吹田市 窓サッシ、カバー工法にて取替致しました。

サッシカバー (1)
マンション窓の枠が歪み、硝子障子が動かない状態でした。今回既存サッシ枠を残して、新しいサッシをカバー工法にて取替を行いました。まず、既存のサッシの硝子障子部をばらしながら慎重に取り外していきます。
サッシカバー (2)
既存の硝子障子を取り外したサッシ枠です。この枠内に新設サッシ取付用アルミ下地を4方に取り付けていきます。
サッシカバー (3)
サッシ下部の下地材です。既存のサッシに合わせてオーダーしたアルミ曲物です。
サッシカバー (4)
そのアルミ曲物を下枠に設置し、側面から電動ドライバーでしっかりとビス止めしていきます。
サッシカバー (5)
既存のサッシ枠、上部・左右も同様にサッシ枠に合わせてオーダーしたアルミ曲物を電動ドライバーでしっかりとビス止めしていきます。
サッシカバー (6)
4方全て、下地材の設置が完了しましたら、新設さっし枠をはめ込みます。
サッシカバー (7)
レーザー墨出し機で垂直、平行を計測し、正確に枠を電動ドライバーでしっかりとビス止めして行きます。その後、サッシ廻りからの雨水・風の侵入を防ぐ為にコーキング処理をします。
サッシカバー (8)
枠取付完了後、硝子障子をはめ込みます。硝子障子の可動調整、クレセント錠の施錠調整をして完成となります。
サッシカバー (9)
完成後写真です。今回仕様しましたサッシは、LIXIL製PRO‐SE RC枠 換気小窓付き ブラック色です。硝子はカスミ縦ワイヤをはめ込みました。