の中に入ってきてしまうことになります。
parts_123
parts_116
doa
その為、この隙間にコーキングと呼ばれる樹脂材を流し込みます。

コーキングは時間が経つと固まりドア枠の隙間を埋め、ドア枠を接着する役目も持つため玄関の耐久性能が上がります。
doa
次に玄関ドアも吊りこんでしまいます。

この時に正常に開け閉めができるかを確かめます。

この時点でドアの開閉などがおかしい場合は更に調整をしていきます。

玄関ドアを吊りこむまでで、おおよそお昼ぐらいになりました。
doa
玄関枠部分が見えてしまっていてます。

このままでは不格好ですので、玄関枠の取り付け部分を隠すために額縁と呼ばれる部材を使います。

枠の連結部分を覆うように取付ていきます。



parts_114
doa
室内外に額縁を取付けいきました。

取付けただけでは強度や密閉性は不十分ですので壁と額縁の間にコーキングを流し込みます。

玄関周りをコーキングで固める様になりますね。

壁との一体感も生まれ、強度も増しますので必ず行う作業です。
parts_123
parts_116
doa
これで玄関リフォームは完了となります。

電子錠をお使いの場合はこの後に設定まで行います。

玄関周りを綺麗に清掃して、鍵を依頼主様にお渡ししまして施工は終了となります。

玄関リフォームの基本の流れは以上となります。

現場ごとに作業が増える場合もございますが、おおよそ朝から夕方までの工事となります。