吹田市。既存開口部(お持ち帰り用窓)に後付け窓シャッター取付施工例です。

窓シャッター (1)
既存のFIX窓の硝子を外し、商品のお持ち帰り用窓にすることになりました。その為、外部側に窓シャッターを取付て欲しいとのご相談が有りました。そこで、今回、YKKAP製かんたんマドリモシャッター手動式を取り付ける事となりましたので、作業工程を順番にお見せ致します。
窓シャッター (2)
施工前 事前に採寸しオーダー製作したシャッターの枠部分です。
窓シャッター (3)
施工中①窓シャッター枠をレーザー墨出しを使用し垂直、平行を採寸し真っ直ぐに合わせてビス止めしていきます。既存の壁はコンクリートですので、振動ドリルを使用し下穴をあけ、コンクリート専用ビスを使用し電動ドライバーでしっかりと止めていきます。
窓シャッター (4)
施工中②取付ビスが見えない様に化粧カバーを取付しますので、そのブラケットをビス止めしていきます。
窓シャッター (5)
施工中③ブラケットが取付出来ましたら、化粧カバー(写真の細長いものです)をはめ込んでいきます。
窓シャッター (6)
施工中④シャッター本体をボックス内に入れ左右2カ所ずつビス止めをし、しっかり固定されているか確認します。その後、シャッターボックスカバー材を取付ます。
窓シャッター (7)
施工中⑤シャッター枠廻りからの雨水の侵入を防ぐ為、コーキン処理をします。直線的な綺麗な仕上げにする為、マスキングテープを貼りコーキン材を充填しヘラで押さえ最後にマスキングテープを剥がしていきます。
窓シャッター (8)
施工中⑥シャッターのスラットを途中まで下げた写真です。
窓シャッター (9)
施工後 スラットの動作確認、外部からの施錠確認をして完成となります。