木製ランマ付両袖FIX玄関ドアからアルミ彩風ドアへ取替事例です。吹田市・摂津市

両袖玄関ドア (1)
既存木製ランマ付両袖FIX片開き玄関ドアです。25年程のご使用で、強い日差しと雨・風の影響で表面材が剥がれ落ちた状態でした。今回、思い切って玄関ドアを丸ごと取替したいとのご依頼でした。施工方法は壁を壊さないカバー工法というやりかたでの工事となりました。
両袖玄関ドア (2)
最初に既存のドア本体を取り外します。上下2枚の丁番のビスを外し、職人2人がかりで取り外しました。
両袖玄関ドア (3)
次にランマ部、袖部の硝子を慎重に取り外し、木製の無目・袖部を電動工具で切断し取り外していきます。
両袖玄関ドア (4)
綺麗に切断できましたら、新設ドア枠をはめ込み、ドア枠がまっすぐになるように、上下・縦をしっかり計測し、電動ドライバーでしっかりとビス止めしていきます。
両袖玄関ドア (5)
ドア本体を吊り込み、ドアクローザを取付、袖部に硝子はめ込み、枠廻りに額縁を取付、その周りに雨水が入らない様にコーキング処理します。今回の商品はLIXIL製リフォームドアリシェントC83型、オータムブラウン色をご採用頂きました。ドアを閉めた硝子面格子面を上下にスライドすることによって爽やかな風が通り、臭いやジメジメのお悩みも解消される商品です。ランマを無くすことによって、ドアが高くなり圧迫感が無くなり、解放感溢れる玄関ドアとなりました。