吹田市・店舗内キッズスペースにアルミ片引きドア袖FIX枠を取付施工例です。

フロント片引き (1)
自動車販売会社様のショールーム内にキッズスペースを確保される事となり、開口3.7m高さ2.4mとかなり大きいのでアルミフロント材という商品でオーダー製作する事になりました。片引きの半自動ドアで袖部はFIX硝子が1枚という形に決定致しました。
フロント片引き (2)
片引きドア部です。巾1Mでお子様の出入りのは十分な広さを確保しています。
フロント片引き (3)
袖FIX部です。巾2.7M高さ2.1Mの硝子が1枚入る大きさです。
フロント片引き (4)
開口枠に合わせて製作しましたフロント枠を職人2人ではめ込んでいきます。
フロント片引き (5)
開口部にはめ込んだ後、引戸部とFIX部を電動ドライバーを使用しビスで接合していきます。
フロント片引き (6)
レーザー墨出し器で水平・垂直を測定し上部左右部はビス止めし、下部枠、レールはコンクリートの土間にアンカーを打ち込み溶接機を使用ししっかりと接合します。その後モルタルを流し込み完全に固定します。
フロント片引き (7)
ドアにハンドルを設置します。その後硝子をはめ込みコーキング処理をして、黒色の養生テープを剥がして完成となります。この商品は半自動ハンガードアを使用しています。上部枠に内蔵されています装置でゆっくりと閉まる仕組みです。戸先は指詰め防止用ゴムを取付て安全面に配慮しています。フロント材ではこのような寸法より大きな店舗の入り口等にもオーダー製作可能で開きドアや自動ドア等いろいろなドアも取付可能です。