テラス屋根出隅仕様の取付施工例です。豊中市・吹田市

出済テラス ①
この様なご自宅出隅部にアルミテラス屋根を取付け出来ませんでしょうか?とのご相談でした。勝手口から犬走り部を屋根で覆い駐車場迄雨に濡れずに行き来ししたいとの事でした。アルミテラス屋根には出隅セットが有り直線用と連結する事が可能です。今回、ykkap製アルミテラス屋根ソラリアアール型をオススメしました所、気に入って頂きご採用頂きました。
出済テラス ②
まず、柱位置を決め、その場所の穴掘り(ハツリ)をしていきます。25センチ角で深さ30センチ程堀、そこに柱を立ててモルタル詰めしていきます。
出済テラス ③
出隅部完成の写真です。出隅仕様は左右同じ出巾でしか施工は出来ません(留め部対象にならないと接合が出来ない為)ので、ご注意ください。勝手口ドアの上部まできっちり取付しています。
出済テラス④
今回、出巾1470を1350にカットし、直線は6M程です。雨の吹き込みを防ぐ為、前面パネルと、前面パネルすきま隠しも取付しました。アルミ色は、既存サッシに合わせブラック色、屋根材はポリカーボネート板の耐衝撃性はそのままに、熱による屋根下温度の上昇を防ぐ、熱線遮断ポリカボーネート板をご選択されました。今回は1Fでの施工でしたが、2Fバルコニーでも出隅・入隅セットでの対応可能です。是非ご相談下さい。