YKKAP製テラス屋根ソラリアフラット型の取付例です。吹田市

テラス屋根フラット型 (1)
ご自宅1Fのお庭にテラス屋根を取付したいとのご相談がありました。間口4.5M出巾2Mほどのサイズをご希望です。今回、YKKAP製テラス屋根ソラリアフラット型をご提案しましたところ、気に入って頂きご契約頂きました。
テラス屋根フラット型 (2)
施工中①材料は全て段ボール梱包されて搬入されます。たくさんのパーツを1つずつ組み合わせて完成させます。
テラス屋根フラット型 (3)
施工中②垂木掛け材をお家の壁に電動ドライバーでしっかりとビス止めして行きます。ビスの打ち込み部と垂木掛け上部には雨水の侵入を防ぐ為にコーキング処理をします。
テラス屋根フラット型 (4)
施工中③垂木・前桁・柱を取付したところです。だいぶ、形が見えてきました。
テラス屋根フラット型 (5)
施工中④垂木と垂木の間に野縁をビス止めします。屋根材取付面が平行になり、屋根自体のぐらつきがなくなります。
テラス屋根フラット型 (6)
施工中⑤屋根材を端から順番に取り付けていきます。
テラス屋根フラット型 (7)
施工中⑥屋根材全て取付ました。
テラス屋根フラット型 (8)
施工後 最後に前桁部の雨受けから雨樋を接合し柱に沿わせて地面近くまで降ろして完成となります。今回は既存の窓の色に合わせたブラウン色・屋根材は日射熱を和らげる、熱線遮断ポリカーボネート(クリアマット)を採用しました。