吹田市 大型硝子、幅1.8m高さ2mの8ミリ厚の施工例です。

硝子工事(シリコン) (1)
施工中①今回はW1.8mH2m厚さ8㎜の硝子の施工例です。重量は72キログラム程有ります。この様な馬付きと呼ばれるトラックで縦置きにして搬入します。(硝子は平置きにしますと破損の恐れが有る為)職人3人でトラックから降ろしていきます。
硝子工事(シリコン) (2)
施工中②職人2人で設置場所のサッシ部迄慎重に運びます。熟練の職人さんなので2人で運べますが、72キロはかなり重いです。
硝子工事(シリコン) (3)
施工中③地面に硝子が直接あたらないようにマット等の養生を敷き、設置面前に慎重にいったん置きます。そして、リフター(タコの吸盤の様に吸い付く)を硝子面に設置し硝子をはめ込みます。
硝子工事(シリコン) (4)
施工中④FIX部に硝子の小口を当てないように慎重にはめ込みます。72キロ程あるので経験と体力が必要です。その後バッカーと呼ばれるスポンジ状のもので硝子を仮固定します。
硝子工事(シリコン) (5)
施工中⑤硝子をコーキングにて固定しますので、コーキングがはみ出さないよう、直線的に美ししく仕上げる為硝子面、サッシ廻りにマスキングテープを貼り付けていきます。
硝子工事(シリコン) (6)
施工中⑥マスキングテープの貼り付けが完了しましたらコーキングを充填していきます。
硝子工事(シリコン) (7)
施工中⑦硝子内部外部共同じ作業を行います。
硝子工事(シリコン) (8)
施工中⑧コーキングの充填が完了しましたら、ヘラで押し込み余剰のコーキングを取り除きます。
硝子工事(シリコン) (9)
施工中⑨ヘラでの作業が完了しましたら、マスキングテープを取り除きます。
硝子工事(シリコン) (10)
完了写真です。まだ、室内側の内装の工事が有りますので、ぶつかったりしない様、硝子が入っていることがわかるように張り紙をします。