スチール窓からアルミサッシ複層硝子仕様へ交換の施工例です。豊中市

スチール窓からアルミサッシ (1)
既存工場内、事務所棟の窓がスチール製で錆びつき全く動かない状態です。また、硝子が透明3㎜と薄く、スチールサッシ自体も気密性が悪いので、冷たい風と冷気で窓側の席の従業員が寒くて仕方がないとの事でした。今回は、既存のスチールサッシ本体は取り除き、枠はそのままで、サッシを取り付ける簡易カバー工法で取替をすることとなりました。
スチール窓からアルミサッシ (2)
窓内部側準備作業です。ブルーシートを敷き詰め養生をし、脚立を2本建てます。
スチール窓からアルミサッシ (3)
窓外部側はローリングタワーという簡易移動型足場を設置します。
スチール窓からアルミサッシ (4)
施工中①スチールサッシの硝子障子を取り外していきます。枠上部に障子外れ止めのフラットバーを外します。
スチール窓からアルミサッシ (5)
施工中②2段窓上部の硝子障子が取り外されました。
スチール窓からアルミサッシ (6)
施工中③2段窓下部の硝子障子を取り外している所です。
スチール窓からアルミサッシ (7)
施工中④取り外された硝子障子は、持ち帰り処分場へ持ち込みます。
スチール窓からアルミサッシ (8)
施工中⑤新しいアルミサッシ枠を取付て行きます。左右上下にパッキン等を挟み込み調整して、しっかりと電動ドライバーででビス止めしていきます。
スチール窓からアルミサッシ (9)
施工中⑥上段下部をビス止めしています。下地材として内部にアルミ20×20㎜のアングルを取付て補強します。
スチール窓からアルミサッシ (10)
施工後①上部完成写真です。サッシ取付後、サッシ廻りに雨水、風が侵入しない様に、コーキングを充填しています。最後に、開閉調整、クレセント施錠調整をします。
スチール窓からアルミサッシ (11)
施工後②全体の完成写真です。今まで動かなかったスチールサッシから、スムーズな開閉、網入り透明ペア硝子にすることによって、断熱性能もアップしました。