アルミ框ドア(勝手口ドア)へ取替施工例です。高槻市

勝手口ドア (1)
既存ご自宅の潜り戸が木製の為、20年ほどの雨、日射で柱の下部が腐食し、扉本体も腐食や剥がれが目立つので交換したいので、何か良い方法はありませんかとのご相談でした。
勝手口ドア (2)
丁番部も腐食し扉本体が垂れ下がり20センチ位開けたところで土間に当たってそれ以上は動かない状態でもありました。今回アルミ框ドアを既存の寸法にオーダーし取り付けることとなりました。
勝手口ドア (3)
まず、既存の扉を取り外します。
勝手口ドア (4)
こちらが、取り外した扉です。腐食が進んでおり、バラバラに崩れそうでした。
勝手口ドア (5)
既存の木製の柱を取り除きました。
勝手口ドア (6)
新しくアルミの角柱を両サイドにコンクリート用アンカーやビスを使用ししっかりと固定していきます。この時、水平器で柱の傾きを確認し、まっすぐ平行に取付ていきます。アルミ柱とブロックの隙間がでますので、コーキングでその隙間を塞ぎます。
勝手口ドア (7)
柱の固定が完了しましたらアルミ框ドア(上下アルミサンドパネル)を柱に電動ドライバーでしっかりとビス止めして行きます。最後に錠の施解錠調整をして完成です。アルミは腐食に強いので長年ご使用いただけます。