吹田市、片袖FIX付片引き自動ドアの施工例です。

片引き自動ドア (1)
店舗新築現場の入り口に片袖FIX付き片引き自動ドアを取付ます。幅2000ドアH2200有効開口90センチのサイズをオーダー製作し取付て行きます。
片引き自動ドア (2)
施工中①新設開口枠内に片袖FIX付き片引き自動ドア枠を職人2人で搬入します。
片引き自動ドア (3)
施工中②枠内にはめ込み上部枠からひも等で括り付けて倒れない様にしています。
片引き自動ドア (4)
施工中③写真のレーザー墨出し墨出し器で平行、垂直を計測し自動ドア枠を歪みの無いように取付て行きます。
片引き自動ドア (5)
施工中④木のくさびを使用し、自動ドア枠を、床仕上がりの高さ迄上げていきます。
片引き自動ドア (6)
施工中⑤枠の取付位置決めが出来ましたら、枠下のコンクリート部にアンカーを固定し、溶接機を使用し取付て行きます。枠左右上部は木下地ですので、電動インパクトドライバーを使用しビス止めしていきます。
片引き自動ドア (7)
施工後枠取付が完了しましたら、硝子をはめ込みます。①透明6㎟硝子を硝子リフター(吸盤)を使用し、FIX部、障子部にそれぞれはめ込みます。②左右上下の掛かりしろを合わせ、バックアップ材で固定します。③マスキングテープを硝子廻りに貼り付けていきます。(コーキング材のはみ出し抑制と仕上がりを美しくする為)④コーキング材を充填していき、ヘラを使用し抑え込んでいきます。⑤貼り付けていましたマスキングテープを剥がし硝子施工の完成です。自動ドアのスピード調整、安全装置の範囲設定等をして自動ドアも完成となります。