平行四辺形窓付スチールドア取替の施工例です。吹田市・豊中市

SD取替①
施工前 既存平行四辺形窓付スチールドアです。突風の影響でドア本体が反り返り硝子も破損してしまいました。修理することは出来ないので新しく取り替える事となりました。今回は既存スチールドア枠を残したままの方法での施工をします。(既存ドア枠を撤去しやり替えると、壁切断・ハツリ・左官工事・壁塗装工事等、大変費用が掛かる為)
SD取替②
施工中① 既存の丁番3か所をグラインダーで切断していきます。防護メガネをかけ安全作業を心がけます。
SD取替③
施工中② 既存ドアを取り外しました。50キロ程有りますので、職人2人での作業となります。このドアを2Fから1Fまで階段で降ろし処分します。かなりの重労働です。
SD取替③
施工後 既存のスチールドア枠吊元側に丁番付のフラットバーという材料を取付、、あらかじめオーダーで製作した、同寸法の平行四辺形窓付で既存と同位置のレバーハンドル本締り錠を取付たドア吊り込みます。ドアクローザを取付、開閉動作調整します、後日、塗装屋さんにて塗装をして完成となります。この様な取替は、レーザー墨出し器等を使用し正確な採寸が重要視されます。