吹田市、既存のアルミ框ドアを、断熱勝手口ドア通風タイプに取替の施工例です。

ドアリモ勝手口ドア断熱タイプ (1)
既存の勝手口に付いているアルミ框ドア上下型板4㎜硝子入りタイプです。①ドアを閉めたまま換気の出来る商品にしてほしい。②キッチンの中に冷気が入ってくるので断熱も兼ね備えた商品が良いとのご要望でした。今回、YKKAP製かんたんドアリモ断熱仕様通風タイプをご提案し、ご契約の運びとなりました。
ドアリモ勝手口ドア断熱タイプ (2)
施工中①既存のアルミ框ドア枠の丁番ビスを外し、ドア本体を取り外します。
ドアリモ勝手口ドア断熱タイプ (3)
施工中②取り外したドア本体です。
ドアリモ勝手口ドア断熱タイプ (4)
施工中③事前に採寸しオーダーした商品を既存のドア枠内にはめ込みます。レーザー墨出し墨出しを使用し平行、垂直を計測し真っ直ぐに設置し、上下左右にしっかりと電動ドライバーを使用しビス止めしていきます。

ドアリモ勝手口ドア断熱タイプ (5)
施工中④枠の固定が完了しましたら、既存枠と新設の間の隙間にパッキンを挟みます。
ドアリモ勝手口ドア断熱タイプ (6)
施工中⑤その後、パッキンの上から雨水と風の進入を防ぐ為のコーキング処理を上下左右共していきます。写真はコーキング材を充填した後、ヘラで抑え込んでいます。
ドアリモ勝手口ドア断熱タイプ (7)
施工中⑥新設枠の廻りに既存枠を覆う様に、新しいアルミ額縁を設置します。ドア本体を吊り込み、開閉確認、錠の施錠調整をして完成となります。
ドアリモ勝手口ドア断熱タイプ (8
施工後 室内からの写真です。ご希望通り、ドアを閉めたまま硝子面が上下スライドし風を通すことが出来、ドアの外側はアルミ、内側は樹脂の断熱複合商品を取付させて頂きました。