既存のスチール製サッシをアルミサッシへ交換しました。吹田市

サッシ取替①
築40年のオフィスビルです。既存の窓が枠、障子部共にスチール製で、長年の風雨で錆が酷く、腐食している箇所も多く有り、開閉が出来ない状態でした。今回、外壁塗装工事をすることもあって、足場を設置しますので、この機会を利用しアルミサッシへ取替する事となりました。まず、既存スチール窓を撤去していきます。ハンガータイプの窓で、ほとんど動かない状態ですので、上部枠の落下防止の押え材をグラインダー慎重に切断していきます。その後、重たい硝子障子部を1枚づづ、2人がかりで取り外していきます。
サッシ取替 ②
硝子障子を全て取り外した写真です。サッシ取付面を掃除機等でクリーニングし、アルミ下地材を取付ていきます。
サッシ取替 ③
施工中側面からの写真です。アルミ下地材と、既存水切り部を覆いかぶす様にアルミ曲物を設置します。その後、サッシ枠を電動ドライバーで上部、縦部、下部と4方ビス止めししっかりと固定します。
サッシ取替 ④
施工後 間口2.6mでしたので、4枚建てのアルミ引違い窓なりました。既存枠を残してのカバー工法で施工しましたので、1日で工事も完了し取付費用も抑えられます。