アルミ伸縮ゲート破損の為、お取り替え致しました。吹田市

伸縮ゲート ①
ご自宅、カーポート前のアルミ伸縮ゲートが長年の使用で伸縮格子部の軸金物が何カ所も、曲がったり、折れたりして開閉がし難くなってお困りでした。残念ながら軸が折れている箇所が20カ所以上あり、アルミ桟も数カ所破損している状態でしたので、修理することは不可能でした。今回、既存と同じ仕様の片開き親子仕様のLIXIL製カーゲートセレビューM型をご提案し、ご採用頂きました。
伸縮ゲート ②
既存ゲート本体を柱から外し、職人2人がかりで、トラックの荷台に乗せ処分します。
伸縮ゲート ③
既存のゲート用アルミ柱、左右2本共、ハツリ機で土間を掘り起し撤去します。その同じ場所に新設伸縮ゲートの柱を左右2本設置しモルタル詰めししっかりと固めます。
伸縮ゲート ④
施工後 柱が固定出来たら、本体を吊り込みます。その後、ゲート固定用落とし棒受けを3か所埋め込み、鍵調整をして完成となります。この商品は片開き親子タイプですので人や自転車の出入りは2M程の子扉のみ開閉で楽に出来ます。お車を止められるときは親扉も開閉すれば6M程開く事が出来ます。既存と同じ、玄関ドアやサッシ色に合わせた、ブラック色、高さは1.2M程の商品を取付ました。